58件中 31 - 40件表示
  • リカルド・ロセット

    リカルド・ロセットから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    フォーミュラオペル・ユーロシリーズを卒業後、1993年にアラン・ドッキング・レーシングからイギリス・フォーミュラ3選手権に参戦する。シリーズランキングは6位でペドロ・デ・ラ・ロサと同位であった。シリーズでの最高結果はシルバーストンでの2位であった。1994年にはAJSチームに移籍し、ヤン・マグヌッセンが支配した同年のシリーズを5位という結果で終えた。F3での初優勝はスネッタートンでのレースであり、このレースではマグヌッセンはリタイアした。リカルド・ロセット フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のF1世界選手権

    2002年のF1世界選手権から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ジャガーはフェラーリ、ウィリアムズ、マクラーレンの「3強」以外で唯一となる3位表彰台をイタリアGPで獲得した。結果的にこれがジャガーと、エディ・アーバインにとって最後の表彰台になった。ジャガーはマシンに問題を多く抱え信頼性も不足しており、フランスGPではブレーキングポイントでリアウィングが脱落するなどした。この表彰台以外の他2回の入賞にとどまった。ペドロ・デ・ラ・ロサは、予選ではアーバインを上回るパフォーマンスを見せていたが、F1参戦以来初の無得点でシーズンを終えた。2002年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    2002年、マクラーレンへ移籍したキミ・ライコネンの後任として、20歳312日という若さでF1デビューを飾った。デビュー2戦目・マレーシアGPでの6位入賞で初のポイントを獲得するも、この頃にはミスも多く、第11戦フランスGPではピットレーン出口の白線を2回跨いだことでそれぞれドライブスルーペナルティの処分が与えられた。また、第15戦イタリアGPではジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサとの接触で翌戦の10グリッド降格ペナルティを受けたため、ペナルティの回避目的でアメリカGPのシートをハインツ=ハラルド・フレンツェンに譲った。最終的に入賞は3回、ランキング13位でシーズンを終える。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年ドイツグランプリ

    2000年ドイツグランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ポールポジションはデビッド・クルサードが獲得。コースコンディションが良いタイミングでアタックしたジャンカルロ・フィジケラが、3番手タイムを記録した。前戦オーストリアGPで一時3位を走行したペドロ・デ・ラ・ロサは自己最高の5番グリッドを獲得した。2000年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・クリエン

    クリスチャン・クリエンから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ホンダでテストドライバーとして活動。イギリスGPではジェンソン・バトンが背中痛を訴えたため、プラクティスセッションを1度だけ走行した。この年限りでホンダを離脱することを表明しているため、結果的にホンダでの公式セッションはこの1度だけということになった。また、シーズン中からレースシート獲得を見据え、ベルギーテストではホンダに所属しながらスパイカーF1でテストをした。同週にはホンダでもテストを行っていたため、1週間(正確には3日のテスト日程)で2つのチームを経験したことになる(マクラーレンテストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサも2008年11月のバルセロナテストで、マクラーレン・フォースインディア両方から参加)。スパイカーでのレギュラーシート獲得を見据えたテストであったが、結局チームはスポンサーを欲していたこともあって山本左近にそのシートを奪われた。又、シーズンオフのバルセロナテストでもフォース・インディアでのテストに参加し、2008年のドライバー候補として名前が挙がったものの遂にはそのシートも獲得できなかった。クリスチャン・クリエン フレッシュアイペディアより)

  • 高木虎之介

    高木虎之介から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    アロウズへ移籍し、ペドロ・デ・ラ・ロサとコンビを組んだ。この年も全てのレースで予選に通過したが、完走は4回で入賞はなし。最高位は開幕戦オーストラリアGPの7位。デ・ラ・ロサも完走4回と、マシンの信頼性にも苦しめられた。チームとしてのベストはオーストラリアGPの6位入賞(デ・ラ・ロサ)。高木虎之介 フレッシュアイペディアより)

  • 森脇基恭

    森脇基恭から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    森脇の下で日本のトップフォーミュラ(全日本F2→全日本F3000→フォーミュラ・ニッポン)にフルエントリーし、その後F1ドライバーとなった中にはステファン・ヨハンソン、ロベルト・モレノ、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ペドロ・デ・ラ・ロサ、ラルフ・ファーマンらがおり、彼らの走るF1GPの解説を担当することもあった。森脇基恭 フレッシュアイペディアより)

  • 舘信秀

    舘信秀から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    1991年 - 全日本F3選手権において監督としてシリーズチャンピオンとなり、以後7回獲得した。トムスに所属したジャック・ヴィルヌーヴ、ペドロ・デ・ラ・ロサ、高木虎之介、中嶋一貴らはその後F1まで登りつめたほか、ミハエル・クルム、ピーター・ダンブレックなど各カテゴリーのトップドライバーを多数輩出している。舘信秀 フレッシュアイペディアより)

  • ノバ・エンジニアリング

    ノバ・エンジニアリングから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサ (1996年〜1997年) - 1997年フォーミュラ・ニッポンチャンピオンノバ・エンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-24

    マクラーレン・MP4-24から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    1月19日に、テストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサが、アルガルヴェでシェイクダウンを行った。マクラーレン・MP4-24 フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「ペドロ・デ・ラ・ロサ」のニューストピックワード