67件中 21 - 30件表示
  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たカナダグランプリ

    6月10日から行われるカナダグランプリに前戦モナコグランプリで負傷し、体調不良を訴えたセルジオ・ペレスに代わり金曜日フリー走行2から1戦限りの代役としてザウバーに復帰した。予選17番手からスタートで、決勝は12位で完走した。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たHRT F1

    HRTより出走した。自国のチームの為に奮闘したものの、にオーナーになったテサン・キャピタルがチームの売却先を探していたことがアメリカGP頃に明らかになった。結局売却先は見つからず2013年シーズンのエントリーも行われなかった為、レースシートを失うことになった。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たモナコグランプリ

    6月10日から行われるカナダグランプリに前戦モナコグランプリで負傷し、体調不良を訴えたセルジオ・ペレスに代わり金曜日フリー走行2から1戦限りの代役としてザウバーに復帰した。予選17番手からスタートで、決勝は12位で完走した。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たイタリアグランプリ

    2003年からマクラーレンチームのテスト兼リザーブドライバーを務めていた。2006年フランスGPからレースドライバーとして復帰したが、2007年はルイス・ハミルトンの加入に伴い再びテストドライバーに戻っている。2010年シーズンは、第14戦イタリアGPまでザウバーから参戦、実戦は06年最終戦以来となる。フォーミュラ・ニッポンでのシリーズチャンピオン獲得や、日本人ドライバーと数回コンビを組んだことで、日本からの知名度が高いドライバーである。フジテレビF1中継でのニックネームは「スパニッシュ侍」ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たトムス

    その後、日本でのレース活動をスタートした。1995年の全日本F3選手権にトムスから参戦してシリーズチャンピオンを獲得し、翌1996年にはフォーミュラ・ニッポンと全日本GT選手権にステップアップした。フォーミュラ・ニッポンでは森脇基恭が率いるチーム・ノバエンジニアリングから参戦し、全日本GT選手権ではカストロール・トムスチームでGT500クラスのスープラをドライブした。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たカストロール

    その後、日本でのレース活動をスタートした。1995年の全日本F3選手権にトムスから参戦してシリーズチャンピオンを獲得し、翌1996年にはフォーミュラ・ニッポンと全日本GT選手権にステップアップした。フォーミュラ・ニッポンでは森脇基恭が率いるチーム・ノバエンジニアリングから参戦し、全日本GT選手権ではカストロール・トムスチームでGT500クラスのスープラをドライブした。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たピレリ

    2011年のF1世界選手権では、タイヤサプライヤーとなるピレリのタイヤ開発テストドライバーとしてデ・ラ・ロサが起用されていた。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たノバエンジニアリング

    その後、日本でのレース活動をスタートした。1995年の全日本F3選手権にトムスから参戦してシリーズチャンピオンを獲得し、翌1996年にはフォーミュラ・ニッポンと全日本GT選手権にステップアップした。フォーミュラ・ニッポンでは森脇基恭が率いるチーム・ノバエンジニアリングから参戦し、全日本GT選手権ではカストロール・トムスチームでGT500クラスのスープラをドライブした。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た2009年のF1世界選手権

    2007年は、フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンが正ドライバーとして加入したので再び同チームのテストドライバーを務めた。最終戦のブラジルGPで「私の契約はあと2年ある。そして、チームにはとても満足している」と本人が言っており、実際に2009年までテストドライバーを務めた。また、デ・ラ・ロサは2008年度からマクラーレンのカスタマーシャシーで参戦予定だったプロドライブに乗ることは2007年シーズン序盤では「選択肢」であったことを述べている。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たレーシングカート

    彼がレーシングカートを始めたのは1988年、17歳のときだった。これは比較的遅いデビューと評価されうるものの、走り始めるとすぐにスペイン自動車連盟のスカラシップ「オフェンシバ・ウノ」の援助を受け、フォーミュラ・フィアット・ウノ・スペイン選手権にステップアップ。翌1989年には全7戦のうち2勝に加え3度の表彰台を獲得し、同選手権で総合優勝した。その後、1990年から1991年のあいだはスペイン、1992年から1994年のあいだはイギリスでキャリアを積んだ。それぞれ1990年にはスペインのフォーミュラ・フォード1600選手権で総合優勝、1992年にはイギリスのフォーミュラ・ルノー選手権で総合優勝を果たしている。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「ペドロ・デ・ラ・ロサ」のニューストピックワード