62件中 41 - 50件表示
  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た2006年ブラジルグランプリ

    2010年は長く在籍したマクラーレンを離れ、ザウバーのレギュラーシートを獲得。小林可夢偉のチームメイトとしてF1に参戦。開幕戦からモナコGPまでの6戦はあまりにも低かったマシンの信頼性の為、完走はオーストラリアGPのみのただ1戦であり、マレーシアGPに関しては決勝出走すらできない程の惨憺たる状況だった。しかし、チームの懸命な開発もあってトルコGPから復調の兆しをみせ、マシンの安定性と信頼性共に向上し、ハンガリーGPでは予選9位から堅実な走りをみせて7位入賞を果たした。デ・ラ・ロサの入賞は2006年ブラジルGP以来、実に3年10カ月ぶりの入賞であった。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た2000年のF1世界選手権

    2000年もアロウズから出走し、ニュルブルクリンクで開催されたヨーロッパGPとホッケンハイムリンクで開催されたドイツGPのそれぞれで6位入賞し、計2ポイントを獲得した。オーストリアGPではリタイアするまで3位を走行した。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た2008年のF1世界選手権

    2007年は、フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンが正ドライバーとして加入したので再び同チームのテストドライバーを務めた。最終戦のブラジルGPで「私の契約はあと2年ある。そして、チームにはとても満足している」と本人が言っており、実際に2009年までテストドライバーを務めた。また、デ・ラ・ロサは2008年度からマクラーレンのカスタマーシャシーで参戦予定だったプロドライブに乗ることは2007年シーズン序盤では「選択肢」であったことを述べている。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た2003年のF1世界選手権

    2003年からマクラーレンのサードドライバーとして契約。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た2010年モナコグランプリ

    2010年は長く在籍したマクラーレンを離れ、ザウバーのレギュラーシートを獲得。小林可夢偉のチームメイトとしてF1に参戦。開幕戦からモナコGPまでの6戦はあまりにも低かったマシンの信頼性の為、完走はオーストラリアGPのみのただ1戦であり、マレーシアGPに関しては決勝出走すらできない程の惨憺たる状況だった。しかし、チームの懸命な開発もあってトルコGPから復調の兆しをみせ、マシンの安定性と信頼性共に向上し、ハンガリーGPでは予選9位から堅実な走りをみせて7位入賞を果たした。デ・ラ・ロサの入賞は2006年ブラジルGP以来、実に3年10カ月ぶりの入賞であった。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た2010年トルコグランプリ

    2010年は長く在籍したマクラーレンを離れ、ザウバーのレギュラーシートを獲得。小林可夢偉のチームメイトとしてF1に参戦。開幕戦からモナコGPまでの6戦はあまりにも低かったマシンの信頼性の為、完走はオーストラリアGPのみのただ1戦であり、マレーシアGPに関しては決勝出走すらできない程の惨憺たる状況だった。しかし、チームの懸命な開発もあってトルコGPから復調の兆しをみせ、マシンの安定性と信頼性共に向上し、ハンガリーGPでは予選9位から堅実な走りをみせて7位入賞を果たした。デ・ラ・ロサの入賞は2006年ブラジルGP以来、実に3年10カ月ぶりの入賞であった。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たアロウズ

    1998年、ジョーダンでテストドライバーを務めた後、1999年にアロウズからF1にデビュー。チームメイトは高木虎之介だった。デ・ラ・ロサはデビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPで6位入賞し、同年チーム唯一となる1ポイントを獲得した。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た1999年のF1世界選手権

    1998年、ジョーダンでテストドライバーを務めた後、1999年にアロウズからF1にデビュー。チームメイトは高木虎之介だった。デ・ラ・ロサはデビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPで6位入賞し、同年チーム唯一となる1ポイントを獲得した。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た2010年マレーシアグランプリ

    2010年は長く在籍したマクラーレンを離れ、ザウバーのレギュラーシートを獲得。小林可夢偉のチームメイトとしてF1に参戦。開幕戦からモナコGPまでの6戦はあまりにも低かったマシンの信頼性の為、完走はオーストラリアGPのみのただ1戦であり、マレーシアGPに関しては決勝出走すらできない程の惨憺たる状況だった。しかし、チームの懸命な開発もあってトルコGPから復調の兆しをみせ、マシンの安定性と信頼性共に向上し、ハンガリーGPでは予選9位から堅実な走りをみせて7位入賞を果たした。デ・ラ・ロサの入賞は2006年ブラジルGP以来、実に3年10カ月ぶりの入賞であった。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たテレシンコ

    マクラーレンでのテストドライバーの傍ら、2005年からスペインのテレビ局テレシンコでF1解説者を務めるようになった。レギュラーシートに復帰した2006年は一時的に離脱したが2007年から再び解説者としてF1中継を担当した。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「ペドロ・デ・ラ・ロサ」のニューストピックワード