71件中 41 - 50件表示
  • フリオ・テヘラン

    フリオ・テヘランから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    細身の体型から、しばしばペドロ・マルティネスと比較される。フリオ・テヘラン フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・カブレラ

    ダニエル・カブレラから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    好きな投手はペドロ・マルティネスダニエル・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • エル・パソ・チワワズ

    エル・パソ・チワワズから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    からはマイク・ピアッツァ、ペドロ・マルティネス、ジョン・ウェッテランド、ラウル・モンデシー、ポール・コネルコなどスター選手を輩出。エル・パソ・チワワズ フレッシュアイペディアより)

  • マルティネス

    マルティネスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネス - ドミニカ共和国の野球選手。マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マリシャル

    フアン・マリシャルから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    マリシャルのキャリアの通算では三振2,303に対して四球は709しか記録されておらず、三振・四球比率(ストライクアウト・トゥ・ウォーク・レシオ)は3.25:1に達した。ボブ・ギブソン、ノーラン・ライアン、スティーブ・カールトン、サンディー・コーファックス、ドン・ドライスデール、ウォルター・ジョンソン、ロジャー・クレメンスといった名だたるもいずれも3:1以下であり、この数字を上回る比率を記録していたのは大リーグ史上ではランディ・ジョンソン(3.25:1)、ペドロ・マルティネス(4.15:1)、カート・シリング(4.38:1)くらいに留まる。本来は速球派投手の指標であるK/BBにおいて、マリシャル程大きな投球フォームの技巧派投手がこうした数字を残していた事は特筆に値するであろう。マリシャルは9回投球時の与四球率及び奪三振率では常にリーグ屈指であり、与四球率の低さでは11年で3回トップ10入りを果たしているほか、奪三振率では6回トップ10入りを記録している。フアン・マリシャル フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のメジャーリーグベースボール

    2007年のメジャーリーグベースボールから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ニューヨーク・メッツのペドロ・マルティネスがシンシナティ・レッズ戦で史上15人目となる通算3000奪三振を達成。2007年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • バンビーノの呪い

    バンビーノの呪いから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    2003年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズでヤンキースと対戦し、第7試合までもつれ込んだ。8回表、レッドソックスは5対2で優位に立ち、グレイディ・リトル監督は先発投手ペドロ・マルティネスに連投させた。ヤンキースは疲労しているマルティネスに反撃し、一塁打スリーラン、二塁打3回取った。11回裏、アーロン・ブーンはリリーフとして登場したナックルボールの先発投手ティム・ウェイクフィールドからサヨナラホームランを打ち、ヤンキースが優勝した。バンビーノの呪い フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・アルー

    フェリペ・アルーから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    に、エクスポズの監督に就任した。ここでは、ラリー・ウォーカー、ジョン・ウェッテランド、デライノ・デシールズ、ペドロ・マルティネス、そして息子でもあるモイゼス・アルーなどの若い才能の育成に大きな役割を果たす。フェリペ・アルー フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・メッツ

    ニューヨーク・メッツから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    にGMにオマー・ミナヤが、監督にウィリー・ランドルフがそれぞれ就任し、チームは力をつけていった。FAでペドロ・マルティネス、カルロス・ベルトランを大型契約で獲得、83勝79敗と5年ぶりに勝ち越した。オフにフロリダ・マーリンズからカルロス・デルガドとポール・ロデューカを、フィラデルフィア・フィリーズからビリー・ワグナーを獲得。迎えたは18年ぶりの地区優勝を果たしたが、リーグチャンピオンシップシリーズでセントルイス・カージナルスに敗れ、ワールドシリーズ進出はならなかった。前年の主力の多くが残留し、モイゼス・アルー、ルイス・カスティーヨが加わったは序盤から好調で2年連続の地区優勝が確実視されたが9月の終盤戦で失速、シェイ・スタジアムで行われたレギュラーシーズン最終戦でマーリンズに敗れ、1ゲーム差でフィリーズに地区優勝を奪われた。残り17試合で7ゲーム差を付けながら逆転で優勝を逃したのはMLB史上初の出来事だった。ニューヨーク・メッツ フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ユーキリス

    ケビン・ユーキリスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    5月15日の対トロント・ブルージェイズ戦で、不調のビル・ミラーに代わって三塁スタメンとして出場し、メジャーデビュー。2打席目に初本塁打を記録。ハイタッチで迎えられるべきところをペドロ・マルティネスによるいたずらで全員から無視されるというメジャー流の洗礼を受ける。本人は後にこれがメジャーに受け入れられた瞬間だと語っている。その後も三塁手や代打として出場を続け、72試合で打率.260・7本塁打・35打点を記録した。ケビン・ユーキリス フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード