71件中 31 - 40件表示
  • ジェイソン・バリテック

    ジェイソン・バリテックから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    には自己最高の打率.296・18本塁打・73打点を記録。また守備面でもペドロ・マルティネスやカート・シリングらをリードし、チームを86年ぶりの世界一へ導いた。シーズン後にはフリーエージェントを宣言。チームにはバリテックのほかにペドロ・マルティネスやデレク・ロウなどの主力選手もFA宣言したが、球団はバリテックの再契約を最優先させ、4年総額4000万ドルの契約が成立。同時にカール・ヤストレムスキー、ジム・ライスに次ぐチーム3代目キャプテンに任命された。そのためバリテックのユニフォームにはキャプテンであることを示す "C" のマークが左胸部分に刻まれた。ジェイソン・バリテック フレッシュアイペディアより)

  • トム・グラビン

    トム・グラビンから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    移籍1年目のは9勝14敗・防御率4.52に終わり、1989年から続いていた2桁勝利が14年で途切れ、チームも地区最下位に終わる。は、前半戦は7勝7敗・防御率2.66だったが、後半戦はコントロールが悪化し4勝7敗・防御率5.06の成績に終わった。シーズントータルでは11勝14敗・防御率3.60と、負け越しはしたが前年より防御率は改善した。8月10日には交通事故に巻き込まれてしまった。は先発陣に故障者が続出する中、ペドロ・マルティネスと共に先発ローテーションを守り、13勝13敗でチームをポストシーズン争いに踏み止まらせた。トム・グラビン フレッシュアイペディアより)

  • ハビアー・バスケス

    ハビアー・バスケスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    に自己最高となる防御率3.24、241三振をマークした。241三振はペドロ・マルティネス(1997年、305三振)、ビル・ストーンマン(1971年、251奪三振)に次ぐ球団史上3位だった。シーズン終了後にニック・ジョンソン、フアン・リベラらとのトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍し、その後4年4,500万ドルの契約を結んだ。ハビアー・バスケス フレッシュアイペディアより)

  • ブロンソン・アローヨ

    ブロンソン・アローヨから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    移籍1年目は、アーロン・ハラングとともにレッズ先発投手陣の柱となった。開幕から5連勝を記録し、苦手と公言している打撃では開幕から2試合連続で本塁打を放った。前半戦は9勝6敗で防御率はリーグ5位の3.12を記録し、オールスターゲームに初めて選出された。元チームメイトのペドロ・マルティネスからは「彼が前半戦のサイ・ヤング賞」と評価された。35先発・240.2投球回はリーグ最多、防御率3.29・WHIP1.188はチーム1位、14勝はチーム2位だった。9月5日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でキャリア初の完封勝利を挙げた。また、オフには日米野球でMLB選抜として来日した。ブロンソン・アローヨ フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ペルフリー

    マイク・ペルフリーから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    7月7日にメジャー昇格を果たし、故障者リスト入りしたペドロ・マルティネスに代わり先発ローテーション入り。翌8日のフロリダ・マーリンズ戦でメジャーデビューを果たし、5回を3失点(自責点2)に抑え、メジャー初勝利を記録した。しかし、8月2日にAAA級ノーフォーク・タイズへ降格。その後はメジャーに昇格することなくシーズンを終え、メジャーでは4試合の登板で2勝1敗・防御率5.48を記録。はA+級で開幕を迎えたが、4月13日にメジャー昇格を果たした。しかし、ペルフリーは7月6日にかけて7連敗を喫し、シーズン初勝利は9月1日のセントルイス・カージナルス戦だった。マイク・ペルフリー フレッシュアイペディアより)

  • W-スピン

    W-スピンから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ジャイロハンドスローとして手塚がイメージアップの提案に用いた選手は、ランディ・ジョンソン、ペドロ・マルティネス、斎藤雅樹、渡辺俊介らである。W-スピン フレッシュアイペディアより)

  • カール・パバーノ

    カール・パバーノから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    はルーキー級、はA級に在籍。はAA級のトレントン・サンダーでリーグ1位となる16勝・防御率2.63を記録し、リーグ最優秀選手に選出された。は肩を痛めたため開幕を故障者リスト入りで迎えるも、AAA級のポータケット・レッドソックスで11勝6敗・防御率3.12を記録し、与四球率1.78は先発投手としてリーグ最高となった。ブライアン・ローズとともに「将来はサンディー・コーファックスとドン・ドライスデール以来最強の投手コンビの誕生か?」と言われたが、シーズンオフの11月18日、ペドロ・マルティネスとのトレードでモントリオール・エクスポズへ移籍。カール・パバーノ フレッシュアイペディアより)

  • デニー・ボーティスタ

    デニー・ボーティスタから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスは親戚にあたる。デニー・ボーティスタ フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・マルティネス

    エドガー・マルティネスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    は後半戦に打ちまくり、8月にペドロ・マルティネスから通算1500本安打を達成。最終的にリーグ4位となる打率.337を残し、前年から続けてリーグトップの出塁率を記録した。エドガー・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • カナダ野球殿堂

    カナダ野球殿堂から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ジャッキー・ロビンソン、ファーガソン・ジェンキンス、ゲイリー・カーター、トミー・ラソーダ、スパーキー・アンダーソン、アンドレ・ドーソン、パット・ギリック、ロベルト・アロマー、ティム・レインズ、ペドロ・マルティネスの10人はアメリカ野球殿堂入りも果たしている。このうち、カナダ出身者はジェンキンスのみである。カナダ野球殿堂 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード