92件中 81 - 90件表示
  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たカットボール

    サイドスローに近いスリークォーターから、全盛期には常時95mph前後、最速99mph(約159km/h)の伸びのある速球(フォーシーム、ツーシーム)、切れ味の鋭いカーブ、サークルチェンジ、カットボールを抜群のコントロールで操り、投手に必要な技術を網羅しているとされ、イチローをして「完璧な投手」と言わしめた。しかし、度重なる故障の後は速球のスピードは最速でも90mph序盤程度になった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た1998年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ

    は自身初の開幕投手を務め、開幕5連勝。いずれもリーグ2位の19勝(7敗)・防御率2.89・251奪三振を記録し、チームのワイルドカード獲得に貢献。クリーブランド・インディアンスとのディビジョンシリーズでは第1戦に先発し、7回3失点で勝利投手。チームはその後3連敗で敗退した。サイ・ヤング賞の投票では満票で受賞したロジャー・クレメンスに次ぐ2位に入った。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たサイドスロー

    サイドスローに近いスリークォーターから、全盛期には常時95mph前後、最速99mph(約159km/h)の伸びのある速球(フォーシーム、ツーシーム)、切れ味の鋭いカーブ、サークルチェンジ、カットボールを抜群のコントロールで操り、投手に必要な技術を網羅しているとされ、イチローをして「完璧な投手」と言わしめた。しかし、度重なる故障の後は速球のスピードは最速でも90mph序盤程度になった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た野球界の永久欠番

    2015年にアメリカ野球殿堂入りの得票資格を得て有資格1年目で91.1%の得票率で殿堂入りを成し遂げた(同年に共に表彰されたのはランディ・ジョンソン(97.3%)、ジョン・スモルツ(82.9%)、クレイグ・ビジオ(82.7%))。これを記念し、同年6月22日にレッドソックスはマルティネスの背番号『45』を永久欠番に指定ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た投球回

    通算投球回数2000回以上の投手が対象である、投球回数9回に対する通算の奪三振率が9.0以上の投手4人のうちの1人であり、投球回数9回に対する通算の奪三振率10.04は、ランディ・ジョンソンに次いでMLB史上2位である。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た1996年のMLBオールスターゲーム

    オールスターゲームに初めて選出され1イニングを投げた。8月29日の古巣ドジャース戦では兄ラモン・マルティネスと史上6人目の兄弟同士の先発登板で対戦。12奪三振で2失点完投するが、ラモンが8回を1失点に抑える好投で敗戦投手となった。13勝10敗・防御率3.70・222奪三振を記録し、初めて200の大台を上回った。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見たメジャーリーグベースボール

    各年度の太字はリーグ最高、はMLB記録ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た死球

    は4月12日のボルチモア・オリオールズ戦で自身ワーストの10失点。5月から約1ヶ月離脱するが、14勝4敗・防御率2.22・206奪三振の成績で2年連続の最優秀防御率を獲得し、チームはワイルドカードを獲得。オークランド・アスレチックスとのディビジョンシリーズでは第1戦で先発し勝敗付かず。第5戦では8回途中3失点で勝利投手となった。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、7回4失点で敗戦投手。この試合では自軍の打者に対する死球に激昂してマウンドに駆け寄ったヤンキースのベンチコーチで、当時72歳だったドン・ジマーの首に腕を絡めて地面に叩き落とした(ジマーは現役時代に死球により意識不明に陥った過去がある)。最終第7戦では8回表まで5-2とリードしていたが、その裏集中打を浴びて同点に追い付かれ降板。チームは延長の末サヨナラ負けを喫しリーグ優勝はならなかった。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た1994年から1995年のMLBストライキ

    からは先発に転向。4月13日のレッズ戦では7回までパーフェクトに抑えたものの、8回にレジー・サンダースに死球を与え、9回の先頭打者に安打を打たれて降板している。6月9日のニューヨーク・メッツ戦では被安打3でメジャー初完投・初完封を記録し、ドワイト・グッデンに投げ勝った。ストライキでシーズンが打ち切りとなったが、11勝5敗・防御率3.42を記録した。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・マルティネス

    ペドロ・マルティネスから見た野球の背番号

    現役時代はサイ・ヤング賞を3回受賞し、1999年にはレッドソックス史上初となるシーズン300奪三振を記録。引退後の2015年にアメリカ野球殿堂入り、背番号45はボストン・レッドソックスの永久欠番に制定。ペドロ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

92件中 81 - 90件表示

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード