71件中 21 - 30件表示
  • ラモン・マルティネス

    ラモン・マルティネスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ラモン・ハイメ・マルティネス(Ramon Jaime Martinez, 1968年3月22日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身の元プロ野球選手(投手)。ボストン・レッドソックス等で活躍したペドロ・マルティネスは実弟。ラモン・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • オマー・ミナヤ

    オマー・ミナヤから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    エクスポズ消滅後、ジム・デュケット前GMの後任として、ニューヨーク・メッツのGMに就任。メッツでは、豊富な資金を元にFAやトレードでペドロ・マルティネス、カルロス・ベルトラン、ビリー・ワグナー、カルロス・デルガド、ヨハン・サンタナ、フランシスコ・ロドリゲス、ジェイソン・ベイなどの大物選手を次々と獲得した。2年目のには97勝を挙げて18年ぶりの地区優勝を果たしたが、リーグチャンピオンシップシリーズでセントルイス・カージナルスに3勝4敗で敗れ、ワールドシリーズ進出を逃した。10月には、メッツと新たに4年契約を結んだ。しかし、怪我人の続出などもあり、とはMLB屈指の年俸総額ながら勝率5割を下回る苦しいシーズンとなった。オマー・ミナヤ フレッシュアイペディアより)

  • デライノ・デシールズ

    デライノ・デシールズから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    11月19日にペドロ・マルティネスとの1対1のトレードでロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。デシールズはドジャース在籍の3年間で通算打率.241と不振だったが、マルティネスは後に球史に名を残す大投手に成長したため、このトレードは“ドジャース史上最悪のトレード”として語り継がれるようになった。デライノ・デシールズ フレッシュアイペディアより)

  • ラモン・オルティズ

    ラモン・オルティズから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    かつてはペドロ・マルティネス2世と呼ばれ、自身もマルティネスを崇拝している。ラモン・オルティズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネス投手(ニューヨーク・メッツ)-- つま先のけがを理由に開催直前の3月に入って代表を辞退。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジマー

    ドン・ジマーから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    10月11日、レッドソックスとのアメリカンリーグ・チャンピオンシップシリーズ第3戦で両チームの乱闘が起こった際、レッドソックスの投手ペドロ・マルティネスの元へ突進したが、マルティネスに投げ飛ばされ軽い怪我を負った(当時72歳)。翌日にはジマー自身が涙を浮かべながら謝罪会見を行った。ドン・ジマー フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    力だけでねじ伏せる投球からはカーブ、チェンジアップを多く織り交ぜるようになった。スプリングトレーニングでテリー・フランコーナ監督に「あいつはもう準備万端だ。今年は凄いことになるぞ」と言わしめた。4月をベーブ・ルース()、ペドロ・マルティネス()に次いで球団史上3人目となる5勝0敗を記録。また、開幕から5月8日にかけての7戦7勝は球団史上4位タイ。5月13日のオリオールズ戦を4回で降板。翌14日から右手中指の裂傷により15日間の故障者リスト入りとなった。6月14日にシーズン初の敗戦を喫するまでに9勝を記録。初めて選出されたオールスターでは2回を無失点に抑え、勝ち投手となった。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • フェンウェイ・パーク

    フェンウェイ・パークから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    1999年7月13日、オールスターゲーム開催(ア 4?1 ナ)。地元レッドソックスのペドロ・マルティネスが先発投手として2回を無安打無失点5三振に抑え、MVPを獲得した。フェンウェイ・パーク フレッシュアイペディアより)

  • デレク・ロウ

    デレク・ロウから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    は開幕から先発ローテーションに名を連ねる。この年は開幕から好調で、4月27日のデビルレイズ(現レイズ)戦ではノーヒットノーランを達成。MLBオールスターゲームではア・リーグの先発投手を務めた。シーズン通算で残した21勝・防御率2.58はともにリーグ2位で、サイ・ヤング賞投票ではバリー・ジト、ペドロ・マルティネスに次ぐ3位に入った。デレク・ロウ フレッシュアイペディアより)

  • サンディー・コーファックス

    サンディー・コーファックスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    通算投球回数2000回以上の投手が対象である、投球回数9回に対する通算の奪三振率が9.0以上の投手4人のうちの1人であり、投球回数9回に対する通算の奪三振率9.28は、ランディ・ジョンソン、ペドロ・マルティネス、ノーラン・ライアンに次ぐMLB史上4位である。サンディー・コーファックス フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード