67件中 11 - 20件表示
  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たミハエル・クルム

    1997年にはフォーミュラ・ニッポンで全戦表彰台に上がり、シーズン6勝を上げてシリーズチャンピオンを獲得した。全日本GT選手権ではミハエル・クルムとのコンビで2勝を挙げ、こちらもシリーズチャンピオンとなった。このことからついた彼の愛称の一つが「NIPPON-ICHI(日本一)」である。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たファン・パブロ・モントーヤ

    2004年にマクラーレンはコンストラクターズランキング5位となったために、2005年のレースウィーク金曜日において3台目のマシンを走らせる権利を獲得、そのため主にデ・ラ・ロサが金曜日のフリー走行に参加した。これは、当初マクラーレンのシャシーが大柄なアレクサンダー・ヴルツのサイズに合わなかった為と言われていたが、シャシーの改良でヴルツがテストに参加できるようになった以降もデ・ラ・ロサが優先されていることから、エースドライバーのキミ・ライコネンとドライビングスタイルが似ていることが大きな理由であると思われる。なお、第3戦バーレーンGPでは怪我で欠場したファン・パブロ・モントーヤに代わりレースに出場し、5位入賞を果たすとともに、初のファステストラップを記録した。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たルチアーノ・ブルティ

    1998年、ジョーダンでテストドライバーを務めた後、1999年にアロウズからF1にデビュー。チームメイトは高木虎之介だった。デ・ラ・ロサはデビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPで6位入賞し、同年チーム唯一となる1ポイントを獲得した。翌2000年もアロウズから出走し、ニュルブルクリンクで開催されたヨーロッパGPとホッケンハイムリンクで開催されたドイツGPのそれぞれで6位入賞し、計2ポイントを獲得した。2001年はプロスト・グランプリのテストドライバーとしてシーズンを迎えたが、途中、第5戦スペインGPからルチアーノ・ブルティと交代するかたちでジャガーのシートを得た。2002年も引き続きジャガーに在籍したものの、2シーズンのあいだにチームメイトのエディ・アーバインに大きな差をつけられたこともあり、2002年最終戦を最後にレギュラードライバーのシートを失った。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た高木虎之介

    1998年、ジョーダンでテストドライバーを務めた後、1999年にアロウズからF1にデビュー。チームメイトは高木虎之介だった。デ・ラ・ロサはデビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPで6位入賞し、同年チーム唯一となる1ポイントを獲得した。翌2000年もアロウズから出走し、ニュルブルクリンクで開催されたヨーロッパGPとホッケンハイムリンクで開催されたドイツGPのそれぞれで6位入賞し、計2ポイントを獲得した。2001年はプロスト・グランプリのテストドライバーとしてシーズンを迎えたが、途中、第5戦スペインGPからルチアーノ・ブルティと交代するかたちでジャガーのシートを得た。2002年も引き続きジャガーに在籍したものの、2シーズンのあいだにチームメイトのエディ・アーバインに大きな差をつけられたこともあり、2002年最終戦を最後にレギュラードライバーのシートを失った。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た森脇基恭

    その後、日本でのレース活動をスタートした。1995年の全日本F3選手権にトムスから参戦してシリーズチャンピオンを獲得し、翌1996年にはフォーミュラ・ニッポンと全日本GT選手権にステップアップした。フォーミュラ・ニッポンでは森脇基恭が率いるチーム・ノバエンジニアリングから参戦し、全日本GT選手権ではカストロール・トムスチームでGT500クラスのスープラをドライブした。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たエディ・アーバイン

    1998年、ジョーダンでテストドライバーを務めた後、1999年にアロウズからF1にデビュー。チームメイトは高木虎之介だった。デ・ラ・ロサはデビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPで6位入賞し、同年チーム唯一となる1ポイントを獲得した。翌2000年もアロウズから出走し、ニュルブルクリンクで開催されたヨーロッパGPとホッケンハイムリンクで開催されたドイツGPのそれぞれで6位入賞し、計2ポイントを獲得した。2001年はプロスト・グランプリのテストドライバーとしてシーズンを迎えたが、途中、第5戦スペインGPからルチアーノ・ブルティと交代するかたちでジャガーのシートを得た。2002年も引き続きジャガーに在籍したものの、2シーズンのあいだにチームメイトのエディ・アーバインに大きな差をつけられたこともあり、2002年最終戦を最後にレギュラードライバーのシートを失った。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たフォーミュラ・ニッポン

    その後、日本でのレース活動をスタートした。1995年の全日本F3選手権にトムスから参戦してシリーズチャンピオンを獲得し、翌1996年にはフォーミュラ・ニッポンと全日本GT選手権にステップアップした。フォーミュラ・ニッポンでは森脇基恭が率いるチーム・ノバエンジニアリングから参戦し、全日本GT選手権ではカストロール・トムスチームでGT500クラスのスープラをドライブした。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たバーレーングランプリ

    F1ドライバーの事実上の選手会組織であるグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)でも、2008年から2010年(バーレーングランプリまで)にかけて会長を務めたほか、2012年には前任者のルーベンス・バリチェロがインディカー・シリーズ転向のためF1を離れたことから、2年ぶりに会長に復帰した。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たフォーミュラ1

    ペドロ・マルティネス・デ・ラ・ロサ('', 1971年2月24日 - )はスペイン人のF1ドライバー。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たハンガリーグランプリ

    2006年モントーヤが来期のNASCAR参戦と共に、シーズン途中でのチーム離脱を発表。これによりフランスGPより彼が出走する事が決定した。フランスGPでは7位入賞を果たし、第13戦ハンガリーGPでは、自身初の2位表彰台に上がった。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「ペドロ・デ・ラ・ロサ」のニューストピックワード