60件中 41 - 50件表示
  • デレク・ロウ

    デレク・ロウから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    は開幕から先発ローテーションに名を連ねる。この年は開幕から好調で、4月27日のデビルレイズ(現レイズ)戦ではノーヒットノーランを達成。MLBオールスターゲームではア・リーグの先発投手を務めた。シーズン通算で残した21勝・防御率2.58はともにリーグ2位で、サイ・ヤング賞投票ではバリー・ジト、ペドロ・マルティネスに次ぐ3位に入った。デレク・ロウ フレッシュアイペディアより)

  • 野茂英雄

    野茂英雄から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    通算奪三振率は9.28。通算奪三振率が9.00を上回っている(=通算で、1イニング1つ以上の三振を取った)投手(通算投球回数2000イニング以上)は日本では野茂ただ一人である(メジャーを含めてもノーラン・ライアン、ランディ・ジョンソン、ペドロ・マルティネス、サンディ・コーファックス、野茂の5人だけ)。野茂英雄 フレッシュアイペディアより)

  • ドミニカ共和国

    ドミニカ共和国から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも数多くの選手を輩出している。1956年以降、2008年までに472人の選手がメジャーリーグでプレイした。特に、通算609本塁打のサミー・ソーサはドミニカ共和国内では英雄的存在である。また、90年代後半から00年代にかけても、「地上最高の投手」と称されたペドロ・マルティネスや、現在メジャーリーグ最高峰のスラッガーであるアルバート・プホルス(ロサンゼルス・エンゼルス)を筆頭に、マニー・ラミレス(ロサンゼルス・ドジャース)、デビッド・オルティーズ(ボストン・レッドソックス)、ブラディミール・ゲレーロ(テキサス・レンジャーズ)、ホセ・レイエス(ニューヨーク・メッツ)、ハンリー・ラミレス(マイアミ・マーリンズ)などの超一流選手を続々と輩出しており、ドミニカ共和国はメジャーリーグにとってなくてはならない存在になっている。ドミニカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • オリバー・ペレス

    オリバー・ペレスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    メッツ移籍後は7試合に先発して防御率6.38と、移籍前とさほど変わらず。しかしポストシーズンに進出したチームにおいて、ペドロ・マルティネスとオーランド・ヘルナンデスの2人の先発投手が故障。ペレスは先発ローテーション入りし、カージナルスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第7戦に先発登板。6回1失点の好投を見せた。オリバー・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・メッツ

    ニューヨーク・メッツから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    にGMにオマー・ミナヤが、監督にウィリー・ランドルフがそれぞれ就任し、チームは力をつけていった。FAでペドロ・マルティネス、カルロス・ベルトランを大型契約で獲得、83勝79敗と5年ぶりに勝ち越した。オフにフロリダ・マーリンズからカルロス・デルガドとポール・ロデューカを、フィラデルフィア・フィリーズからビリー・ワグナーを獲得。迎えたは18年ぶりの地区優勝を果たしたが、リーグチャンピオンシップシリーズでセントルイス・カージナルスに敗れ、ワールドシリーズ進出はならなかった。前年の主力の多くが残留し、モイゼス・アルー、ルイス・カスティーヨが加わったは序盤から好調で2年連続の地区優勝が確実視されたが9月の終盤戦で失速。シェイ・スタジアムで行われたレギュラーシーズン最終戦でマーリンズに敗れ、1ゲーム差でフィリーズに地区優勝を奪われた。残り17試合で7ゲーム差を付けながら逆転で優勝を逃したのはMLB史上初の出来事だった。ニューヨーク・メッツ フレッシュアイペディアより)

  • WHIP

    WHIPから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    なお、WHIPは日本球界においては公式記録となっていないが、アメリカのメジャーリーグや台湾の中華職業棒球大聯盟などでは公式記録となっている。韓国野球記録は宣銅烈が1993年に記録した0.54、メジャーリーグのシーズン記録はペドロ・マルティネスが2000年に記録した0.74である。WHIP フレッシュアイペディアより)

  • シンカー・スクリューボール

    シンカー・スクリューボールから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    1人の投手が縦横・大小複数のシンカーを投げ分けることも多い。潮崎哲也は緩急2種類のシンカーを投げたが、遅いシンカーは浮き上がってから落ちる逆方向のカーブのような軌道だった(上記の1番目の用法に照らせば、スクリューと呼ぶこともできる)。山田久志は自らのシンカーをスプリット系と語り、速い球速で鋭く落ちたという。この様なシンカーは高速シンカーとも呼ばれる。MLBではペドロ・マルティネスやジェイミー・モイヤーの投げるチェンジアップはサークルチェンジとシンカーの中間的変化をすることからシンカーチェンジ(英: sinker change)やチェンジアップシンカー(英: change up sinker)とも呼ばれ、ロベルト・ヘルナンデスやジョニー・ベンタースの投げる球速100mph(約161km/h)近いシンカーがハードシンカー(英: hard sinker)と呼ばれる。シンカー・スクリューボール フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・ジョンソン

    ランディ・ジョンソンから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    3月24日、スプリングトレーニングでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦の7回に、投球が偶然飛んできた鳩を直撃するハプニングが起きた。投球はノーカウントになったが、ショックを受けてその後打ち込まれた。この場面は全米に放送され、後日動物愛護団体から訴えられた。5月8日のシンシナティ・レッズ戦で史上4人目の1試合20奪三振を達成するなど、前半戦で11勝・202奪三振を記録し、2年連続でオールスターゲームの先発投手を務めた。7月19日、前日照明の故障により3回表終了後にサスペンデッドゲームとなったパドレス戦が再開され、3回からリリーフとして登板。7イニングを1安打無失点に抑え、リリーフ投手としての新記録となる16三振を奪った。21勝6敗、共にリーグトップの防御率2.49・372奪三振を記録。23試合で2桁三振を奪い、奪三振率は13.41でペドロ・マルティネスが1999年に記録したメジャー記録の13.2を更新した。同年チームメイトのカート・シリングが293奪三振を記録し、同一チームの2投手合計の奪三振は665で、エンゼルスのライアンとビル・シンガーがに記録した624を上回った。シリングと2人で計43勝を挙げて2年ぶりの地区優勝に貢献。セントルイス・カーディナルスとのディヴィジョンシリーズでは第2戦に先発したが、アルバート・プーホルスに本塁打を浴びるなど8回3失点で敗戦投手。ブレーヴスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦で3安打11奪三振完封勝利。第5戦でも勝利投手となり、初のリーグ優勝に導いた。自身にとっても初出場となったヤンキースとのワールドシリーズでは第2戦に先発し、3安打11奪三振完封勝利。その後2試合連続でサヨナラ負けを喫するなど2勝3敗と王手をかけられるが、第6戦で勝利投手となりタイに戻す。最終第7戦ではリードを許した8回途中からリリーフとして登板し、無失点に抑える。チームは9回裏にルイス・ゴンザレスのサヨナラ安打で勝利し、史上最速の創設4年目でワールドチャンピオンとなった。3勝を挙げてシリングと共にシリーズMVPを受賞。3年連続でサイ・ヤング賞を獲得し、スポーツ・イラストレイテッド誌の2001年度スポーツマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、表紙を飾った。ランディ・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ディビジョンシリーズではアナハイム・エンゼルスを3連勝で下し、チャンピオンシップは前年と同じヤンキースとレッドソックスの組み合わせとなる。カート・シリングが先発した第1戦を落とし、その上、シリングは足首の腱を断裂する怪我のため降板し、もはやシリングの再登板は絶望的とみられた。第2戦はペドロ・マルティネスが先発するが、1-3で2連敗を喫する。第3戦も落とし、0勝3敗と追い詰められる。しかし第4戦、9回裏に3-4と負けていながら、代走のデーブ・ロバーツの盗塁をきっかけにヤンキースの守護神であるマリアノ・リベラからビル・ミラーが同点打を放ち、延長戦の末にデビッド・オルティーズのサヨナラ本塁打でヤンキースを降す。第5戦も8回裏にリベラからジェイソン・バリテックの犠牲フライで同点に追いつくと、延長14回にまたもデビッド・オルティーズがサヨナラ安打。第6戦では負傷したかかとを応急手術で縫い合わせたカート・シリングが復帰し、「レッドソックス」の名前通り靴下を血で赤く染めながらの投球でヤンキース打線を封じ、最終的にレッドソックスは、MLB史上初となる3連敗から4連勝の大逆転を達成する。3連敗から4連勝しての勝ち上がりは、北米の他のプロスポーツ史上でも1942年のトロント・メープルリーフスと1975年のニューヨーク・アイランダーズと2010年のフィラデルフィア・フライヤーズ(いずれもNHL)の3例のみである。プレーオフ後、ヤンキースの監督であるジョー・トーリは、「第5戦の6回2死満塁の場面で守備がそれほど評価されていない選手(トロット・ニクソン)に好捕されたのがシリーズ(敗退)のポイントだった」と振り返った。ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • フェンウェイ・パーク

    フェンウェイ・パークから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    1999年7月13日、オールスターゲーム開催(ア 4?1 ナ)。地元レッドソックスのペドロ・マルティネスが先発投手として2回を無安打無失点5三振に抑え、MVPを獲得した。フェンウェイ・パーク フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード