1441件中 11 - 20件表示
  • 先コロンブス期

    先コロンブス期から見たペルーペルー

    「先コロンブス期」という言葉は、メソアメリカのオルメカ、トルテカ、テオティワカン、サポテカ、ミシュテカ、アステカおよびマヤ、南アメリカはペルーのノルテチーコあるいはカラル、さらにアンデス地方のインカ、モチェ、チブチャおよびカニャリといった偉大な先住民文明を論ずる文脈で使われている。またカホキアを生んだ北アメリカのミシシッピ文化にも適用される。カホキアはその最盛期である西暦1250年にはメキシコより北では最大の都市であり、その地位は1800年まで超えられることはなかった。先コロンブス期 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オルメド

    アレックス・オルメドから見たペルーペルー

    アレックス・オルメド(Alex Olmedo, 1936年3月24日 - )は、ペルー・アレキパ出身の男子テニス選手。フルネームは Alejandro Rodriguez Olmedo (アレハンドロ・ロドリゲス・オルメド)という。同国が生んだ最大のテニス選手で、1959年の全豪選手権とウィンブルドン選手権で4大大会年間2冠を獲得した。彼はアステカ民族とスペイン人の混血の子孫であり、身長185cmほどのどっしりした体格とインカ風の顔立ちに生やした“帝王のような”あごひげから、南カリフォルニア大学在学中につけられた“Chief”(長)というニックネームで呼ばれた。オルメドのテニスは、攻撃的なボレーで攻める果敢なネット・プレーを最大の持ち味とした。アレックス・オルメド フレッシュアイペディアより)

  • 計画都市

    計画都市から見たペルーペルー

    チャン・チャン(ペルー) - 遺跡地帯が1986年、世界文化遺産に登録された。計画都市 フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの歴史

    エクアドルの歴史から見たペルーペルー

    生業としては、一般的に魚骨や多量の貝殻、カニの殻のほか鹿骨なども確認されるほか、トウモロコシ、ヒョウタンに加えて、タチナタマメ、カンナなどの栽培がおこなわれていたことが植物遺存体やプラント・オパール分析で判明している。また装身具のなかにはペルーでも用いられていた貴重品であるスポンディルス貝(ウミギクガイ)で作られた首飾りや面などがみられ、かなり遠方との交易が行われていたことも示していた。エクアドルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ワリ

    ワリから見たペルーペルー

    ワリの都は、現在のペルー、アヤクーチョ県にあったといわれている。そのため、ワリ遺跡へは、アヤクーチョ市から観光ツアーも出ている。また、キヌア(Quinua)(村の名前)行きバスにのっても、遺跡の近くを通るため、行くことができる。近年、博物館も整備され、遺跡から出土した遺物を展示している。特にワリ文化の特徴である、杖を持って正面を向いた人物が描かれた大型の甕や、黒曜石製の石器類(ワリ以前の社会のものもある)が数多く展示されている。ワリ フレッシュアイペディアより)

  • ジャガイモ

    ジャガイモから見たペルーペルー

    ジャガイモはペルー南部に位置するチチカカ湖の畔が発祥とされる。もっとも初期に栽培化されたジャガイモはSolanum stenotomumと呼ばれる染色体数24本の二倍体のもので、その後四倍体のSolanum tuberosumが栽培化され、現在世界中で広く普及するに至ったとされている。ジャガイモ フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たペルーペルー

    その後15世紀後半に現ペルーのクスコを中心に発展したケチュア人の国家、タワンティンスーユ(インカ帝国)の皇帝トゥパック・インカ・ユパンキとワイナ・カパックの征服によって、北西部のアンデス山脈地域はタワンティンスーユに編入された。征服された地域はタワンティンスーユ内の四州の内の一州、コジャスーユの辺境の地となり、30万人ほどのケチュア人やアイマラ人が住むようになった。アルゼンチンにおけるコジャスーユの領域は北は現在のフフイ州から南はメンドーサ州、東はサンティアゴ・デル・エステロ州の北部にまで広がっていた。その一方でインカ帝国の権威が及ばなかったチャコやパンパやパタゴニアには、チャルーア人のような狩猟インディヘナが主に居住しており、パンパやチャコにもグアラニー人のような粗放な農耕を営むインディヘナがいたが、全般的にこの地域に住む人間の数は少なかった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • チェ・ゲバラ

    チェ・ゲバラから見たペルーペルー

    1953年 通常6年の課程を3年で終え、医師免許を取得。フアン・ペロン支配下で軍医になることを避け、カリーカことカルロス・フェレールとともにアルゼンチンを起つ(第二のラテンアメリカ放浪)。ボリビアで農地改革の現実を目撃。アルベンス社会主義政権下のグアテマラで出会ったペルー人社会主義者イルダ・ガデアの紹介で亡命キューバ人と知り合う。チェ・ゲバラ フレッシュアイペディアより)

  • アンデス文明

    アンデス文明から見たペルー共和国ペルー

    アンデス文明の中心は、およそ2ヶ所あるともいわれ、その2ヶ所に人口も集中していたといわれている。ひとつが、現在のペルー共和国、トルヒーヨ市周辺の北海岸地帯、もうひとつがペルー共和国南部からボリビア多民族国北部にあるティティカカ湖盆地一帯といわれている。しかしながら、文明の勃興期(形成期)には、中央海岸地帯にも盛んに大規模建造物が建てられたり、また、中期ホライズン(ワリ期:後述)やインカ帝国は、ティティカカ湖沿岸の文化と深い関係を持つものの、中央あるいは南部山間盆地から興っている。そのため、2つの中心という観点は、あくまでも仮説の段階にある。アンデス文明 フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たペルーペルー

    ブラジルのペレ、ロナウド、ロナウジーニョ、アルゼンチンのマラドーナ、アルフレッド・ディ・ステファノ、メッシ、ペルーのテオフィロ・クビジャス、ウルグアイのエンツォ・フランチェスコリ、パラグアイのアルセニオ・エリコ、コロンビアのカルロス・バルデラマ、チリのエリアス・フィゲロア、エクアドルのアレックス・アギナガなど、南米は数多くの国際的トップ・プレーヤーを生み出してきた。また、多くの選手が報酬と知名度を求めてヨーロッパのプロリーグでプレーしている。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

1441件中 11 - 20件表示

「ペルー」のニューストピックワード