1441件中 61 - 70件表示
  • マーズ (漫画)

    マーズ (漫画)から見たペルーペルー

    1体でアメリカ大陸を焦土と化すことができる能力を持つ。ガイアーに呼応しペルー、エジプト、オーストラリア、中国、チベット、バハマ諸島から目覚めた。シン以降の三神体は核爆弾を持つ。六神体はあくまでガイアーの補助的な存在であり、ガイアーの破壊は不可能だが、その強度は通常兵器をまったく寄せ付けず、核爆発でもその中心にいない限りは破壊できないほど強力である。ただし異星人の残した武器(光子砲や破壊光線)ではダメージを受ける。マーズ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 進ぬ!電波少年

    進ぬ!電波少年から見たペルーペルー

    随時伝言ゲームが実施され、成功するとほしいものを獲得できる。お題は「鈴木宗男」、「仲良し」(このときメンバーの対立が相次いだ)、「人妻温泉」(ディレクターの好きな番組)、「もうちょっと頑張れ、TBSのサバイバー」など。この企画では野崎恵(日本)の他に、ペルー、カンボジア、ケニアの3カ国の代表が脱出を果たした。進ぬ!電波少年 フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・デ・アルマグロ

    ディエゴ・デ・アルマグロから見たペルーペルー

    ディエゴ・デ・アルマグロ(Diego de Almagro、1479年 - 1538年7月8日)は、スペイン人のコンキスタドール(征服者)。別名「エル・アデランタード(El Adelantado、アデランタードとは征服地の統治権を持つ司令官)」または「エル・ビエホ(El Viejo、老人)」とも呼ばれた。フランシスコ・ピサロの仲間だったが後にライバルとなった。スペインによるペルー征服に参加して、ヨーロッパ人として最初にチリを発見したことで知られる。ディエゴ・デ・アルマグロ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たペルーペルー

    ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家である。南米大陸で最大の面積を誇り、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ(つまりチリとエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。国土面積は日本の約22.5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きい。首都はブラジリア。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ハラジロカマイルカ

    ハラジロカマイルカから見たペルーペルー

    大きさとしてはカマイルカ属の中ではやや小さめな種類であるが、棲んでいる海域によってかなり異なる。ペルー沖で見られた最大のものは、体長210cm、体重100kgである。背中は濃い灰色で、背びれは2色からなり、背びれの頭側は背中と同じ色であるが、尾側は明るい灰色である。口は短く、明るい灰色の筋状の模様を持つ。喉と腹は白い。背びれから尾にかけての背中には2本の白い筋状の模様がある。海上で観察する際にはミナミカマイルカと見間違えやすい。ハラジロカマイルカ フレッシュアイペディアより)

  • コハリイルカ

    コハリイルカから見たペルーペルー

    コハリイルカの生息域は南アメリカの、太平洋側はペルー北部から、フエゴ島を通って、大西洋側のブラジル南部にかけての沿岸である。コハリイルカ フレッシュアイペディアより)

  • ピグミーオウギハクジラ

    ピグミーオウギハクジラから見たペルーペルー

    ペルー沖など東太平洋の熱帯海域に棲息し、オウギハクジラ属の中では最も小型である。ピグミーオウギハクジラ フレッシュアイペディアより)

  • 4月3日

    4月3日から見たペルーペルー

    1899年 - 横浜港を2月18日に出港した日本人790人が佐倉丸でペルー・アンコン港(カヤオ港)に上陸(「ペルー日本友好の日」)。4月3日 フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マヌエル・バルガス

    フアン・マヌエル・バルガスから見たペルーペルー

    フアン・マヌエル・リスコ・バルガス(Juan Manuel Risco Vargas, 1983年10月5日 - )はペルーの同国代表サッカー選手。出身はペルー・リマ。ポジションはサイドバック及びサイドハーフ。セリエA・ジェノアCFC所属。フアン・マヌエル・バルガス フレッシュアイペディアより)

  • コンゴウインコ (種名)

    コンゴウインコ (種名)から見たペルーペルー

    アメリカ大陸のメキシコ最東端の一部からペルーとブラジルのアマゾン川流域にいたる湿潤な熱帯常緑樹林の500m以下の低地(かつては少なくとも1,000m以下)に生息する。ペット売買のための捕獲と居住地の破壊により広範囲にわたって絶滅に追いやられつつある。かつては北はタマウリパス州南部にまで分布していた。現在でもコイバ島で見ることができる。ホンジュラスの国鳥でもある。コンゴウインコ (種名) フレッシュアイペディアより)

1441件中 61 - 70件表示