1441件中 81 - 90件表示
  • 太平洋

    太平洋から見たペルーペルー

    北極のベーリング海から南極海の北端である南緯60度(古い定義では南極大陸のロス海までだった)まで、およそ1万5500キロメートルある。太平洋は北緯5度ぐらい、つまりおおよそインドネシアからコロンビアとペルーの海岸線までの辺りで東西方向の幅が一番大きいおよそ1万9800キロメートルになる。これは地球の半周とほぼ同じ長さで、地球の衛星である月の直径の5倍以上の長さである。また、現在分かっているうちで地球上で一番深いところであるマリアナ海溝は太平洋にあり、その深さは海面下1万911メートルである。太平洋の平均深度は4028メートルから4188メートルである。太平洋 フレッシュアイペディアより)

  • 7月28日

    7月28日から見たペルーペルー

    1821年 - ホセ・デ・サン=マルティンがペルーのスペインからの独立を宣言。(ペルーの独立記念日)7月28日 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たペルーペルー

    コロンビア共和国(コロンビアきょうわこく)、通称コロンビアは、南アメリカ北西部に位置する共和制国家である。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマと国境を接しており、北はカリブ海、西は太平洋に面している。首都はボゴタ。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • 銅

    から見たペルーペルー

    1967年、石油における石油輸出国機構 (OPEC)と類似した役目を担うことを目的としてチリ、ペルー、ザイール、ザンビアによって銅輸出国政府間協議会が設立された。しかしながら、当時世界2位の銅生産国であるアメリカがメンバーに加わらなかったためOPECのような影響力を持つことができずに1988年に解散した。 フレッシュアイペディアより)

  • YS-11

    YS-11から見たペルーペルー

    1967年(昭和42年)は1月25日から3月15日にかけて南アメリカのペルー・アルゼンチン・チリ・ブラジルをデモ、10月11日と12日にベネズエラ、12月2日から12日にカナダ、1968年(昭和43年)8月27日から10月28日にかけてはイギリス・西ドイツ・スウェーデン・イタリア・ユーゴスラビア・ギリシャ・サウジアラビア・パキスタン・ネパール・ビルマ・タイ・マレーシアを精力的に回ったが、アジアの多くの途上国では購入予算が無いため受注をほとんど得ることはできなかった。その後ブラジルやアルゼンチン、ペルーでまとまった数の受注を獲得した。しかし、ヨーロッパでは競合機が多いため、ギリシャのみの受注となった。YS-11 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ピサロ

    フランシスコ・ピサロから見たペルーペルー

    フランシスコ・ピサロ(Francisco Pizarro、1470年頃 - 1541年6月26日)は、スペイン人のコンキスタドール。ペルーのインカ帝国を征服した。カスティーリャ王国エストレマドゥーラのトルヒージョの生まれで、父はゴンサロ・ピサロ、母はフランシスカ・モラレス。父は軍人で小貴族、母は召使であったといわれる。教育されず、文字も知らないままで育った。フランシスコ・ピサロ フレッシュアイペディアより)

  • バナナ

    バナナから見たペルーペルー

    料理用バナナも東アフリカや中央アフリカでは主食とされる重要な作物であり、世界のバナナ生産量のほぼ4分の1を占める。生産量としてはウガンダが飛びぬけて多く、2009年には951万トンと料理用バナナ生産量の4分の1を占める。ついでガーナ(356万トン)、コロンビア(301万トン)、ルワンダ、ナイジェリア、カメルーン、ペルー、コートジボワール、コンゴ民主共和国の順となり、以上の国家が100万トン以上を生産する。料理用と生食用をあわせて考えた場合、ウガンダのバナナ生産量はフィリピンを抜いて世界第2位となる。バナナ フレッシュアイペディアより)

  • 歴史地震

    歴史地震から見たペルーペルー

    1700年のカスケード地震は当時の北米大陸における地震記録は現存していないが、『田辺町大帳』、『大槌記録抄』など日本各地における遠地津波の記録が存在し、地震の発生した凡その日時やマグニチュード Mw 8.7 - 9.2 が推定されている。その他、チリやペルーにおける地震津波も日本に襲来した記録があり、その規模からこれらの凡そのマグニチュードの推定が可能である。歴史地震 フレッシュアイペディアより)

  • アマゾン川

    アマゾン川から見たペルーペルー

    アマゾン川の上流部分はアンデス山脈の奥深く入り込んでいる。ナショナルジオグラフィック協会1などによる調査では、ペルー南部のボリビアやチリ国境近くにあるミスミ山 (Nevado Mismi, 5597 m) が最も遠い水源と考えられ、ここから河口のマカパまでは 6,400 km の長さになる。主要な支流全体の長さは延べ 50,000 km にもなり、赤道を一周した長さよりも長い。アマゾン川 フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリコ

    プエルトリコから見たペルーペルー

    プエルト・リコでは19世紀に入るまで小農民による自給自足的な経済が営まれ、スペインによる植民地支配も相対的に緩やかなものだったが、こうして流入した難民によって1833年には人口33万人を数えた。スペイン政府によってキューバと同様に、奴隷解放によって砂糖供給から没落したサン=ドマングに代わるためのサトウキビのプランテーションが奨励されたが、キューバに比べて資本集積の度合いが低かったために効率的なプランテーション形成が進まず、結果として国際競争力を確保できなかったため、キューバやペルーやブラジルの砂糖に押されて砂糖生産は停滞し、代わりに島中央部の山間部で小農によって行われたコーヒーが主要輸出商品となった。このため、キューバやブラジルと同様に黒人奴隷制度は維持されたものの、プエルト・リコでは砂糖プランテーションが発達しなかったために黒人奴隷の大規模な導入には繋がらなかった。プエルトリコ フレッシュアイペディアより)

1441件中 81 - 90件表示