60件中 11 - 20件表示
  • デーブ・ウィリアムス

    デーブ・ウィリアムスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    12月6日にショーン・ケイシーの交換要員としてシンシナティ・レッズへトレード。5月20日、8試合の先発で2勝3敗、防御率7.20と結果を残すことが出来なかったため、レッズから戦力外に。その後5月25日にトレードでニューヨーク・メッツへ移籍。8月18日にペドロ・マルティネスの代替要員としてメジャー昇格。結局この年は5試合先発し、3勝1敗、防御率5.59という結果だった。もメッツでプレーすることになったが、2月に首を痛めそのまま故障者リスト入り。復帰したのは6月6日だった。しかしオリバー・ペレスが故障から復帰したことに伴い、メッツから戦力外通告を受けた。デーブ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • ラモン・マルティネス

    ラモン・マルティネスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ラモン・マルティネス(Ramón Jaime Martínez , 1968年3月22日 - )はアメリカ・メジャーリーグで活躍した投手。右投右打。ドミニカ共和国出身。身長6フィート4インチ(約193cm)、体重173ポンド(約78.5kg)。ペドロ・マルティネスは弟。ラモン・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • シド・フェルナンデス

    シド・フェルナンデスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    しかしその後もかつての活躍はできず、途中にはフィラデルフィア・フィリーズに移籍。にヒューストン・アストロズで1試合に先発して勝利投手になったのを最後に現役を引退。9イニング平均の被安打(通算)は6.85で、終了時点でノーラン・ライアン、サンディー・コーファックス、ペドロ・マルティネスに次いで歴代4位である。シド・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ

    ペドロから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネス - ドミニカ共和国出身のメジャーリーグ投手。ペドロ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のMLBオールスターゲーム

    1999年のMLBオールスターゲームから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    のMLBオールスターゲームは、アメリカンリーグとナショナルリーグの間で行われた70回目のオールスターゲーム。1999年7月13日にボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで行われた。試合結果は4 - 1でアメリカンリーグが勝利した。MVPは2回を無安打5奪三振のペドロ・マルティネスが受賞した。1999年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ハドソン

    ティム・ハドソンから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    はオールスター開催までに球団史上8年ぶりに2桁勝利を7月2日にマークし、オールスターに選出された。8月28日以降は2完封を含む7戦7勝で9月のピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞している。自己最多の20勝を挙げ、デービッド・ウェルズと共に最多勝利のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞の投票ではペドロ・マルティネスに次ぐ2位だった。チームを8年ぶりの地区優勝に導いた。ティム・ハドソン フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ユーキリス

    ケビン・ユーキリスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    5月15日の対トロント・ブルージェイズ戦で、不調のビル・ミラーに代わって三塁スタメンとして出場し、メジャーデビュー。2打席目に初本塁打を記録。通常ならハイファイブをするなど祝福をされるはずなのにペドロ・マルティネスによるいたずらで全員から無視されたというエピソードがある。本人はこれがメジャーに受け入れられた瞬間という。その後も三塁手や代打として出場を続け、72試合で打率.260・7本塁打・35打点を記録した。ケビン・ユーキリス フレッシュアイペディアより)

  • グレートフォールズ (モンタナ州)

    グレートフォールズ (モンタナ州)から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    1979年から1980年にアイスホッケーシーズンには、グレートフォールズのフォーシーズンズ・アリーナがグレートフォールズ・アメリカンズの本拠地になった。このチームの戦績は2勝25敗で、その後にチームを畳んだ。グレートフォールズはボイジャーズと共に野球の豊富な歴史がある。以前はホワイトソックス、ドジャースおよびジャイアンツとも呼ばれ、ペドロ・マルティネス、ホセ・オッファーマンおよびラウル・モンデシのような大リーグ選手がグレートフォールズでプレイしたことがあった。1988年以降、パイオニアリーグで5度優勝した。2007年、バスケットボールのグレートフォールズ・イクスプローラーズがCBAナショナル・カンファランスで2位になった。グレートフォールズ (モンタナ州) フレッシュアイペディアより)

  • トム・グラビン

    トム・グラビンから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    移籍1年目のは9勝14敗・防御率4.52に終わり、1989年から続いていた2桁勝利が14年で途切れ、チームも地区最下位に終わる。は、前半戦は7勝7敗・防御率2.66だったが、後半戦はコントロールが悪化し4勝7敗・防御率5.06の成績に終わった。シーズントータルでは11勝14敗・防御率3.60と、負け越しはしたが前年より防御率は改善した。8月10日には交通事故に巻き込まれてしまった。は先発陣に故障者が続出する中、ペドロ・マルティネスと共に先発ローテーションを守り、13勝13敗でチームをポストシーズン争いに踏み止まらせた。トム・グラビン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ペルフリー

    マイク・ペルフリーから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    7月7日にメジャー昇格を果たし、故障者リスト入りしたペドロ・マルティネスに代わり先発ローテーション入り。翌8日のマーリンズ戦でメジャーデビューを果たし、5回を3失点(自責点2)に抑え、メジャー初勝利を記録した。しかし、8月2日にAAA級のノーフォークへ降格。その後はメジャーに昇格することなくシーズンを終え、メジャーでは4試合の登板で2勝1敗・防御率5.48を記録。はAdv-A級のセントルーシーで開幕を迎えたが、4月13日にメジャー昇格を果たした。しかし、ペルフリーは7月6日にかけて7連敗を喫し、シーズン初勝利は9月1日のカージナルス戦だった。マイク・ペルフリー フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード