1980件中 11 - 20件表示
  • ジャガイモ

    ジャガイモから見たペルーペルー

    ジャガイモは南米アンデス中南部のペルー南部に位置するチチカカ湖畔が発祥とされる。もっとも初期に栽培化されたジャガイモは Solanum stenotomum と呼ばれる染色体数24本の二倍体のもので、その後四倍体の Solanum tuberosum が栽培化され、現在世界中で広く普及するに至ったとされている。ジャガイモ フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たペルーペルー

    その後15世紀後半に現ペルーのクスコを中心に発展したケチュア人の国家クスコ王国(1197年 - 1438年)は、タワンティンスーユ(インカ帝国、1438年 - 1533年)の皇帝トゥパック・インカ・ユパンキとワイナ・カパックによって征服され、北西部のアンデス山脈地域はタワンティンスーユに編入された。征服された地域はタワンティンスーユ内の四州の内の一州、コジャ・スウユ(、「南州」)の辺境の地となり、30万人ほどのケチュア人やアイマラ人が住むようになった。アルゼンチンにおけるコジャ・スウユの領域は北は現在のフフイ州から南はメンドーサ州、東はサンティアゴ・デル・エステロ州の北部にまで広がっていた。その一方でインカ帝国の権威が及ばなかったチャコやパンパやパタゴニアには、チャルーア人のような狩猟インディヘナが主に居住しており、パンパやチャコにもグアラニー人のような粗放な農耕を営むインディヘナがいたが、全般的にこの地域に住む人間の数は少なかった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・デ・ウジョーア

    アントニオ・デ・ウジョーアから見たペルーペルー

    アントニオ・デ・ウジョーア(Antonio de Ulloa、1716年1月2日 - 1795年7月3日)はスペインの軍人、探検家、天文学者、最初のルイジアナの行政長官である。1735年にペルーに渡り、1744年までそこにとどまり、1748年『南米諸王国紀行』を出版した。プラチナ鉱石についての記述があるのでプラチナの発見者とされる。アントニオ・デ・ウジョーア フレッシュアイペディアより)

  • リーシュマニア症

    リーシュマニア症から見たペルーペルー

    皮膚リーシュマニア症は皮膚を冒すもので、サシチョウバエに刺されたあと数週間から数か月後に皮膚に痛みを伴う潰瘍や結節が生じる。比較的軽症であり、自然に治癒して醜い瘢痕を残すだけの場合もある。L. major、L. tropica、L. aethiopicaなど旧世界の種が引き起こす東洋瘤腫(Oriental sore)が有名である。新世界においてはL. mexicana、L. amazonensis、L. venezuelensisなどが皮膚型の病変(チクレロ潰瘍)を示す。この皮膚型の病変は「ジェリコのボタン」などの名で知られている。皮膚型はアフガニスタン・ブラジル・イラン・ペルー・サウジアラビア・シリアなどでよく見られる。L. (Viannia) braziliensisなどは粘膜皮膚型(エスプンディア espundia)の症状を示し、刺された箇所から広がって鼻や口腔、喉頭の粘膜にまで転移し、進行すると顔の外観を損なうほどに悪化して時に致死的になる。粘膜皮膚型はボリビア・ブラジル・ペルーなどに多い。リーシュマニア症 フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たペルーペルー

    ブラジルのペレ、ロナウド、ロナウジーニョ、アルゼンチンのマラドーナ、アルフレッド・ディ・ステファノ、メッシ、ペルーのテオフィロ・クビジャス、ウルグアイのエンツォ・フランチェスコリ、パラグアイのアルセニオ・エリコ、コロンビアのカルロス・バルデラマ、チリのエリアス・フィゲロア、エクアドルのアレックス・アギナガなど、南米は数多くの国際的トップ・プレーヤーを生み出してきた。また、多くの選手が報酬と知名度を求めてヨーロッパのプロリーグでプレーしている。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの歴史

    ベネズエラの歴史から見たペルーペルー

    1819年8月のボヤカの戦いに勝利するとボゴタが解放され、ヌエバ・グラナダも最終的に解放されて、ボリーバルはコロンビア共和国の建国を正式に宣言し、コロンビアの首都も改名されたボゴタに定められた。こうしてボリーバルはヌエバ・グラナダを拠点に故国ベネスエラの解放を進め、1821年にでの勝利によりカラカスが解放されると、ベネスエラも最終的に解放され、両国は改めて正式にコロンビア共和国を形成した。1820年には解放されたグアヤキルが、1822年にはキトが併合され、このコロンビア共和国は現在のコロンビア、ベネスエラ、エクアドル、パナマの全て及びペルー、ガイアナ、ブラジルの一部を含む北部南米一帯を占める大国家となった。ベネズエラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大陸史

    アメリカ大陸史から見たペルーペルー

    移住後長く経ってから文明が形成された。幾つかの大規模で集権化した文明が西半球で発展した。それらはアンデス山脈中部(エクアドル、ペルー、ボリビア)のノルト・チーコ、チャビン、ナスカ、モチェ、ワリ、キタス、カナリス、チムー、パチャカマ、ティワナク、アイマラとインカ、コロンビアのムイスカ、ドミニカ共和国および西インド諸島の一部のオルメカ、トルテカ、ミシュテカ、サポテカ、(プレペチャ)、タイノ、北アメリカ大陸南部のアステカとマヤだった。アメリカ大陸史 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の気象・地象・天象

    2007年の気象・地象・天象から見たペルーペルー

    千島列島やソロモン諸島、ペルー沖、スマトラ島沖など、海溝型の大地震が続発した。また、イギリス(ケント地震(英語版))やノルウェー、アメリカ東部などの地震が少ない地域でM4?5程度の地震が相次ぎ、各地で話題となった。2007年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンの歴史

    アルゼンチンの歴史から見たペルーペルー

    1536年に建設されたブエン・アイレは食糧不足とインディオの襲撃のため短期間で放棄され、ラ・プラタ川の中心は植民団の生き残りによって1541年に建設された現パラグアイのアスンシオンに移った。1553年現存するアルゼンチン最古の都市、サンティアゴ・デル・エステロが建設され、1580年にブエノスアイレスも再建された後、スペイン人は大西洋側、ペルー側双方から各地に都市を築き、都市ではヨーロッパ的な生活が行われ、アフリカのアンゴラやコンゴからバントゥー系の黒人奴隷が家内奴隷として導入された。一方農村部ではスペイン人と先住民の通婚が進み、メスティーソ(混血者)が生まれた。アルゼンチンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ラテンアメリカ

    ラテンアメリカから見たペルーペルー

    文化的視点からは、アジア以外で初めて平等条約を締結したメキシコ修好通商条約100周年であった1988年を皮切りに、1997年のチリ修好通商条約100周年、メキシコ移民100周年、1998年のアルゼンチン修好通商条約100周年、1999年のペルー移民100周年など各国の記念行事が相次ぎ、それを契機に要人や文化人の相互訪問が活発となった。ラテンアメリカ フレッシュアイペディアより)

1980件中 11 - 20件表示

「ペルー」のニューストピックワード