ペレ ニュース&Wiki etc.

ペレ(Pelé)こと、エドソン・アランチス・ドゥ・ナシメント(Edson Arantes do Nascimento, 1940年10月23日 - )は、ブラジルの元サッカー選手。アフリカ系ブラジル人。 (出典:Wikipedia)

「ペレ」Q&A

  • Q&A

    アイドルをサッカー選手で例えるとこんな感じですか? (イラン) アシジ=坂元葉月 ダ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月28日 16:05

  • Q&A

    三浦知良さんは、昔キングカズヨシと呼ばれていたそうですが、どれくらいキングだったので…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年11月20日 22:01

  • Q&A

    若かりしペレやジーコを現代に連れてきて現代流のトレーニングをほどこせば、J1で年間5…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月19日 20:48

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ペレ」のつながり調べ

  • サッカー日本代表

    サッカー日本代表から見たペレ

    プロ化される以前の日本代表選手は、JFAが日本代表海外遠征費を捻出できず、旅行代理店に手形で支払うこともあったほど長期に渡り財政難だったこともあり、JFAから給料や手当を長期に渡って受け取っていなかった。1969年のメキシコW杯アジア・オセアニア予選終了後、日本代表選手たちがJFAから何の手当ても受け取っていない事実を知ったデットマール・クラマーコーチが、「私は君たちに厳しい要求をし過ぎたようだ」と謝罪したエピソードがある。また、1972年5月、ペレが所属するブラジルのサントスFCが来日し、日本代表と対戦した。前売り券は4日で売り切れ、国立競技場はほぼ満員(有料入場者数5万3516人)となった。この為、当時日本代表だったジョージ小林が、日本代表合宿中に長沼健監督に入場料収入の一部をボーナスとして受け取れないかと要求したが、当時のJFAは依然として財政難だった為、断られた。その後、JFAの財政基盤確立への様々な取り組みの結果、1976年ペレの引退試合以降、JFAの財政は好転し一度も赤字にならずに済むようになった。森孝慈が日本代表監督に就任すると、JFAと日本代表選手の手当てなどについて交渉して、1982年から1日3千円の手当てがつくようになり、翌1983年からは出場した場合あるいは勝利した場合にボーナスがつくようになった。同時に宿泊施設についても改善された。1993年のJリーグ誕生後には日当と勝利給が支給されるようになったが、出場給は存在しなかった。(サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • ファンタジスタ

    ファンタジスタから見たペレ

    古くはW杯スイス大会で活躍したフェレンツ・プスカシュは大会で10番を付け、4年後のW杯スウェーデン大会でペレも大会で10番を背負っていた。その他にもジーコ、マラドーナ、バッジョ、ジダン、リバウドがかつて背負っていた(ただし、9番を背負ったアルフレッド・ディ・ステファノや5番を背負ったフランツ・ベッケンバウアーの様な一部の例外も存在する)。歴代のファンタジスタによって10番のイメージが確立され、今日の様な「10番=ファンタジスタ」という代名詞となった。(ファンタジスタ フレッシュアイペディアより)

「ペレ」のニューストピックワード