1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示
  • ブロンソン・アローヨ

    ブロンソン・アローヨから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    移籍1年目は、アーロン・ハラングとともにレッズ先発投手陣の柱となった。開幕から5連勝を記録し、苦手と公言している打撃では開幕から2試合連続で本塁打を放った。前半戦は9勝6敗で防御率はリーグ5位の3.12を記録し、オールスターゲームに初めて選出された。元チームメイトのペドロ・マルティネスからは「彼が前半戦のサイ・ヤング賞」と評価された。35先発・240.2投球回はリーグ最多、防御率3.29・WHIP1.188はチーム1位、14勝はチーム2位だった。また、オフには日米野球でMLB選抜として来日した。ブロンソン・アローヨ フレッシュアイペディアより)

  • 朴賛浩

    朴賛浩から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    には復調の兆しをみせる。テキサスの強力な打線にも助けられて、先発5番手としてそこそこの成績をあげるが7月にテキサスが年俸差額(700万ドル)を補填することを条件にサンディエゴ・パドレスにトレードされる。トレード後はペドロ・マルティネスとの直接対決で勝つなど、このころ覚えたツーシームが走ったときは稀に素晴らしいピッチングを見せることもあるものの、基本的に安定感を欠く投球を繰り返してシーズン終了前には先発から外され中継ぎに降格となった。サンディエゴはポストシーズンに進んだものの、パクはプレーオフ出場者のロースターから外された。結局、12勝8敗と勝ち星だけは稼いだものの、防御率は5.74と10勝以上の投手中最低という成績に終わった。このシーズンオフに結婚し、ソウルで行われた披露宴ではドジャース時代の同僚である野茂英雄も出席した。朴賛浩 フレッシュアイペディアより)

  • 日米野球

    日米野球から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    訪日メンバー:野茂英雄、バリー・ボンズ、ペドロ・マルティネス、アレックス・ロドリゲス、カル・リプケン、ケン・グリフィー・ジュニア 他日米野球 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    力だけでねじ伏せる投球からはカーブ、チェンジアップを多く織り交ぜるようになった。スプリングトレーニングでテリー・フランコーナ監督に「あいつはもう準備万端だ。今年は凄いことになるぞ」と言わしめた。4月をベーブ・ルース()、ペドロ・マルティネス()に次いで球団史上3人目となる5勝0敗を記録。また、開幕から5月8日にかけての7戦7勝は球団史上4位タイ。5月13日のオリオールズ戦を4回で降板。翌14日から右手中指の裂傷により15日間の故障者リスト入りとなった。6月14日にシーズン初の敗戦を喫するまでに9勝を記録。初めて選出されたオールスターでは2回を無失点に抑え、勝ち投手となった。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・マダックス

    グレッグ・マダックスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    5月3日のフィリーズ戦でベニート・サンティアゴにレギュラーシーズンでは初の満塁本塁打を喫した(ポストシーズンでは先述の通り、1989年のNLCSでクラークに打たれている)。15勝11敗・防御率2.72を記録し、球団史上初の先発投手として4年連続で防御率3.00未満を達成。は7月22日のカブス戦では76球で完投勝利。8月10日に投手としては史上最高額となる5年総額5,750万ドルで契約延長した。19勝4敗・防御率2.20の成績でサイ・ヤング賞の投票ではペドロ・マルティネスに次ぐ2位だった。8月18日のジャイアンツ戦で通算200勝、9月8日のエクスポズ戦で通算2000奪三振を達成した。18勝9敗・防御率2.22、リーグ最多の5完封を記録。防御率は8月まで1点台を維持していたが、9月に調子を落とした。はリーグ3位の19勝を記録したが、イニングを大きく上回るキャリアワーストの被安打258、防御率は3.57と前年より1点以上悪化して移籍後初の3点台となるなど、投球内容は良くなかった。グレッグ・マダックス フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ロドリゲス

    フランシスコ・ロドリゲスから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    左足を高く掲げ、左手とともにまっすぐ伸ばしながらステップしてリリース体勢に入るという、独特の躍動感ある投球フォームの持ち主。持ち球は、かすかにシュート回転する平均球速92mph(約148km/h)の速球と大きく曲がり落ちる83-87mph(約133.6-140.0km/h)のスライダー、小さく落ちる80-84mph(約128.7-135.2km/h)のチェンジアップ。若手のころは速球とスライダーの2球種で押し切っていたが、メジャー1年目から既に「手元で小さく変化する速球はマリアノ・リベラ、スライダーはペドロ・マルティネス、そしてアグレッシブさはウーゲット・ウービナみたいだ」とも言われていた。フランシスコ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 1971年

    1971年から見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    10月25日 - ペドロ・マルティネス、メジャーリーガー1971年 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・バリテック

    ジェイソン・バリテックから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    には自己最高の打率.296・18本塁打・73打点を記録。また守備面でもペドロ・マルティネスやカート・シリングらをリードし、チームを86年ぶりの世界一へ導いた。シーズン後にはフリーエージェントを宣言。チームにはバリテックのほかにペドロ・マルティネスやデレク・ロウなどの主力選手もFA宣言したが、球団はバリテックの再契約を最優先させ、4年総額4000万ドルの契約が成立。同時にカール・ヤストレムスキー、ジム・ライスに次ぐチーム3代目キャプテンに任命された。そのためバリテックのユニフォームにはキャプテンであることを示す "C" のマークが左胸部分に入っている。ジェイソン・バリテック フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・アルー

    フェリペ・アルーから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    現役末期にはモントリオール・エクスポズにて打撃コーチとマイナーチームの監督を務める。にサンフランシスコ・ジャイアンツから監督就任の要請を受けるが、モントリオールに残る。にエクスポズの監督に就任、ラリー・ウォーカー、ジョン・ウェッテランド、デライノ・デシールズ、ペドロ・マルティネス、そして息子でもあるモイゼス・アルーなどの若い才能の育成に大きな役割を果たす。には最優秀監督賞を受賞。しかし、同年のストライキのためワールドシリーズ進出はならず、チームが経費削減のため彼が育成した若手を放出し、エクスポズの弱体化が進む。にロサンゼルス・ドジャースから監督就任の要請を受けるが、再び固辞。フェリペ・アルー フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見たペドロ・マルティネスペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネス投手(ニューヨーク・メッツ)-- つま先のけがを理由に開催直前の3月に入って代表を辞退。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード