1980件中 81 - 90件表示
  • 小田部陽一

    小田部陽一から見たペルーペルー

    石田仁宏(08年駐アルゼンチン大使・05年駐ペルー大使・72年語学研修員採用、74年外務省公務員採用上級試験に合格して再入省)小田部陽一 フレッシュアイペディアより)

  • 中根猛

    中根猛から見たペルーペルー

    石田仁宏(08年駐アルゼンチン大使・05年駐ペルー大使・72年語学研修員採用、74年外務省公務員採用上級試験に合格して再入省)中根猛 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋二雄

    高橋二雄から見たペルーペルー

    石田仁宏(08年駐アルゼンチン大使・05年駐ペルー大使・72年語学研修員採用、74年外務省公務員採用上級試験に合格して再入省)高橋二雄 フレッシュアイペディアより)

  • 有機質肥料

    有機質肥料から見たペルーペルー

    窒素質グアノ : 比較的多量の窒素分を含有するグアノ。登録有効期間3年の普通肥料に分類される。窒素質グアノは、雨量が少ない高温多照の乾燥地帯(ペルー、チリ、アルゼンチンなど)、土壌の窒素が流亡しない条件で生じる。有機質肥料 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学総合研究博物館

    東京大学総合研究博物館から見たペルーペルー

    文化人類部門 - 1958年以来東京大学が進めてきたアンデス地帯学術調査団によってもたらされた石器、土器、織物等の考古資料が収蔵品の中心である。東大の調査団は、1960年から行われたペルー北部の発掘調査で、それまで知られていたチャビン文化(紀元前800年頃)をさらにさかのぼるコトシュ遺跡の神殿を発見し、古代アンデス文明の形成過程の解明に大きく寄与した。東京大学総合研究博物館 フレッシュアイペディアより)

  • アルマカミニイト

    アルマカミニイトから見たペルーペルー

    「アルマカミニイト」という名前の由来は、エリックの出身地であるペルーで使われているスペイン語で魂(Alma)・小道(caminito)という2つの単語を組み合わせた造語。アルマカミニイト フレッシュアイペディアより)

  • パリアカカ

    パリアカカから見たペルーペルー

    パリアカカ(パリカカ、パリア・カカとも。綴りはPariacaca, Paryaqaqa, Pariya Qaqa, Pariakakaなど)は、インカ神話のうちペルー中部高地のワロチリ地方に伝わる神話に登場する神(あるいはアプ)である。パリアカカ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・デ・アルマグロ

    ディエゴ・デ・アルマグロから見たペルーペルー

    ディエゴ・デ・アルマグロ(Diego de Almagro、1479年 - 1538年7月8日)は、スペイン人のコンキスタドール(征服者)。別名「エル・アデランタード(El Adelantado、アデランタードとは征服地の統治権を持つ司令官)」または「エル・ビエホ(El Viejo、老人)」とも呼ばれた。フランシスコ・ピサロの仲間だったが後にライバルとなった。スペインによるペルー征服に参加して、ヨーロッパ人として最初にチリを発見したことで知られる。ディエゴ・デ・アルマグロ フレッシュアイペディアより)

  • ボリビアの国道

    ボリビアの国道から見たペルーペルー

    ボリビア国道1号線は、総延長 1215kmで、ラパス県、オルロ県、ポトシ県、チュキサカ県、タリハ県を通り、ペルー国境のデスアグアデロ (Desaguadero) からアルゼンチン国境のベルメホ (Bermejo)を結ぶ。ボリビアの国道 フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たペルーペルー

    1580年、アスンシオンからパラナ川を下って来た、率いるヨーロッパ人植民団により、街はラ・トリニダー (La Trinidad) 市として再建された。町は当初ラ・プラタ地域の皮革などを輸出する貿易港として賑わったが、16世紀、17世紀の大半をスペインの植民地政府は、ヨーロッパへの輸出品は全てペルーのリマを経由することを強制しつづけたので、市内の貿易業者の不満が高まり、イギリスやフランス、オランダとの密貿易が盛んになった。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

1980件中 81 - 90件表示

「ペルー」のニューストピックワード

  • おかいものSNOOPY

  • PEANUTS DINER(ピーナッツダイナー) 横浜

  • スヌーピー まるまるバンク (スヌーピー)