74件中 11 - 20件表示
  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たヨハン・サンタナ

    は15勝8敗・防御率2.82・208奪三振を記録し、被出塁率は.250でリーグ1位、メジャー全体でヨハン・サンタナに次ぐ2位だった。奪三振率が8.6で9年ぶりに9を下回ったが、奪三振と四球の割合は4.43でリーグ1位だった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たバリー・ジト

    は5月までに7勝1敗・防御率1.44、11試合中8試合で2桁奪三振を記録するなど好調だったが、肩の回旋筋腱板損傷のため離脱し、復帰後も未勝利に終わる。は開幕戦のトロント・ブルージェイズ戦では3回8失点の大乱調だったが、4月7日に前年5月30日以来の勝利を挙げた。その間8試合連続で勝星がなかったのは自己ワースト記録である。4月19日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で史上57人目となる通算2000奪三振を達成。開幕から7連勝、6月20日から9連勝を記録するなど20勝4敗、共にリーグ1位の防御率2.26・239奪三振を記録し、最優秀防御率・最多奪三振の二冠を獲得。サイ・ヤング賞の投票では23勝で最多勝を獲得したバリー・ジトに次ぐ2位だった。は4月12日のボルティモア・オリオールズ戦で自身ワーストの10失点。5月から約1ヶ月離脱するが、14勝4敗・防御率2.22・206奪三振の成績で2年連続の最優秀防御率を獲得し、チームはワイルドカードを獲得。オークランド・アスレティックスとのディヴィジョンシリーズでは第1戦で先発し勝敗付かず。第5戦では8回途中3失点で勝利投手となった。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、7回4失点で敗戦投手。この試合では自軍の打者に対する死球に激昂してマウンドに駆け寄ったヤンキースのベンチコーチで、当時72歳だったドン・ジマーの首に腕を絡めて地面に叩き落とした(ジマーは現役時代に死球により意識不明に陥った過去がある)。最終第7戦では8回表まで5-2とリードしていたが、その裏集中打を浴びて同点に追い付かれ降板。チームは延長の末サヨナラ負けを喫しリーグ優勝はならなかった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たカール・パヴァーノ

    は開幕から8戦8勝を記録。17勝8敗・防御率1.90、カート・シリングに次いでリーグ2位の305奪三振を記録し、最優秀防御率のタイトルを獲得。18試合で2桁奪三振を記録し、奪三振・防御率は共に球団新記録となった。サイ・ヤング賞の投票では1位票を28票のうち25票獲得し初受賞した。また右投手が300奪三振と防御率1点台を同時に記録するのはのウォルター・ジョンソン以来の快挙だった。11月18日にカール・パヴァーノ、トニー・アーマス・ジュニアとの交換トレードでボストン・レッドソックスに移籍し、6年総額7500万ドル、7年目はオプションで1750万ドルという投手としては当時史上最高額の契約を結んだ。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たオーレル・ハーシュハイザー

    は開幕から5連勝。4月17日のアトランタ・ブレーヴス戦で7回途中まで6安打3失点に抑え、メッツの選手としてはオーレル・ハーシュハイザーに次いで史上2人目となる通算200勝を達成。84敗での達成は史上最も少ない敗戦数である。途中故障で1ヶ月離脱し、復帰後も故障がちで9勝8敗・防御率4.48に終わる。チームは18年ぶりの地区優勝を果たしたが、ポストシーズンでは登板なし。10月1日に右肩の手術を行うことを発表した。投球再開までには少なくとも8ヶ月はかかる見通しで、翌年シーズン前半戦の出場は絶望となった。復帰後に本来の力を再び発揮できるかどうか不安を感じており、11月6日のニューヨークタイムズ紙には元通りにならないようであれば引退を考える旨のコメントを寄せている。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たドン・ジマー

    は5月までに7勝1敗・防御率1.44、11試合中8試合で2桁奪三振を記録するなど好調だったが、肩の回旋筋腱板損傷のため離脱し、復帰後も未勝利に終わる。は開幕戦のトロント・ブルージェイズ戦では3回8失点の大乱調だったが、4月7日に前年5月30日以来の勝利を挙げた。その間8試合連続で勝星がなかったのは自己ワースト記録である。4月19日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で史上57人目となる通算2000奪三振を達成。開幕から7連勝、6月20日から9連勝を記録するなど20勝4敗、共にリーグ1位の防御率2.26・239奪三振を記録し、最優秀防御率・最多奪三振の二冠を獲得。サイ・ヤング賞の投票では23勝で最多勝を獲得したバリー・ジトに次ぐ2位だった。は4月12日のボルティモア・オリオールズ戦で自身ワーストの10失点。5月から約1ヶ月離脱するが、14勝4敗・防御率2.22・206奪三振の成績で2年連続の最優秀防御率を獲得し、チームはワイルドカードを獲得。オークランド・アスレティックスとのディヴィジョンシリーズでは第1戦で先発し勝敗付かず。第5戦では8回途中3失点で勝利投手となった。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、7回4失点で敗戦投手。この試合では自軍の打者に対する死球に激昂してマウンドに駆け寄ったヤンキースのベンチコーチで、当時72歳だったドン・ジマーの首に腕を絡めて地面に叩き落とした(ジマーは現役時代に死球により意識不明に陥った過去がある)。最終第7戦では8回表まで5-2とリードしていたが、その裏集中打を浴びて同点に追い付かれ降板。チームは延長の末サヨナラ負けを喫しリーグ優勝はならなかった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たマーク・マグワイア

    は4月15日から5月18日にかけて7試合連続二桁奪三振を記録するなど前半戦で15勝を挙げ、30勝を達成するのではと騒がれた。地元ボストンで行われたオールスターゲームに先発し、2イニングを投げて5三振を奪い、MVPに選出された。三振を喫したマーク・マグワイアを「あんな投球をされたら誰も打てやしない」と脱帽させた。オールスターで肩を痛めたが、8月19日から9月27日にかけてメジャー記録となる8試合連続2桁奪三振を記録。9月10日のニューヨーク・ヤンキース戦では17奪三振、被安打はチリ・デービスの本塁打1本のみで完投勝利を挙げた。23勝4敗・防御率2.07・313奪三振の圧倒的な成績で最多勝・最優秀防御率・最多奪三振を獲得して投手三冠を達成し、奪三振率13.2は当時のメジャー記録となった。チームは前年に続きワイルドカードを獲得。故障を押して登板し、インディアンズとのディヴィジョンシリーズでは第1戦に先発するも4回で降板。2勝2敗のタイで迎えた第5戦では4回からリリーフ登板して6イニングを無安打に抑えて勝利投手。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、7回を2安打12奪三振無失点で勝利投手となるが、チームはその1勝のみに終わり敗退した。オフに2度目のサイ・ヤング賞を満票で獲得し、MVPの最有力候補と言われた。投票では1位票を最多の8票獲得したが、239対252と13ポイント差でイヴァン・ロドリゲスに次ぐ2位に終わり、「投手にMVPの資格はないのか?」と論争になった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たレジー・サンダース

    移籍1年目のからは先発に転向。4月13日のレッズ戦では7回までパーフェクトに抑えたものの、8回にレジー・サンダースに死球を与え、9回の先頭打者に安打を打たれて降板している。6月9日のニューヨーク・メッツ戦では被安打3でメジャー初完投・初完封を記録し、ドワイト・グッデンに投げ勝った。ストライキでシーズンが打ち切りとなったが、11勝5敗・防御率3.42を記録した。6月3日のサンディエゴ・パドレス戦では9回までパーフェクトに抑えたが、打線の援護がなく0-0のまま延長戦に入り、10回の先頭打者に二塁打を打たれて完全試合を逃した。はオールスターゲームに初めて選出され1イニングを投げた。8月29日の古巣ドジャース戦では兄ラモン・マルティネスと史上6人目の兄弟同士の先発登板での対戦となり、12奪三振で2失点完投するもラモンが8回を1失点に抑える好投で敗戦投手となった。13勝10敗・防御率3.70・222奪三振を記録し、初めて200の大台を上回った。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たラモン・マルティネス

    ロサンゼルス・ドジャースのエースとして活躍したラモン・マルティネスは実兄。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たチリ・デービス

    は4月15日から5月18日にかけて7試合連続二桁奪三振を記録するなど前半戦で15勝を挙げ、30勝を達成するのではと騒がれた。地元ボストンで行われたオールスターゲームに先発し、2イニングを投げて5三振を奪い、MVPに選出された。三振を喫したマーク・マグワイアを「あんな投球をされたら誰も打てやしない」と脱帽させた。オールスターで肩を痛めたが、8月19日から9月27日にかけてメジャー記録となる8試合連続2桁奪三振を記録。9月10日のニューヨーク・ヤンキース戦では17奪三振、被安打はチリ・デービスの本塁打1本のみで完投勝利を挙げた。23勝4敗・防御率2.07・313奪三振の圧倒的な成績で最多勝・最優秀防御率・最多奪三振を獲得して投手三冠を達成し、奪三振率13.2は当時のメジャー記録となった。チームは前年に続きワイルドカードを獲得。故障を押して登板し、インディアンズとのディヴィジョンシリーズでは第1戦に先発するも4回で降板。2勝2敗のタイで迎えた第5戦では4回からリリーフ登板して6イニングを無安打に抑えて勝利投手。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、7回を2安打12奪三振無失点で勝利投手となるが、チームはその1勝のみに終わり敗退した。オフに2度目のサイ・ヤング賞を満票で獲得し、MVPの最有力候補と言われた。投票では1位票を最多の8票獲得したが、239対252と13ポイント差でイヴァン・ロドリゲスに次ぐ2位に終わり、「投手にMVPの資格はないのか?」と論争になった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たトニー・アーマス・ジュニア

    は開幕から8戦8勝を記録。17勝8敗・防御率1.90、カート・シリングに次いでリーグ2位の305奪三振を記録し、最優秀防御率のタイトルを獲得。18試合で2桁奪三振を記録し、奪三振・防御率は共に球団新記録となった。サイ・ヤング賞の投票では1位票を28票のうち25票獲得し初受賞した。また右投手が300奪三振と防御率1点台を同時に記録するのはのウォルター・ジョンソン以来の快挙だった。11月18日にカール・パヴァーノ、トニー・アーマス・ジュニアとの交換トレードでボストン・レッドソックスに移籍し、6年総額7500万ドル、7年目はオプションで1750万ドルという投手としては当時史上最高額の契約を結んだ。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード