前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示
  • アルフレッド・ディ・ステファノ

    アルフレッド・ディ・ステファノから見たペレペレ

    バロンドールを2度受賞したほか、1989年に歴代最優秀選手としてスーパー・バロンドールに選出された。1998年には、盟友フェレンツ・プスカシュらと共にFIFAから偉大なサッカー選手10人に選ばれ、さらにディ・ステファノはそのトップに輝いた。ワールドサッカー誌選出の「20世紀の偉大なサッカー選手100人」やペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人にも選出され、2003年にはスペイン人としてUEFAジュビリーアウォーズを受賞した。また、2008年から始まったUEFA会長賞の初代受賞者でもある。アルフレッド・ディ・ステファノ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たペレペレ

    ペレ、ヨハン・クライフ、フランツ・ベッケンバウアー、アルフレッド・ディ・ステファノ、ジーコなどと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手である。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ピースカップ (サッカー)

    ピースカップ (サッカー)から見たペレペレ

    組み分け抽選会にはペレ夫妻が招待され、セレモニーでペレ夫人が唄を披露。その後、ペレ夫妻は当初の滞在予定を大幅に繰り上げ、ほとんどの試合を見る事なく早々に帰国。ピースカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • エウゼビオ

    エウゼビオから見たペレペレ

    黒豹(The Black Panther)または黒い真珠(The Black Pearl)の愛称で呼ばれた1960年代から1970年代を代表するフォワード。同時代にプレーしたペレとも並び称された選手で、現役通算727試合に出場し715得点を記録した。ポルトガル代表通算64試合41得点。2005年にペドロ・パウレタに抜かれるまで代表最多得点記録だった。また、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)には20世紀で最も偉大な選手の9位に選ばれるなど、アフリカ大陸出身の最も偉大なサッカー選手とされている。エウゼビオ フレッシュアイペディアより)

  • テオフィロ・クビジャス

    テオフィロ・クビジャスから見たペレペレ

    国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)の投票によってペルー史上最高の選手に選出されており、またIFFHSは世界トップ50にクビジャスを含めている。1972年には南米年間最優秀選手賞を受賞した。2004年には、ペレによってペルー人選手で唯一FIFA 100に選出された。2008年2月、ブラジルのFIFAワールドカップ初優勝からの50周年を記念して選考された「過去50年の南米ベストイレブン」に選出された。テオフィロ・クビジャス フレッシュアイペディアより)

  • ニイ・ランプティ

    ニイ・ランプティから見たペレペレ

    当時のベルギーリーグの年齢制限規則により公式戦への出場はならなかった。しかし、翌1991年にU-17ガーナ代表の一員としてFIFA U-17世界選手権で優勝し、大会MVPを獲得。次代のペレとして脚光を浴びた事で状況は一変。この活躍を受け、アンデルレヒトはリーグが規定する年齢制限規則を無理矢理変更させてまで彼を試合に起用しようと考え、その結果16歳でベルギーリーグデビューを果たし、当時の最年少選手となった。ニイ・ランプティ フレッシュアイペディアより)

  • クロドアウド・タバレス・デ・サンターナ

    クロドアウド・タバレス・デ・サンターナから見たペレペレ

    サントスFCでデビューを飾ると、すぐにレギュラーを獲得し、以来ペレやカルロス・アウベルトらと共に、13年に渡り在籍した。カンピオナート・パウリスタを3連覇するなど、多くのタイトルを獲得した。サントスでは、クラブ7位の510試合に出場した。その後、ナシオナルで現役を引退した。クロドアウド・タバレス・デ・サンターナ フレッシュアイペディアより)

  • トスタン

    トスタンから見たペレペレ

    ペレなどとともに、ニックネームで呼ばれるようになった最初のブラジル人サッカー選手の1人。「Tostão」は「小さな硬貨」を意味する。トスタン フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジョ・キナーリャ

    ジョルジョ・キナーリャから見たペレペレ

    イタリアのトスカーナ州に生まれたが、やがてイギリスのウェールズに移り住み、カーディフのスウォンジー・シティAFCから1964年にデビューした。1966年にイタリアのUSマッセーゼ1919に移籍し、インテルナポリ・カマルドーリSSDを経て、1969年にSSラツィオに移籍した。1972年にはイタリア代表デビューし、1974 FIFAワールドカップでは2試合に出場した。1976年にはアメリカに渡って北米サッカーリーグ(NASL)のニューヨーク・コスモスと契約し、ペレやフランツ・ベッケンバウアーなどの著名選手とチームメイトになった。リーグ最優秀選手賞に1度、リーグ得点王に5度輝いたほか、4度のリーグ制覇を果たし、1983年に現役引退した。NASLでは計243得点を挙げており、これはリーグ歴代最多得点記録である。2000年にはアメリカサッカー殿堂に選出され、また、ラツィオがクラブ創設100周年を記念して選んだ歴代最優秀選手に選出された。ジョルジョ・キナーリャ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ小林

    ジョージ小林から見たペレペレ

    ヤンマーではしばらくストッパーとして起用されていたが、1974年に再び守備的ミッドフィールダーにコンバートされた。ポジションが一列上がり、気心のしれた吉村ともプレーポジションが近づいたことで、よりその才能を発揮できるようになった。1974年と1975年にヤンマーがJSLを連覇した際には、彼自身も2年連続でアシスト王とベストイレブンに輝いた。1976年にはJSL選抜の一員として、ペレを擁するニューヨーク・コスモスと対戦した。試合後にペレは目立った選手として「小林、ジャイロ、釜本」の3人の名を挙げた。ジョージ小林 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示

「ペレ」のニューストピックワード