52件中 21 - 30件表示
  • 2006年ハンガリーグランプリ

    2006年ハンガリーグランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    決勝はハンガリーGP21年目にして初のウェットレースとなった。深溝のヘビーレインタイヤを選んだバリチェロを除き、全車がスタンダードレインタイヤを装着してスタート。ライコネンが先頭をキープし、バリチェロが2位、デ・ラ・ロサが3位、後方からシューマッハとアロンソが4、5位にジャンプアップした。バリチェロのタイヤ選択は失敗し、4周目にピットインしてスタンダードウェットに交換。代わりにバトンがオーバーテイクを連発し、1周目11位から4位へと挽回する。序盤の路面状況にはブリヂストンよりもミシュランのレインタイヤの方が適しており、シューマッハはフィジケラと接触し、フロントウィングを壊して後退した。2006年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年オーストラリアグランプリ

    2012年オーストラリアグランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ? ペドロ・デ・ラ・ロサ、ナレイン・カーティケヤンの両名はQ1最速タイムの107%を超える事が出来なかったため審議の結果、予選落ちとなった。2012年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 森脇基恭

    森脇基恭から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    森脇の下で日本のトップフォーミュラ(全日本F2→全日本F3000→フォーミュラ・ニッポン)にフルエントリーし、その後F1ドライバーとなった中にはステファン・ヨハンソン、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ペドロ・デ・ラ・ロサらがおり、彼らの走るF1GPの解説を担当することもあった。森脇基恭 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・ヴルツ

    アレクサンダー・ヴルツから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    オリビエ・パニスやペドロ・デ・ラ・ロサと同じく開発能力を高く評価され、レギュラードライブの機会がない時期もチームを下支えしてきた存在である。2007年にF1引退を発表した際、フランク・ウィリアムズは「これまでチームが一緒に仕事をしてきた中でも最高のテスト及び開発ドライバーの一人」と語った。アレクサンダー・ヴルツ フレッシュアイペディアより)

  • アロウズ・A21

    アロウズ・A21から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    アロウズ・A21は、アロウズが2000年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはマイク・コフラン。チーム2年目のペドロ・デ・ラ・ロサと、のフットワーク時代にも所属したヨス・フェルスタッペンがドライブした。アロウズ・A21 フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-20

    マクラーレン・MP4-20から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    モントーヤが第3戦バーレーンGPの前にテニス中に肩甲骨を骨折し(オートバイで遊んでいての負傷との説もあり)、これによって第3,4戦を欠場。代わりに第3戦はペドロ・デ・ラ・ロサが、第4戦はアレクサンダー・ヴルツが出走した。当初は長身のヴルツにはモノコックが窮屈だったが改修を行い、ドライブできるようになった。この際、ヴルツがドライブできるようになったことで開発が一気に進む。この開発の中でフロントにバラストを増設し、前述の問題点を解消することに成功。これによってヨーロッパラウンド以降、本来の速さを発揮できるようになった。マクラーレン・MP4-20 フレッシュアイペディアより)

  • アロウズ・A20

    アロウズ・A20から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    アロウズ・A20は、アロウズが1999年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはマイク・コフラン。F1デビューとなるペドロ・デ・ラ・ロサと、ティレルから移籍した高木虎之介がドライブした。アロウズ・A20 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ロセット

    リカルド・ロセットから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    フォーミュラオペル・ユーロシリーズを卒業後、1993年にアラン・ドッキング・レーシングからイギリス・フォーミュラ3選手権に参戦する。シリーズランキングは6位でペドロ・デ・ラ・ロサと同位であった。シリーズでの最高結果はシルバーストンでの2位であった。1994年にはAJSチームに移籍し、ヤン・マグヌッセンが支配した同年のシリーズを5位という結果で終えた。F3での初優勝はスネッタートンでのレースであり、このレースではマグヌッセンはリタイアした。リカルド・ロセット フレッシュアイペディアより)

  • スペインのスポーツ

    スペインのスポーツから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    アロンソ以外のドライバーでは、フォーミュラ・ニッポンで活躍したことで日本でも有名なペドロ・デ・ラ・ロサ、2009年にF1史上最年少デビューしたハイメ・アルグエルスアリなどが有名。2010年から2012年にかけてはスペインを本拠とするHRT F1がF1に参戦していた。スペインのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年日本グランプリ (4輪)

    2006年日本グランプリ (4輪)から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    前年の日本グランプリを制したマクラーレンのキミ・ライコネンは調子が振るわず、9位であったチームメイトのペドロ・デ・ラ・ロサを下回り、その時点でQ2進出ラインぎりぎりの15位となった。2006年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「ペドロ・デ・ラ・ロサ」のニューストピックワード