1441件中 71 - 80件表示
  • コスタリカ

    コスタリカから見たペルーペルー

    1948年の内戦以降、ラテンアメリカから多くの政治亡命者や民主主義活動家の避難所となった。代表的な人物としては軍政に追われていたベネズエラのロムロ・ベタンクール(民主行動党の設立者)や、ペルーのアヤ・デ・ラ・トーレ(アメリカ人民革命同盟の創設者)が挙げられ、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナや、フィデル・カストロも一時コスタリカに滞在していた。コスタリカ フレッシュアイペディアより)

  • 共産主義

    共産主義から見たペルーペルー

    ペルーではホセ・カルロス・マリアテギがペルー共産党を結成したが、彼の理論はコミンテルンに受け入れられず独自路線を歩むことになった。彼は原住民の復権を唱えたインディヘニスモ運動を起こし、センデロ・ルミノソやトゥパク・アマル革命運動などのラテンアメリカ各地の左派運動に影響を与えることになる。共産主義 フレッシュアイペディアより)

  • マカ

    マカから見たペルーペルー

    マカ(Maca)は南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物。根は薬用ハーブとして使われる。別名 macamaca, maino, ayak chichira, ayak willku。マカ フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たペルーペルー

    1580年、アスンシオンからパラナ川を下って来た、フアン・デ・ガライ率いるヨーロッパ人植民団により、街はラ・トリニダー(La Trinidad)市として再建された。町は当初ラ・プラタ地域の皮革などを輸出する貿易港として賑わったが、16世紀、17世紀の大半をスペインの植民地政府は、ヨーロッパへの輸出品は全てペルーのリマを経由することを強制しつづけたので、市内の貿易業者の不満が高まり、イギリスやフランス、オランダとの密貿易が盛んになった。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • チリ

    チリから見たペルーペルー

    チリ共和国(チリきょうわこく、)、通称チリは、南アメリカ南部に位置する共和制国家である。東にアルゼンチン、北東にボリビア、北にペルーと隣接しており、西と南は太平洋に面している。首都はサンティアゴ・デ・チレ。チリ フレッシュアイペディアより)

  • ケチュア

    ケチュアから見たペルーペルー

    現在では、ボリビア、ペルー、エクアドル、チリ北部、コロンビア南部など、主に南米大陸各国で1300万人が使用している。ボリビアとペルーでは公用語の一つになっている。過去にはインカ帝国において公用語であった。ケチュア フレッシュアイペディアより)

  • ラン航空

    ラン航空から見たペルーペルー

    ラン航空はチリ最大の航空会社で、世界有数の航空連合であるワンワールドの一員である。本拠地はサンティアゴ・デ・チレの アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港 で、マイアミ国際空港及びペルーのリマ市にあるホルヘ・チャベス国際空港もハブ空港としている。ラン航空 フレッシュアイペディアより)

  • クロコクイナ

    クロコクイナから見たペルーペルー

    アメリカからメキシコにかけてと、ペルー、チリ、アルゼンチンに断続的に分布する。これらの周辺の国々でも稀に記録されることがある。クロコクイナ フレッシュアイペディアより)

  • インカ帝国

    インカ帝国から見たペルーペルー

    インカ帝国(インカていこく、スペイン語:Imperio Inca、正式名称:タワンティン・スウユ(Tawantin Suyu, Tahuantinsuyo))は、南アメリカのペルー、ボリビア(チチカカ湖周辺)、エクアドルを中心にケチュア族が作った国。前身となるクスコ王国は13世紀に成立し、1438年のパチャクテク即位による国家としての再編を経て、1533年にスペイン人のコンキスタドールに滅ぼされるまで続いた。最盛期には、80の民族と1,600万人の人口をかかえ、現在のチリ北部から中部、アルゼンチン北西部、コロンビア南部にまで広がっていた。首都はクスコ。インカ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 4月5日

    4月5日から見たペルーペルー

    1879年 - チリがペルー・ボリビアに宣戦布告、太平洋戦争が勃発する。4月5日 フレッシュアイペディアより)

1441件中 71 - 80件表示

「ペルー」のニューストピックワード