1441件中 31 - 40件表示
  • ラテンアメリカ

    ラテンアメリカから見たペルーペルー

    文化的視点からは、アジア以外で初めて平等条約を締結したメキシコ修好通商条約100周年であった1988年を皮切りに、1997年のチリ修好通商条約100周年、メキシコ移民100周年、1998年のアルゼンチン修好通商条約100周年、1999年のペルー移民100周年など各国の記念行事が相次ぎ、それを契機に要人や文化人の相互訪問が活発となった。ラテンアメリカ フレッシュアイペディアより)

  • 日系人の強制収容

    日系人の強制収容から見たペルーペルー

    日系人の強制収容(にっけいじんのきょうせいしゅうよう, とは、第二次世界大戦時においてアメリカ合衆国やアメリカの影響下にあったペルーやブラジルなどのラテンアメリカ諸国の連合国、またカナダやオーストラリアなどのイギリス連邦において行われた日系人や日本人移民に対する強制収容所への収監政策である。1942年から1946年に亘って実施された。日系人の強制収容 フレッシュアイペディアより)

  • エルニーニョ・南方振動

    エルニーニョ・南方振動から見たペルーペルー

    エルニーニョ現象(スペイン語:El Niño)はスペイン語で「男の子」の意味である。「エルニーニョ(El Niño)」というのはもともと、南米のペルーとエクアドルの間に位置するグアヤキル湾やその近海の太平洋東部で、毎年12月頃に発生する海水温の上昇現象を指していた。これは南東貿易風の弱化に対応して現れる暖流(エルニーニョ海流)によって発生する。地元の漁業民の間では、この時期がちょうどクリスマスの頃であることから、スペイン語でイエス・キリストを指す(と同時に「男の子」を意味する)「エルニーニョ(El Niño)」と呼んだ。これが原義にあたる。そして数年に1度、この海水温の上昇現象が大規模に発生し、太平洋東部の広範囲に及んで、ペルーの大雨や南米西岸の大不漁、さらにオセアニア・アジア・北米にまで波及する天候の異常が報告されるようになり、海洋学者や気象学者の間ではこれを原義たる「エルニーニョ(El Niño)」から引用して「エルニーニョ現象(El Niño event)」と呼ぶようになった。厳密に言えば、両者は異なる別の現象である。ただし、原義がほとんど知られていないことから、便宜的に「エルニーニョ」が「エルニーニョ現象」の意味で用いられることが多い。エルニーニョ・南方振動 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年

    訃報 2009年から見たペルーペルー

    2月17日 - コンチータ・シントロン(Conchita Cintrón)、ペルー出身のポルトガルの女流闘牛士(* 1922年)訃報 2009年 フレッシュアイペディアより)

  • セビチェ

    セビチェから見たペルーペルー

    セビチェ(cevicheまたはcebiche:"i"にアクセント)とは、中南米で食べられる魚介類のマリネである。ペルーやメキシコなどの名物料理。セビチェ フレッシュアイペディアより)

  • 環太平洋戦略的経済連携協定

    環太平洋戦略的経済連携協定から見たペルーペルー

    TPPは、2005年6月3日にシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4か国間で調印し、2006年5月28日に発効した。2011年現在、アメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルーが加盟交渉国として、原加盟国との拡大交渉会合に加わっている。9か国による拡大交渉は、2011年11月12日に大枠合意に至り、2012年内の最終妥結を目指している。環太平洋戦略的経済連携協定 フレッシュアイペディアより)

  • アンデス共同体

    アンデス共同体から見たペルーペルー

    加盟国は、ボリビア、コロンビア、エクアドル、ペルーの4ヶ国。1996年まではアンデス貿易協定 (Pacto Andino)やアンデスグループ (Grupo Andino)と呼ばれることも多かった。アンデス共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 円形章

    円形章から見たペルーペルー

    ペルー 赤・白・赤 1 es:Escarapela_del_Perúも参照。円形章 フレッシュアイペディアより)

  • ボリビアの国道

    ボリビアの国道から見たペルーペルー

    ボリビア国道1号線は、総延長 1215kmで、ラパス県、オルロ県、ポトシ県、チュキサカ県、タリハ県を通り、ペルー国境のデスアグアデロ (Desaguadero) からアルゼンチン国境のベルメホ (Bermejo)を結ぶ。ボリビアの国道 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルセ・デ・レチェ

    ドゥルセ・デ・レチェから見たペルーペルー

    アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルを中心に、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、パナマ、コスタリカ、エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラ、メキシコ、ドミニカ共和国などで広く食されている。ドゥルセ・デ・レチェ フレッシュアイペディアより)

1441件中 31 - 40件表示

「ペルー」のニューストピックワード