前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    は「3割30本100打点」「4盗塁」を個人成績での目標に掲げてスタート。膝のリハビリを最優先したために、調整が遅れてしまい、スプリングトレーニングでも序盤は不振が続いたが、故障のため離脱したアレックス・ロドリゲスに替わって4番に座り、4月4日には、新ヤンキー・スタジアムの杮落としに花を添える本塁打を放つ等、4本塁打を放った。開幕戦では4番・指名打者として出場し、7回には恩師である長嶋茂雄の通算444号を超えるNPB・MLB通算445号となる2点本塁打を放った。しかし打撃の調子はなかなか上がらず、5月以降も膝の腫れや太もも痛などの怪我が断続的に発生した。ロドリゲスの復帰後は、打順が5番や7番に下がり、休養を入れながらの指名打者としての起用が続いた。また、2009年は完全に指名打者としての登録になったため、指名打者制のないナ・リーグの本拠地球場(ブッシュ・スタジアム)で行われるオールスターのファン投票にはノミネートされなかった。5月下旬には守備練習を再開。5月27日のテキサス・レンジャーズ戦では、NPB・MLB通算450号となる6号本塁打を含む2打席連続を放った。しかしその後、18打席連続無安打を記録するなど打撃不振が続き、指名打者制が採用されないナ・リーグ本拠地でのインターリーグ(交流戦)では全試合で先発を外れた。交流戦期間中の6月17日には阪神タイガースが松井の獲得に向けた調査を進めていることが明らかになり、松井本人は「ありがたい」とコメントし、他にも巨人やオリックス、さらには独立リーグの石川ミリオンスターズが松井の獲得に意欲を見せていると報じられたが、「それと日本に戻るという話は別問題」と語り、メジャーで現役生活を最後までやり抜くことを強調した。7月20日のオリオールズ戦では、2003年以来6年ぶり2本目のサヨナラ本塁打を放ち、7月は打率.293、5本塁打、OPS.967と好調を続けたが、直後から13打席連続無安打に陥った。8月13日のマリナーズ戦では2本塁打を含む4安打5打点と爆発したが、直後に左ひざの状態が悪化してシーズン初の連続欠場となった。しかし復帰後の8月21日のレッドソックス戦にて3点本塁打を2本放つなどして自己最高の一試合7打点を記録。2日後のレッドソックス戦でも2本塁打を放つ活躍を見せた。こうして8月は中旬から比較的好調を維持して打率.281、8本塁打、25打点、OPS.918という成績を残し、勝負強い打撃を見せた選手に贈られる「クラッチ・パフォーマー賞」を贈られた。9月19日のマリナーズ戦で26号本塁打を放ち、ドン・ベイラーを抜いて指名打者での年間最多本塁打の球団記録を更新。メジャー移籍後2番目に多い28本塁打を放ち、チーム3位の90打点を叩き出す勝負強さで3年ぶりの地区優勝に貢献した。レギュラーシーズン全日程終了後、「明らかに打率が低いのは反省点。(28本塁打は)よくも悪くもない」と総括した。また、4年ぶりに1度も故障者リストに入らなかったことを喜んだ。米国のスポーツ専門誌「スポーティング・ニューズ」が選定するア・リーグ・オールスターメンバーにも指名打者部門で選出された。ポストシーズンには主として「5番・指名打者」として出場。ミネソタ・ツインズとのディビジョンシリーズ第1戦では、試合を決定付ける2点本塁打を放った。ロサンゼルス・エンゼルスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは初戦で2打点と活躍したものの、第4戦・6戦では無安打とやや調子を落とし、打順も6番に下がったが、チームは4勝2敗でエンゼルスを下し、メジャー1年目の2003年以来6年ぶりにワールドシリーズへと駒を進めた。迎えた前年の覇者フィラデルフィア・フィリーズとのワールドシリーズでは5番に復帰し、持ち前の勝負強さを存分に発揮した。初戦は1安打のみに終ったが、第2戦では1-1の同点で迎えた6回裏に、ペドロ・マルティネスから決勝本塁打を放った。フィリーズの本拠地シチズンズ・バンク・パークで行われた第3〜5戦は、指名打者が使えないため代打での出場となった。第3戦では2試合連続となる本塁打を放ち、第5戦でも左前打を放つなど、わずかな出番ながらも結果を出した。ヤンキースの3勝2敗で本拠地に戻った第6戦では先発に復帰し、2回にペドロ・マルティネスから先制の2点本塁打を放つと、3回には中前適時打、5回にも右中間を破る適時二塁打で2打点ずつを加え、ワールドシリーズ・タイ記録となる1試合6打点をマークし、スタジアムのファンからは「MVP!」の大歓声が沸き起こった。9年ぶりの世界一に貢献し、13打数8安打3本塁打8打点、打率.615、OPS2.027で日本人選手初、フルタイムの指名打者としても初めてとなるワールドシリーズMVPに選出された。また、「日本シリーズMVPとワールドシリーズMVPを共に受賞した初の選手」となった。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のワールドシリーズ

    2009年のワールドシリーズから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    試合前にジェイ・Zとアリシア・キーズがヤンキー・スタジアムの観衆を前にエンパイア・ステイト・オブ・マインド (Empire State of Mind)歌った。フィリーズの先発ペドロ・マルティネスのポストシーズンでの対ヤンキースの登板はヤンキースとライバル関係にあるレッドソックス在籍時の2004年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ以来5年ぶり。フィリーズは2回にマット・ステアーズが先発のA.J.バーネットから安打を放ち、1点を先制。しかし、フィリーズはその後得点を挙げることはなかった。2009年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • カーブ (球種)

    カーブ (球種)から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    スローカーブとは逆にカーブとしては速い球速で、鋭く大きく曲がる物をメジャーリーグ(以下MLB)ではパワーカーブ (power curve) やスパイクカーブ (spike curve) と呼ぶ。日本では高速カーブ、ハードカーブとも呼ばれる。タイミングを外す目的で投げる事が多い通常のカーブとは異なり、打者が頭で予測する以上の変化をすることで空振りを狙う。日本人選手では沢村栄治、外木場義郎、ダルビッシュ有などが有名で、杉浦忠はサイドスローからほぼ真横に大きく曲がるカーブを投げた。MLBではペドロ・マルティネス、A.J.バーネット、デビッド・プライス、トニー・バーネットなどが有名である。カーブ (球種) フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ディビジョンシリーズではアナハイム・エンゼルスを3連勝で下し、リーグチャンピオンシップシリーズは前年と同じヤンキースとレッドソックスの組み合わせとなる。カート・シリングが先発した第1戦を落とし、その上、シリングは足首の腱を断裂する怪我のため降板し、もはやシリングの再登板は絶望的とみられた。第2戦はペドロ・マルティネスが先発するが、1-3で2連敗を喫する。第3戦も落とし、0勝3敗と追い詰められる。しかし第4戦、9回裏に3-4と負けていながら、代走のデーブ・ロバーツの盗塁をきっかけにヤンキースの守護神であるマリアノ・リベラからビル・ミラーが同点打を放ち、延長戦の末にデビッド・オルティーズのサヨナラ本塁打でヤンキースを降す。第5戦も8回裏にリベラからジェイソン・バリテックの犠牲フライで同点に追いつくと、延長14回にまたもデビッド・オルティーズがサヨナラ安打。第6戦では負傷したかかとを応急手術で縫い合わせたカート・シリングが復帰し、「レッドソックス」の名前通り靴下を血で赤く染めながらの投球でヤンキース打線を封じ、最終的にレッドソックスは、MLB史上初となる3連敗から4連勝の大逆転を達成する。3連敗から4連勝しての勝ち上がりは、北米の他のプロスポーツ史上でも1942年のトロント・メープルリーフスと1975年のニューヨーク・アイランダーズと2010年のフィラデルフィア・フライヤーズ(いずれもNHL)の3例のみである。プレーオフ後、ヤンキースの監督であるジョー・トーリは、「第5戦の6回2死満塁の場面で守備がそれほど評価されていない選手(トロット・ニクソン)に好捕されたのがシリーズ(敗退)のポイントだった」と振り返った。ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • クリス・セール

    クリス・セールから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    4月23日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で乱闘を起こして退場処分を受け、25日にジェフ・サマージャと共に5試合の出場停止処分を受けた。5月23日から6月30日にかけて8試合連続で2桁奪三振を記録(登板順に10、12、13、14、12、14、10、12)し、ペドロ・マルティネスの持つMLB記録に並んだ。次の登板の7月6日の試合では完投勝利したものの、奪三振の数は6に留まり、記録更新はならなかった。上述のとおり、6月に登板した全6試合で2桁奪三振を記録するなど、2勝2敗、44 1/3イニング、防御率1.83、75奪三振などの成績を残し、自身2度目の月間最優秀投手賞を受賞した。最終的には自己最多となる31試合に先発登板し、チームトップの13勝を挙げたが、防御率3.41は自己ワーストだった。奪三振に関しては、リーグ1位の274三振を奪ってア・リーグの奪三振王のタイトルを獲得。奪三振率11.8もリーグトップで、四球が少なかった事もあり、奪三振/四球の値6.52も同じくリーグトップだった。なお、これで3年連続200奪三振以上となった。クリス・セール フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・ジョンソン

    ランディ・ジョンソンから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    3月24日、スプリングトレーニングでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦の7回に、投球が偶然飛んできた鳩を直撃するハプニングが起きた。投球はノーカウントになったが、ショックを受けてその後打ち込まれた。この場面は全米に放送され、後日動物愛護団体から訴えられた。5月8日のシンシナティ・レッズ戦で史上4人目の1試合20奪三振を達成するなど、前半戦で11勝・202奪三振を記録し、2年連続でオールスターゲームの先発投手を務めた。7月19日、前日照明の故障により3回表終了後にサスペンデッドゲームとなったパドレス戦が再開され、3回からリリーフとして登板。7イニングを1安打無失点に抑え、リリーフ投手としての新記録となる16三振を奪った。21勝6敗、共にリーグトップの防御率2.49・372奪三振を記録。23試合で2桁三振を奪い、奪三振率は13.41でペドロ・マルティネスが1999年に記録したMLB記録の13.2を更新した。同年チームメイトのカート・シリングが293奪三振を記録し、同一チームの2投手合計の奪三振は665で、エンゼルスのライアンとビル・シンガーがに記録した624を上回った。シリングと2人で計43勝を挙げて2年ぶりの地区優勝に貢献。セントルイス・カージナルスとのディビジョンシリーズでは第2戦に先発したが、アルバート・プーホルスに本塁打を浴びるなど8回3失点で敗戦投手。ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦で3安打11奪三振完封勝利。第5戦でも勝利投手となり、初のリーグ優勝に導いた。自身にとっても初出場となったヤンキースとのワールドシリーズでは第2戦に先発し、3安打11奪三振完封勝利。その後2試合連続でサヨナラ負けを喫するなど2勝3敗と王手をかけられるが、第6戦で勝利投手となりタイに戻す。最終第7戦ではリードを許した8回途中からリリーフとして登板し、無失点に抑える。チームは9回裏にルイス・ゴンザレスのサヨナラ安打で勝利し、史上最速の創設4年目でワールドチャンピオンとなった。3勝を挙げてシリングと共にシリーズMVPを受賞。3年連続でサイ・ヤング賞を獲得し、スポーツ・イラストレイテッド誌の2001年度スポーツマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、表紙を飾った。ランディ・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・クレメンス

    ロジャー・クレメンスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    クレメンスは結局引退を撤回し、故郷テキサスのヒューストン・アストロズと1年契約を1月12日に結んだ。これは、地元の家族とそばにいるためと、同じくヤンキースから移籍したアンディ・ペティットともう一度野球をやりたかったからと本人は言っている。同年5月5日には4137個目の三振を奪い、カールトンを抜き去り歴代最多奪三振でライアンに次ぐ2 位につく。この年18勝4敗をマークし、通算成績も328勝164敗に伸ばした。また、歴代最多(7度目)、最年長(42歳)、最多球団(4球団)でのサイ・ヤング賞受賞を達成した。両リーグでサイ・ヤング賞を受賞したのはゲイロード・ペリー、ペドロ・マルティネス、ジョンソンに並ぶ歴代4人目である。ロジャー・クレメンス フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    2015年に殿堂入りしたペドロ・マルティネスは、ESPNの取材に対し、現役時代もっとも手強かった打者としてバリー・ボンズ、エドガー・マルティネス、デレク・ジーター、ケニー・ロフトン、イチローの5名を挙げた。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・ウィリアムス

    デーブ・ウィリアムスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    12月6日にショーン・ケイシーの交換要員としてシンシナティ・レッズへトレード。5月20日、8試合の先発で2勝3敗、防御率7.20と結果を残すことが出来なかったため、レッズから戦力外に。その後5月25日にトレードでニューヨーク・メッツへ移籍。8月18日にペドロ・マルティネスの代替要員としてメジャー昇格。結局この年は5試合先発し、3勝1敗、防御率5.59という結果だった。もメッツでプレーすることになったが、2月に首を痛めそのまま故障者リスト入り。復帰したのは6月6日だった。しかしオリバー・ペレスが故障から復帰したことに伴い、メッツから戦力外通告を受けた。デーブ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・ゴームス

    ブランドン・ゴームスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    マサチューセッツ州で生まれ、周囲の多くの人々と同じようにボストン・レッドソックスのファンとして育った。当時憧れていた選手はペドロ・マルティネスで、いつか自分もフェンウェイ・パークのマウンドに立つことを夢見ていた。大学はルイジアナ州ニューオーリンズにあるチューレーン大学に進学。ブランドン・ゴームス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード