71件中 51 - 60件表示
  • 2017年のメジャーリーグベースボール

    2017年のメジャーリーグベースボールから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ボストン・レッドソックスのクリス・セールがボルチモア・オリオールズ戦で、指名打者制のあるアメリカンリーグではペドロ・マルティネス以来18年ぶりとなる300奪三振を達成。2017年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ドミニカ共和国

    ドミニカ共和国から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも数多くの選手を輩出している。1956年以降、2008年までに472人の選手がメジャーリーグでプレイした。特に、通算609本塁打のサミー・ソーサはドミニカ共和国内では英雄的存在である。また、90年代後半から00年代にかけても、「地上最高の投手」と称されたペドロ・マルティネスや、現在メジャーリーグ最高峰のスラッガーであるアルバート・プホルスを筆頭に、マニー・ラミレス、デビッド・オルティーズ、ブラディミール・ゲレーロ、エイドリアン・ベルトレ、ホセ・レイエス、ハンリー・ラミレスなどの超一流選手を続々と輩出しており、ドミニカ共和国はメジャーリーグにとってなくてはならない存在になっている。ドミニカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ロドリゲス

    フランシスコ・ロドリゲスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    左足を高く掲げ、左手とともにまっすぐ伸ばしながらステップしてリリース体勢に入るという、独特の躍動感ある投球フォームの持ち主。持ち球は、平均球速144km/hのフォーシームおよびツーシームと、大きく曲がり落ちる平均120km/h前後のカーブ、2種類の変化をする平均133km/hのチェンジアップ。若手のころはフォーシームとスライダーの2球種で押し切っていたが、メジャー1年目から既に「手元で小さく変化する速球はマリアノ・リベラ、スライダーはペドロ・マルティネス、そしてアグレッシブさはウーゲット・ウービナみたいだ」とも言われていた。フランシスコ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ネイサン

    ジョー・ネイサンから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    はエキシビジョンゲームや開幕直後に不安定な投球を見せたため、クローザーが務まるか疑問視された。4月15日から6月4日にかけての20試合連続無失点を記録し、5月8日から8月15日にかけて球団新記録となる27回連続セーブを記録。初選出となったオールスターでは、1回を無失点に抑え、2奪三振を記録。クローザーの地位を不動にし、44セーブ(リーグ3位)を挙げた。サイ・ヤング賞の投票ではペドロ・マルティネス、フランシスコ・ロドリゲスに並ぶ4位に入り、MVPの投票では12位に入った。ジョー・ネイサン フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    強打者が増えてくる中、投手は打者のパワーに対抗するため、様々な球種を開発する必要があった。ジャイロボールのような新しい球種は、力のバランスを守備側に戻すことができた。1950〜60年代のスライダーや1970〜90年代のスプリットフィンガーファストボールなどの球種で野球の試合が変わった。1990年代にはチェンジアップが復活し、トレバー・ホフマン、グレッグ・マダックス、ジェイミー・モイヤー、トム・グラビン、ヨハン・サンタナ、ペドロ・マルティネス、ティム・リンスカムなどの投手によって巧みに投げられた。近年、リンスカム、ジョナサン・サンチェス、ウバルド・ヒメネスなどの投手はスプリットの握りでチェンジアップを投げる、「スプリット・チェンジ」を投げるようになった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・ナイト

    ブランドン・ナイトから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    2008年5月29日にニューヨーク・メッツと契約し、傘下AAA級ニューオーリンズ・ゼファーズでプレー。7月26日、父親の死去で帰国していたペドロ・マルティネスの代役として6年ぶりにメジャー復帰。同日のセントルイス・カージナルス戦でメジャー初先発を果たした。5回を投げ4失点で勝利投手の権利を持って降板したが、後続が打たれたためにメジャー初勝利は逃した。翌日の7月27日、戦力外となった。8月の北京オリンピックの野球アメリカ合衆国代表に選出された。韓国戦、チャイニーズタイペイ戦の2試合で先発し、チャイニーズタイペイ戦で勝利投手となり、銅メダル獲得に貢献した。9月になりロースターが拡大されるとメジャーに再昇格し、1勝をあげシーズンを終えた。ブランドン・ナイト フレッシュアイペディアより)

  • R.A.ディッキー

    R.A.ディッキーから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    2012年12月17日にトラビス・ダーノー、ジョン・バック、ノア・シンダーガード、ウィルマー・ベセラとのトレードで、ジョシュ・トーリー、マイク・ニッカースの捕手2名と共にトロント・ブルージェイズへ移籍した。同日に総額3000万ドルの3年契約(2016年・1200万ドルの球団オプション付き)を結んだ。サイ・ヤング賞投手が受賞年のオフにトレードで放出されたのは1994年のデビッド・コーン、1997年のペドロ・マルティネス、1998年のロジャー・クレメンスに次いで史上4人目である。R.A.ディッキー フレッシュアイペディアより)

  • 1971年

    1971年から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    10月25日 - ペドロ・マルティネス、元メジャーリーガー1971年 フレッシュアイペディアより)

  • オリバー・ペレス

    オリバー・ペレスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    2006年7月31日にゼイビア・ネイディとのトレードで、ロベルト・ヘルナンデスと共にニューヨーク・メッツへ移籍した。移籍後は7試合に先発して防御率6.38と、移籍前とさほど変わらず。しかしポストシーズンに進出したチームにおいて、ペドロ・マルティネスとオーランド・ヘルナンデスの2人の先発投手が故障。ペレスは先発ローテーション入りし、セントルイス・カージナルスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第7戦に先発登板。6回1失点の好投を見せた。オリバー・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • 朴賛浩

    朴賛浩から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    トレード後はペドロ・マルティネスとの直接対決で勝つなど、このころ覚えたツーシームが走ったときは稀に素晴らしいピッチングを見せることもあるものの、基本的に安定感を欠く投球を繰り返してシーズン終了前には先発から外され中継ぎに降格となった。サンディエゴはポストシーズンに進んだものの、パクはプレーオフ出場者のロースターから外された。結局、12勝8敗と勝ち星だけは稼いだものの、防御率は5.74と10勝以上の投手中最低という成績に終わった。このシーズンオフに結婚し、ソウルで行われた披露宴ではドジャース時代の同僚である野茂英雄も出席した。朴賛浩 フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード