52件中 31 - 40件表示
  • ファン・パブロ・モントーヤ

    ファン・パブロ・モントーヤから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    F1世界選手権にマクラーレン(マクラーレンMP4-21・メルセデス)より参戦し、シリーズ8位。第10戦アメリカGPを最後にチームを離脱し、残りレースのシートをペドロ・デ・ラ・ロサに譲った。ファン・パブロ・モントーヤ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年ブラジルグランプリ

    2000年ブラジルグランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    28ラップ目でのトゥルーリのピットストップ後に、ヨス・フェルスタッペンが7ラップに渡って3位を走行したが、ピットストップのためフィジケラに3位を明け渡した。ラルフ・シューマッハとジェンソン・バトンの2台のウィリアムズと、フィジケラ、ハインツ=ハラルド・フレンツェンは1ストップ戦略をとりお互いに僅差で走行していた。前方ではクルサードとシューマッハが同様のペースで走行していたが、シューマッハは余裕があった。ラルフとバトンは44ラップ目、45ラップ目にそれぞれピットインし、バトルは最終局面であった。しかしながらラルフはフェルスタッペンの数メートル先でコースに復帰したが、バトンはその後ろで復帰した。その後のラップでラルフは差を広げることができたが、バトンはフェルスタッペンの後ろで苦戦し、57ラップ目にようやくパスした。トゥルーリは56ラップ目に2回目のピットインを行い、5位で復帰した。ラルフはバトンを従え6位で走行した。フェルスタッペンとペドロ・デ・ラ・ロサが8位と9位であった。その間にペースは低下し、レース終了までオーダーは固定した。2000年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・カーズ

    ローラ・カーズから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    1997年はペドロ・デ・ラ・ロサが全戦表彰台に上がり、ローラがチャンピオンマシンとなった。ローラ・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • チームオーダー

    チームオーダーから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    元ルノーの監督であったフラビオ・ブリアトーレもチームオーダーに対して賛同的な考えを持っている。但し、前述の2008年シンガポールGPにおけるクラッシュゲート事件や、後述の2005年トルコGPにおけるデ・ラ・ロサの発言など疑惑があるものの、彼が現役時代に自身が監督するチーム内ではチームオーダーは無かったと発言している。ブリアトーレの思想では、チームオーダーはルールこそ制定されているものの意味を成さないルールであると述べ、2010年ドイツGPにてフェラーリが行った露骨なチームオーダーに対し支持を表明している。又、現FIA会長であるジャン・トッドがフェラーリ監督時代、2002年のオーストリアGPでの一件はトッドによる命令であったと皮肉と矛盾を指摘している。チームオーダー フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサは2010年から名前の区切り方に合わせて四文字の言葉を「○・○・○○」と言う形で多用している。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • トムス

    トムスから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    36号車 カストロールトムススープラ 関谷正徳/ペドロ・デ・ラ・ロサ(BS)トムス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタF1

    トヨタF1から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    2010年8月からは、ブリヂストンに代わって2011年よりF1のワンメイクタイヤ供給を担当するピレリと契約し、2009年型のTF109を2010年のレギュレーションに適合させる改造を行った上で、タイヤテストの為にマシンやスタッフを提供した。テストドライバーは当初ニック・ハイドフェルドが起用されたが、後にロマン・グロージャンやペドロ・デ・ラ・ロサなどが交代で務めた。なおテストに2010年型のTF110ではなく1年落ちのTF109を使用しているのは、ピレリによれば「TF110は走行データが不足しているのに対し、TF109は実戦でのデータが豊富にある」ためとしている。TF109は2011年までテストプログラムに使用された。トヨタF1 フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・フェラーリ

    スクーデリア・フェラーリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサ - テストドライバースクーデリア・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • ピレリ

    ピレリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    さらに、9月23日にはペドロ・デ・ラ・ロサをタイヤテストに起用することを発表した。タイヤは前述のピレリが明示していたコンセプト通り、高いエンターテイメント性を図るために「あえて磨耗性(デグラデーション)の大きいタイヤ」を開発した。各ドライバーはそれまでのタイヤサプライヤーであったブリヂストンと比較して非常にデリケートなタイヤであると述べた。ピレリ フレッシュアイペディアより)

  • 2月24日

    2月24日から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    1971年 - ペドロ・デ・ラ・ロサ、F1ドライバー2月24日 フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「ペドロ・デ・ラ・ロサ」のニューストピックワード