92件中 21 - 30件表示
  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たデライノ・デシールズ

    1993年11月19日にデライノ・デシールズとの交換トレードでモントリオール・エクスポズに移籍。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たヨハン・サンタナ

    は15勝8敗・防御率2.82・208奪三振を記録し、被出塁率は.250でリーグ1位、メジャー全体でヨハン・サンタナに次ぐ2位だった。奪三振率が8.6で9年ぶりに9を下回ったが、奪三振と四球の割合は4.43でリーグ1位だった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たトニー・アーマス・ジュニア

    1997年11月18日にカール・パバーノ、トニー・アーマス・ジュニアとの交換トレードでボストン・レッドソックスに移籍し、6年総額7500万ドル、7年目はオプションで1750万ドルという投手としては当時史上最高額の契約を結んだ。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たエドガー・マルティネス

    2015年5月、米スポーツ専門局ESPNの「これまで対戦したなかで手強かった打者は?」という質問に対して、バリー・ボンズ、エドガー・マルティネス、デレク・ジーター、ケニー・ロフトン、イチローの5名を挙げた。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たレジー・サンダース

    からは先発に転向。4月13日のレッズ戦では7回までパーフェクトに抑えたものの、8回にレジー・サンダースに死球を与え、9回の先頭打者に安打を打たれて降板している。6月9日のニューヨーク・メッツ戦では被安打3でメジャー初完投・初完封を記録し、ドワイト・グッデンに投げ勝った。ストライキでシーズンが打ち切りとなったが、11勝5敗・防御率3.42を記録した。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たラモン・マルティネス

    ロサンゼルス・ドジャースのエースとして活躍したラモン・マルティネスは実兄。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たチリ・デービス

    は4月15日から5月18日にかけて7試合連続二桁奪三振を記録するなど前半戦で15勝を挙げ、30勝を達成するのではと騒がれた。地元ボストンで行われたオールスターゲームに先発し、2イニングを投げて5三振を奪い、MVPに選出された。三振を喫したマーク・マグワイアを「あんな投球をされたら誰も打てやしない」と脱帽させた。オールスターで肩を痛めたが、8月19日から9月27日にかけてメジャー記録となる8試合連続2桁奪三振を記録。9月10日のニューヨーク・ヤンキース戦では17奪三振、被安打はチリ・デービスの本塁打1本のみで完投勝利を挙げた。23勝4敗・防御率2.07・313奪三振の圧倒的な成績で最多勝・最優秀防御率・最多奪三振を獲得して投手三冠を達成し、奪三振率13.2は当時のメジャー記録となった。チームは前年に続きワイルドカードを獲得。故障を押して登板し、インディアンズとのディビジョンシリーズでは第1戦に先発するも4回で降板。2勝2敗のタイで迎えた第5戦では4回からリリーフ登板して6イニングを無安打に抑えて勝利投手。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、7回を2安打12奪三振無失点で勝利投手となるが、チームはその1勝のみに終わり敗退した。オフに2度目のサイ・ヤング賞を満票で獲得し、MVPの最有力候補と言われた。投票では1位票を最多の8票獲得したが、239対252と13ポイント差でイバン・ロドリゲスに次ぐ2位に終わり、「投手にMVPの資格はないのか?」と論争になった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たクレイグ・ビジオ

    2015年にアメリカ野球殿堂入りの得票資格を得て有資格1年目で91.1%の得票率で殿堂入りを成し遂げた(同年に共に表彰されたのはランディ・ジョンソン(97.3%)、ジョン・スモルツ(82.9%)、クレイグ・ビジオ(82.7%))。これを記念し、同年6月22日にレッドソックスはマルティネスの背番号『45』を永久欠番に指定ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    は16勝9敗・217奪三振を記録したものの防御率3.90で8年ぶりの3点台と今ひとつだったが、チームは2年連続でワイルドカードを獲得する。アナハイム・エンゼルスとのディビジョンシリーズでは第2戦に先発し勝利投手。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦に先発するが6回3失点で敗戦投手となり、第5戦では勝敗付かず。3連敗からタイに戻した最終第7戦では7回からリリーフ登板するも2失点で降板。チームは史上初の3連敗からの4連勝で、18年ぶりのリーグ優勝を果たす。セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズでは第3戦に先発して7回無失点で勝利投手。チームは4連勝で86年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。オフにフリーエージェントとなった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たロサンゼルス・ドジャース

    ロサンゼルス・ドジャースのエースとして活躍したラモン・マルティネスは実兄。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

92件中 21 - 30件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード