前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1980件中 1 - 10件表示
  • 南米ボクシング連盟

    南米ボクシング連盟から見たペルーペルー

    アルゼンチン、ブラジル、ボリビア、チリ、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ウルグアイの8カ国。南米ボクシング連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 国教制度

    国教制度から見たペルーペルー

    ローマ・カトリック:アルゼンチン、ペルー、ボリビア、コスタリカなど(イタリア、スペインでは廃止)国教制度 フレッシュアイペディアより)

  • ティワナク

    ティワナクから見たペルーペルー

    この文化の起源は、紀元前にまでさかのぼるとされるがまだはっきりとはわかっていない。ティワナク独自の文化が形成されてくるのは、紀元前1-2世紀ころからであるが、その文化が広範囲に広がり始めるのは紀元後400年頃からである。その最盛期は、おおよそ750年-800年ころから1000年前後-1100年頃で、その頃になると、北はペルー領のチチカカ湖北岸や現在のモケグア県、南はチリのサン・ペドロ・デ・アタカマやアルゼンチン北部、東は現在のボリビアのコチャバンバ地方にまで影響が及んだとされている。これらの地方のいくつかにはティワナクの飛び地があったとされており、特にモケグアにはティワナク様式の土器やテラス状構造の基壇からなり方形の半地下式広場を持つ建造物が存在する。ティワナク フレッシュアイペディアより)

  • 先コロンブス期

    先コロンブス期から見たペルーペルー

    「先コロンブス期」という言葉は、メソアメリカのオルメカ、トルテカ、テオティワカン、サポテカ、ミシュテカ、アステカおよびマヤ、南アメリカはペルーのあるいはカラル、さらにアンデス地方のインカ、モチェ、およびといった偉大な先住民文明を論ずる文脈で使われている。またカホキアを生んだ北アメリカのミシシッピ文化にも適用される。カホキアはその最盛期である西暦1250年にはメキシコより北では最大の都市であり、その地位は1800年まで超えられることはなかった。先コロンブス期 フレッシュアイペディアより)

  • アンデス文明

    アンデス文明から見たペルーペルー

    アンデス文明(アンデスぶんめい)とは、1532年のスペイン人(白人)によるインカ帝国征服以前に、現在の南米大陸、ペルーを中心とする太平洋沿岸地帯およびペルーからボリビアへつながるアンデス中央高地に存在した文明。アンデス文明 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年

    2017年から見たペルーペルー

    3月18日 - 南米のペルーでは、断続的に続く大雨の影響で洪水が発生し、17日までに67人が死亡した。また、首都のリマ近郊では6万5000人の人々が帰宅困難な状態に陥った。2017年 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の地震

    2012年の地震から見たペルーペルー

    マグニチュード 6.3 ペルー沖 1月30日、震源の深さ39.2 km.2012年の地震 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オルメド

    アレックス・オルメドから見たペルーペルー

    アレックス・オルメド(Alex Olmedo, 1936年3月24日 - )は、ペルー・アレキパ出身の男子テニス選手。フルネームは Alejandro Olmedo Rodriguez (アレハンドロ・オルメド・ロドリゲス)という。同国が生んだ最大のテニス選手で、1959年の全豪選手権とウィンブルドン選手権で4大大会年間2冠を獲得した。彼はアステカ民族とスペイン人の混血の子孫であり、身長185cmほどのどっしりした体格とインカ風の顔立ちに生やした“帝王のような”あごひげから、南カリフォルニア大学在学中につけられた“Chief”(長)というニックネームで呼ばれた。オルメドのテニスは、攻撃的なボレーで攻める果敢なネット・プレーを最大の持ち味とした。アレックス・オルメド フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの歴史

    エクアドルの歴史から見たペルーペルー

    生業としては、一般的に魚骨や多量の貝殻、カニの殻のほか鹿骨なども確認されるほか、トウモロコシ、ヒョウタンに加えて、タチナタマメ、カンナなどの栽培がおこなわれていたことが植物遺存体やプラント・オパール分析で判明している。また装身具のなかにはペルーでも用いられていた貴重品であるスポンディルス貝(ウミギクガイ)で作られた首飾りや面などがみられ、かなり遠方との交易が行われていたことも示していた。エクアドルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ワリ

    ワリから見たペルーペルー

    ワリの都は、現在のペルー、アヤクーチョ県にあったといわれている。そのため、ワリ遺跡へは、アヤクーチョ市から観光ツアーも出ている。また、キヌア(Quinua)(村の名前)行きバスにのっても、遺跡の近くを通るため、行くことができる。近年、博物館も整備され、遺跡から出土した遺物を展示している。特にワリ文化の特徴である、杖を持って正面を向いた人物が描かれた大型の甕や、黒曜石製の石器類(ワリ以前の社会のものもある)が数多く展示されている。ワリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1980件中 1 - 10件表示

「ペルー」のニューストピックワード

  • おかいものSNOOPY

  • PEANUTS DINER(ピーナッツダイナー) 横浜

  • スヌーピー まるまるバンク (スヌーピー)