1441件中 41 - 50件表示
  • 矛盾許容論理

    矛盾許容論理から見たペルーペルー

    矛盾許容論理は1910年ごろにはすでに存在していた(原始的な形ではアリストテレスまで遡る)。しかし、矛盾許容(Paraconsistent)という用語が使われるようになったのは 1976年であり、ペルー人哲学者 Francisco Miró Quesada が最初である。矛盾許容論理 フレッシュアイペディアより)

  • 小田部陽一

    小田部陽一から見たペルーペルー

    目賀田周一郎(駐大使、駐ペルー大使)小田部陽一 フレッシュアイペディアより)

  • フィオレラ・ボニセジ

    フィオレラ・ボニセジから見たペルーペルー

    フィオレラ・ボニセジ(Fiorella Bonicelli, 1951年12月21日 - )は、ウルグアイの元女子プロテニス選手。ペルーのリマに生まれる。全仏オープンで1975年の混合ダブルス部門、1976年の女子ダブルス部門に優勝し、当地のテニス選手として最初の4大大会優勝者になった選手である。WTAツアー大会では、シングルスの優勝はなかったが(準優勝2度)、ダブルスで1976年全仏オープンを含む2勝を挙げた。フィオレラ・ボニセジ フレッシュアイペディアより)

  • 山中誠

    山中誠から見たペルーペルー

    目賀田周一郎(駐大使、駐ペルー大使)山中誠 フレッシュアイペディアより)

  • インディヘニスモ

    インディヘニスモから見たペルーペルー

    インディヘニスモ()は、ペルー先住民(「インディオ」あるいは「インディヘナ」)の擁護と文化的、社会的復権を求める社会運動。19世紀から20世紀にかけてのペルーにおいて、思想や文学に大きな影響を与えたほか、ラテンアメリカの各地域に共通する思想として、メキシコやボリビアへも波及した。インディヘニスモ フレッシュアイペディアより)

  • ビルカバンバ

    ビルカバンバから見たペルーペルー

    ペルーに所在するビルカバンバ(英語等:Vilcabamba, Peru、スペイン語:Incas de Vilcabamba、ケチュア語:Willkapampa)は、一時期は首都でもあったインカ帝国最後の都市であり、現在のビルカバンバ遺跡のこと。ビルカバンバ フレッシュアイペディアより)

  • 岩陰遺跡

    岩陰遺跡から見たペルーペルー

    ただし、洞窟遺跡と異なるのは、岩陰遺跡は、洞窟の開口部の代わりに、もっぱら石器時代段階の岩陰に遺された居住の痕跡を指すのに対し、洞窟遺跡は、用途、時期を問わずに洞窟そのものを用いた遺跡全てを指す点である。アウストラロピテクス(猿人)段階からネアンデルタール人などの旧人段階までは、岩陰遺跡と洞窟遺跡の性格に大差はなかったが、後期旧石器時代のクロマニヨン人などの新人段階になると洞窟の深い部分にまで使用するようになり、フランスのラスコー洞窟やスペインのアルタミラ洞窟のように素晴らしい洞窟絵画が描かれるようになる。その一方では、相変わらず岩陰や洞窟の入り口に住み続ける者も多く、ペルーのトケパラ洞窟 (Toquepala cave) も構造的に浅いため、事実上岩陰遺跡であるが、壁面に狩猟を表現したすばらしい壁画で知られている。岩陰遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • NATURAL (漫画)

    NATURAL (漫画)から見たペルーペルー

    ペルーの貧困層の家庭に生まれた少年ミゲールは、9歳の時、ある事件をきっかけに日本人研究者の養子となり、東京に住むことになった。NATURAL (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • ハイラム・ビンガム

    ハイラム・ビンガムから見たペルーペルー

    ハイラム・ビンガム3世(Hiram Bingham III、1875年11月19日 - 1956年6月6日)は、アメリカの探検家、政治家。ペルーのマチュ・ピチュ遺跡の発見者。インディアナ・ジョーンズのモデルとされる。ハイラム・ビンガム フレッシュアイペディアより)

  • 天野芳太郎

    天野芳太郎から見たペルーペルー

    天野 芳太郎(あまの よしたろう、1898年(明治31年)7月2日 - 1982年(昭和57年)10月14日)は大正、昭和の日本の実業家、アンデス文明研究家。第二次世界大戦前にパナマに渡り、戦時中は日本に強制送還されるも、再びペルーに渡り事業を興した。アンデス文明のチャンカイ文化の調査研究でも知られ、天野が収集した文化遺産をもとにペルーのリマに博物館が開設されている。天野芳太郎 フレッシュアイペディアより)

1441件中 41 - 50件表示