92件中 61 - 70件表示
  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た完全試合

    6月3日のサンディエゴ・パドレス戦では9回までパーフェクトに抑えたが、打線の援護がなく0-0のまま延長戦に入り、10回の先頭打者に二塁打を打たれて完全試合を逃した。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た2003年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

    は4月12日のボルチモア・オリオールズ戦で自身ワーストの10失点。5月から約1ヶ月離脱するが、14勝4敗・防御率2.22・206奪三振の成績で2年連続の最優秀防御率を獲得し、チームはワイルドカードを獲得。オークランド・アスレチックスとのディビジョンシリーズでは第1戦で先発し勝敗付かず。第5戦では8回途中3失点で勝利投手となった。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、7回4失点で敗戦投手。この試合では自軍の打者に対する死球に激昂してマウンドに駆け寄ったヤンキースのベンチコーチで、当時72歳だったドン・ジマーの首に腕を絡めて地面に叩き落とした(ジマーは現役時代に死球により意識不明に陥った過去がある)。最終第7戦では8回表まで5-2とリードしていたが、その裏集中打を浴びて同点に追い付かれ降板。チームは延長の末サヨナラ負けを喫しリーグ優勝はならなかった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たピッチャー・オブ・ザ・マンス

    ピッチャー・オブ・ザ・マンス:8回(1997年8月、1999年4月・5月・6月・9月、2000年4月、2001年5月、2002年7月)ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た2004年のワールドシリーズ

    は16勝9敗・217奪三振を記録したものの防御率3.90で8年ぶりの3点台と今ひとつだったが、チームは2年連続でワイルドカードを獲得する。アナハイム・エンゼルスとのディビジョンシリーズでは第2戦に先発し勝利投手。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦に先発するが6回3失点で敗戦投手となり、第5戦では勝敗付かず。3連敗からタイに戻した最終第7戦では7回からリリーフ登板するも2失点で降板。チームは史上初の3連敗からの4連勝で、18年ぶりのリーグ優勝を果たす。セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズでは第3戦に先発して7回無失点で勝利投手。チームは4連勝で86年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。オフにフリーエージェントとなった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たアナハイム・エンゼルス

    は16勝9敗・217奪三振を記録したものの防御率3.90で8年ぶりの3点台と今ひとつだったが、チームは2年連続でワイルドカードを獲得する。アナハイム・エンゼルスとのディビジョンシリーズでは第2戦に先発し勝利投手。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦に先発するが6回3失点で敗戦投手となり、第5戦では勝敗付かず。3連敗からタイに戻した最終第7戦では7回からリリーフ登板するも2失点で降板。チームは史上初の3連敗からの4連勝で、18年ぶりのリーグ優勝を果たす。セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズでは第3戦に先発して7回無失点で勝利投手。チームは4連勝で86年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。オフにフリーエージェントとなった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック

    3月に第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のドミニカ共和国代表に選出された。第1戦のオランダ戦に3番手として登板し3回を4奪三振無失点と好投したが、チームは敗れた。第3戦のオランダ戦でも2番手として登板し、3回を2奪三振無失点と好投したが打線が振るわず逆転サヨナラ負けを喫し、チームは一次リーグ敗退となった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たスクリューボール

    松井秀喜やイチローによると「ペドロの凄さはキレの良いさまざまな変化球をコーナーにきちんと投げ分けられること」だという。高速で急激にブレーキがかかる彼のカーブはパワーカーブと呼ばれた。本人はこれをハードカーブと呼んでいるとインタビューで語った。握りはナックルカーブである。またサークルチェンジでも有名で、日本で言うところのスクリューボールのように鋭く変化し三振の山を築いた。ピンチになると球速が上がるなどの特徴を持つ。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たドミニカ共和国

    ペドロ・ハイメ・マルティネス(Pedro Jaime Martinez, 1971年10月25日 - )は、ドミニカ共和国サント・ドミンゴ州出身の元プロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。現在は、ボストン・レッドソックスの特別GM補佐を務めている。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た1999年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ

    は4月15日から5月18日にかけて7試合連続二桁奪三振を記録するなど前半戦で15勝を挙げ、30勝を達成するのではと騒がれた。地元ボストンで行われたオールスターゲームに先発し、2イニングを投げて5三振を奪い、MVPに選出された。三振を喫したマーク・マグワイアを「あんな投球をされたら誰も打てやしない」と脱帽させた。オールスターで肩を痛めたが、8月19日から9月27日にかけてメジャー記録となる8試合連続2桁奪三振を記録。9月10日のニューヨーク・ヤンキース戦では17奪三振、被安打はチリ・デービスの本塁打1本のみで完投勝利を挙げた。23勝4敗・防御率2.07・313奪三振の圧倒的な成績で最多勝・最優秀防御率・最多奪三振を獲得して投手三冠を達成し、奪三振率13.2は当時のメジャー記録となった。チームは前年に続きワイルドカードを獲得。故障を押して登板し、インディアンズとのディビジョンシリーズでは第1戦に先発するも4回で降板。2勝2敗のタイで迎えた第5戦では4回からリリーフ登板して6イニングを無安打に抑えて勝利投手。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、7回を2安打12奪三振無失点で勝利投手となるが、チームはその1勝のみに終わり敗退した。オフに2度目のサイ・ヤング賞を満票で獲得し、MVPの最有力候補と言われた。投票では1位票を最多の8票獲得したが、239対252と13ポイント差でイバン・ロドリゲスに次ぐ2位に終わり、「投手にMVPの資格はないのか?」と論争になった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たアメリカ野球殿堂

    現役時代はサイ・ヤング賞を3回受賞し、1999年にはレッドソックス史上初となるシーズン300奪三振を記録。引退後の2015年にアメリカ野球殿堂入り、背番号45はボストン・レッドソックスの永久欠番に制定。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

92件中 61 - 70件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード