58件中 21 - 30件表示
  • HRT F1

    HRT F1から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    2011年11月21日、2012年のF1世界選手権よりスペイン人ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサがレギュラードライバーとして起用する事が発表された。HRT F1 フレッシュアイペディアより)

  • スペインのスポーツ

    スペインのスポーツから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    アロンソ以外のF1ドライバーには、フォーミュラ・ニッポンでも活躍したペドロ・デ・ラ・ロサや、2009年にF1史上最年少デビューしたハイメ・アルグエルスアリなどがいる。2010年から2012年にはスペインを拠点とするHRT F1が参戦していた。スペインのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年オーストラリアグランプリ

    2012年オーストラリアグランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ? ペドロ・デ・ラ・ロサ、ナレイン・カーティケヤンの両名はQ1最速タイムの107%を超える事が出来なかったため審議の結果、予選落ちとなった。2012年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ

    ペドロから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサ - スペインのF1ドライバー。ペドロ フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・グランプリ

    プロスト・グランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    セカンドシートの方も、マッツァカーネを「遅すぎる」との理由で4戦で解雇。ペドロ・デ・ラ・ロサの獲得を試みたが、ジャガーに獲られ、そのジャガーを解雇されたルチアーノ・ブルティを起用した。ブルティはベルギーGPの大クラッシュで欠場に追い込まれ、終盤3戦はトーマス・エンゲを起用。結局、5人のドライバーが入れ替わる事態となった。プロスト・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー・レーシング

    ジャガー・レーシングから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    アーバインは残留、ブルティがレギュラーに昇格した。しかし、ブルティは中盤にペドロ・デ・ラ・ロサと交代。アーバインがモナコGPで表彰台に上がったが他には特に目立った活躍はできず、ランキングは8位に終わった。ジャガー・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • トヨタF1

    トヨタF1から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    2010年8月からは、ブリヂストンに代わって2011年よりF1のワンメイクタイヤ供給を担当するピレリと契約し、2009年型のTF109を2010年のレギュレーションに適合させる改造を行った上で、タイヤテストの為にマシンやスタッフを提供した。テストドライバーは当初ニック・ハイドフェルドが起用されたが、後にロマン・グロージャンやペドロ・デ・ラ・ロサなどが交代で務めた。なおテストに2010年型のTF110ではなく1年落ちのTF109を使用しているのは、ピレリによれば「TF110は走行データが不足しているのに対し、TF109は実戦でのデータが豊富にある」ためとしている。TF109は2011年までテストプログラムに使用された。トヨタF1 フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・ブルティ

    ルチアーノ・ブルティから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    1998年からイギリスF3に参戦し、1999年にシリーズ第2位を獲得。このとき第3位はF1での優勝経験があり、後のワールドチャンピオン、ジェンソン・バトンであった。この年の暮れに後にジャガーとなるスチュワートをテストし、2000年7月16日にエディ・アーバインの代役としてF1デビューを果たす。2001年にはジョニー・ハーバートの引退に伴い、正ドライバーになった。しかし、4レース出走しただけでペドロ・デ・ラ・ロサと変わることになった。ルチアーノ・ブルティ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・クルム

    ミハエル・クルムから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    全日本GT選手権(後のSUPER GT)には1995年にトヨタ・スープラでデビューし、シリーズランキングは5位、優勝1回と好成績を収めた。[1996年はポルシェでスポット参戦し、1997年には後にF1ドライバーとなるペドロ・デ・ラ・ロサとのコンビでシリーズチャンピオンを獲得した。1999年より日産・スカイラインGT-Rで復帰し、以後NISMOのドライバーとして活躍した。2003年には本山哲とともに2度目のシリーズチャンピオンを獲得した。ミハエル・クルム フレッシュアイペディアより)

  • 2006年日本グランプリ (4輪)

    2006年日本グランプリ (4輪)から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    前年の日本グランプリを制したマクラーレンのキミ・ライコネンは調子が振るわず、9位であったチームメイトのペドロ・デ・ラ・ロサを下回り、その時点でQ2進出ラインぎりぎりの15位となった。2006年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「ペドロ・デ・ラ・ロサ」のニューストピックワード