60件中 21 - 30件表示
  • ドン・ジマー

    ドン・ジマーから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    2003年10月11日、レッドソックスとのアメリカンリーグ・チャンピオンシップシリーズ第3戦で両チームの乱闘が起こった際、レッドソックスの投手ペドロ・マルティネスの元へ突進したが、マルティネスに投げ飛ばされ軽い怪我を負った(当時72歳)。翌日にはジマー自身が涙を浮かべながら謝罪会見を行った。ドン・ジマー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ネイサン

    ジョー・ネイサンから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    はエキシビジョンゲームや開幕直後に不安定な投球を見せたため、クローザーが務まるか疑問視された。4月15日から6月4日にかけての20試合連続無失点を記録し、5月8日から8月15日にかけて球団新記録となる27回連続セーブを記録。初選出となったオールスターでは、1回を無失点に抑え、2奪三振を記録。クローザーの地位を不動にし、44セーブ(リーグ3位)を挙げた。サイ・ヤング賞の投票ではペドロ・マルティネス、フランシスコ・ロドリゲスに並ぶ4位に入り、MVPの投票では12位に入った。ジョー・ネイサン フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・テヘラン

    フリオ・テヘランから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ブレーブスのマイナー組織における最有望株。細身の体型から、しばしばペドロ・マルティネスと比較される。フリオ・テヘラン フレッシュアイペディアより)

  • ワールドスタジアムEX

    ワールドスタジアムEXから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    イニシアルは「M」。メジャーリーガが名前の一部を変えて登場。ジャンソウ、ペドルチナ、マダッテバ、マグオレオ、ミーサ、ピンズなど。過去にははままじん、イチゴー、つよいじょうなど日本人も登場していた。ユニフォームの色は黒。ワールドスタジアムEX フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    10月25日 - ペドロ・マルティネス(ドミニカ共和国、野球)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・マルティネス

    エドガー・マルティネスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    は後半戦に打ちまくり、8月にペドロ・マルティネスから通算1500本安打を達成。最終的にリーグ4位となる打率.337を残し、前年から続けてリーグトップの出塁率を記録した。エドガー・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ムッシーナ

    マイク・ムッシーナから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    は6月23日から8月2日にかけて自己最長となる8連勝を記録。後半戦で10勝4敗・防御率2.44の好成績で、19勝9敗・防御率3.29、リーグ最多の4完封を記録し、最多勝のタイトルを獲得した。はリーグ最多の36試合に先発し前年と同じ19勝を記録したものの、防御率4.81、共にキャリアワーストの31被本塁打・264被安打と不安定だった。チームはワイルドカードを獲得し、ポストシーズンに進出。クリーヴランド・インディアンズとのディヴィジョンシリーズでは第3戦に先発し、6回4失点で勝敗付かず。ニューヨーク・ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでも第3戦に先発したが、8回にセシル・フィルダーに本塁打を浴びるなど逆転を許して敗戦投手となり、チームも1勝4敗で敗退した。初のゴールドグラヴ賞を受賞し、以後4年連続で受賞した。は初登板では打ち込まれたが、その後8連勝を記録。5月30日のインディアンズ戦では9回1死までパーフェクトに抑えたが、サンディ・アロマー・ジュニアに安打を打たれて快挙を逃す。6月30日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で通算100勝を達成。この時点で敗戦数は43で、史上8番目に少ないものだった。前半戦で10勝を挙げ、3年ぶりにオールスターゲームに選出されるが登板機会はなかった。後半戦は5勝に留まるが、15勝8敗・防御率3.20、移転後の球団記録となる218奪三振を記録し、14年ぶりの地区優勝に貢献。シアトル・マリナーズとのディヴィジョンシリーズでは第1戦と第4戦に先発し、共にランディ・ジョンソンに投げ勝つ。インディアンズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し7回を投げて2安打1失点、シリーズ記録の15奪三振と好投を見せるが勝敗付かず、チームは延長で敗れる。第6戦でも8回1安打無失点10奪三振と好投するが、またも援護がなくチームは延長の末に敗れ、2勝4敗で敗退した。オフに球団と市場価値より低い金額で3年契約を結んだ。8月4日のタイガース戦で8回2死までパーフェクトに抑えるも、フランク・カタラノットに二塁打を浴びる。故障もあって13勝に留まった。は4月21日のタンパベイ・デヴィルレイズ戦で自身ワーストの10失点。前半戦で11勝を挙げ、2年ぶりにオールスターゲームに選出される。8月から9月にかけて故障者リスト入りするが、18勝を記録。サイ・ヤング賞の投票では満票で受賞したペドロ・マルティネスに次ぐ2位だった。は開幕から勝利に恵まれず、チーム低迷の原因となった。8月1日のミネソタ・ツインズ戦で1安打15奪三振完封勝利、9月24日のボストン・レッドソックス戦でも7回15奪三振を記録する。リーグ最多の237.2イニングを投げ、リーグ3位の防御率3.79をマークするものの、援護点がリーグワーストで11勝15敗とデビュー年以来の負け越しとなった。オフにフリーエージェントとなり、11月30日に6年契約総額8,850万ドルでヤンキースと契約した。マイク・ムッシーナ フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・ナイト

    ブランドン・ナイトから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    はニューヨーク・メッツ傘下3Aに所属、北京オリンピックのアメリカ代表チームに選出された。7月26日、父親の死去で帰国していたペドロ・マルティネスの代役として6年ぶりにメジャー復帰。同日のセントルイス・カージナルス戦でメジャー初先発を果たした。5回を投げ4失点で勝利投手の権利を持って降板したが、後続が打たれたためにメジャー初勝利は逃した。翌日の7月27日、戦力外となった。8月の北京五輪ではアメリカ代表に選ばれ、韓国戦、台湾戦の2試合で先発し、台湾戦で勝利投手となり、銅メダル獲得に貢献した。9月になりロースターが拡大されるとメジャーに再昇格し、1勝をあげシーズンを終えた。ブランドン・ナイト フレッシュアイペディアより)

  • チェンジアップ

    チェンジアップから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    人差し指と親指で作る輪の形は人差し指と親指の先端をつけて大きな輪を作る形や人差し指を親指の根元につけて小さな輪を作る形など投手によって違い、個人差はあるが握りの構造上シュート回転がかかりやすく、シンカーのように利き手の方向へ微妙に曲がりながら落ちる場合が多く、シンカー・スクリューボールに近い変化をすることからシンカーチェンジ(英: sinker change)やチェンジアップシンカー(英: change up sinker)とも呼ばれることもある。グレッグ・マダックスやペドロ・マルティネス、コール・ハメルズが代表的な使い手。チェンジアップ フレッシュアイペディアより)

  • カール・パバーノ

    カール・パバーノから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    はルーキー級、はA級に在籍。はAA級のトレントン・サンダーでリーグ1位となる16勝・防御率2.63を記録し、リーグ最優秀選手に選出された。は肩を痛めたため開幕を故障者リスト入りで迎えるも、AAA級のポータケット・レッドソックスで11勝6敗・防御率3.12を記録し、与四球率1.78は先発投手としてリーグ最高となった。ブライアン・ローズとともに「将来はサンディー・コーファックスとドン・ドライスデール以来最強の投手コンビの誕生か?」と言われたが、シーズンオフの11月18日、ペドロ・マルティネスとのトレードでモントリオール・エクスポズへ移籍。カール・パバーノ フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード