1980件中 71 - 80件表示
  • ピエール・ブーゲ

    ピエール・ブーゲから見たペルーペルー

    1735年、を調査するために、高緯度のラップランド(トルネ谷)と赤道付近のペルー(現在のエクアドル)の子午線弧長測量を科学アカデミーが実施した時、ブーゲはシャルル=マリー・ド・ラ・コンダミーヌらとペルー測量隊に加わった。その成果は1749年に "La figure de la terre: déterminée par les observations de messieurs" として発表された。ペルーでの測量時に山脈の質量の重力に及ぼす影響が計算より小さいことを見出した。この現象はブーゲー異常と呼ばれる。ピエール・ブーゲ フレッシュアイペディアより)

  • アイマラ語

    アイマラ語から見たペルーペルー

    アイマラ語は、アイマラ族が用いている言語。ボリビアとペルーの公用語の一つ。1984年にボリビアで、1985年にペルーで、それぞれ法律により公式のアイマラ語が制定されている。アイマラ語 フレッシュアイペディアより)

  • セラの家

    セラの家から見たペルーペルー

    セラの家(セラのいえ)はペルーのタクナにある。セラの家 フレッシュアイペディアより)

  • タクナ歴史博物館

    タクナ歴史博物館から見たペルーペルー

    タクナ歴史博物館(タクナれきしはくぶつかん)は、ペルーのタクナにある歴史博物館である。タクナ歴史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 円形章

    円形章から見たペルーペルー

    ペルー 赤・白・赤 1 es:Escarapela_del_Perúも参照。円形章 フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・アマリンゴ

    パブロ・アマリンゴから見たペルーペルー

    パブロ・セサール・アマリンゴ・シューニャ(Pablo César Amaringo Shuña 、1943年 - 2009年11月16日)は、ペルーの画家。ウカヤリ県出身。シャーマニズムの実践を経て絵を描くようになり、フォークアートを超えたアウトサイダーとして西洋のアートの世界に参入した。それは幻覚性のアヤワスカによる神話的ヴィジョンを元にしている。絵画の活動を通してアマゾンの自然環境やその霊的世界を訴え、国際的に環境運動の指導者として認知されている。パブロ・アマリンゴ フレッシュアイペディアより)

  • スカ・コリュ

    スカ・コリュから見たペルーペルー

    いつに始まり、いつ頃まで利用されていたかについては、論争中である。紀元前200年から紀元後200年ごろに栄えたプカラ期という説もあれば、紀元後400年ころから紀元後1200年ころのティワナク期という説もあるが、地域によっても異なることもあるため、論争中である。しかし、近年の調査で、ペルーでもボリビアでも、形成期と呼ばれる紀元前の時代にまでその利用はさかのぼることはほぼ確実となってきている。スカ・コリュ フレッシュアイペディアより)

  • ジョイス・マーカス

    ジョイス・マーカスから見たペルーペルー

    ジョイス・マーカス(Joyce Marcus、1948年-)は、アメリカ合衆国の考古学者。古代マヤ文明、サポテカ文明、およびペルーの研究で知られる。ジョイス・マーカス フレッシュアイペディアより)

  • ビルカバンバ

    ビルカバンバから見たペルーペルー

    ペルーに所在するビルカバンバ(、ケチュア語等:Willkapampa)は、一時期は首都でもあったインカ帝国最後の都市であり、現在のビルカバンバ遺跡のこと。ビルカバンバ フレッシュアイペディアより)

  • ペルーの国章

    ペルーの国章から見たペルーペルー

    ペルーの国章(ペルーのこくしょう)とは1825年2月25日に制定されたペルーの徽章のこと。ペルーの国章 フレッシュアイペディアより)

1980件中 71 - 80件表示

「ペルー」のニューストピックワード

  • おかいものSNOOPY

  • PEANUTS DINER(ピーナッツダイナー) 横浜

  • スヌーピー まるまるバンク (スヌーピー)