229件中 91 - 100件表示
  • オマール・シボリ

    オマール・シボリから見たペレペレ

    イタリア国籍を取得し(当時は複数の国の代表でプレーが可能)イタリア代表として1962年チリワールドカップにも出場した経験がある。また、監督としてもアルゼンチンのクラブの指揮を執ったほか、1972年からはアルゼンチン代表の監督も務めた。アルゼンチン代表では、初めてウバルド・フィジョールを代表に招集した。その後フィジョールはアルゼンチンを代表するゴールキーパーとなった。2004年には、ペレが選んだ偉大なサッカー選手100人に選ばれた。オマール・シボリ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンニ・リベラ

    ジャンニ・リベラから見たペレペレ

    2004年にペレが選んだ「偉大なサッカー選手100人」(FIFA 100)の一人に選出された。ジャンニ・リベラ フレッシュアイペディアより)

  • ジュスト・フォンテーヌ

    ジュスト・フォンテーヌから見たペレペレ

    当時フランスの保護国だったモロッコのマラケシュでスペイン人の母を持つ7人兄弟の1人として育つ。1958年に開催された第6回ワールドカップ・スウェーデン大会で6試合に出場したが、当初はスタメンではなく控え選手に過ぎなかった。ところが急遽スタメン入りするや6試合全てにゴールを決めるという八面六臂の大活躍を見せ、2度のハットトリックを含む13得点を挙げて得点王となる。これほどの彼の活躍にもかかわらず、フランスは準決勝でペレを擁するブラジルに2-5で敗れ去り、優勝は出来なかった。しかし、3位決定戦では前回優勝国の西ドイツに彼の4得点を含む6-3のダブルスコアで勝利を収め、3位の座を確保した。ジュスト・フォンテーヌ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ケンペス

    マリオ・ケンペスから見たペレペレ

    1999年にはワールドサッカー誌によって20世紀の偉大なサッカー選手100人の73位に選出された。2004年3月にはペレによってFIFA 100に選出された。現在はスペインのESPN Deportesでサッカー解説者やコメンテーターとして活動している。テレビゲームのFIFA 13・南米版ではフェルナンド・パローモやシーロ・プロクーナとともに推薦文を書いている。マリオ・ケンペス フレッシュアイペディアより)

  • クロード・マケレレ

    クロード・マケレレから見たペレペレ

    1973年にザイールにて生まれ、1977年にフランスのサヴィニー=ル=タンプルへと移る。本人へのインタビューによれば、子供の頃の憧れの選手は、元ブラジル代表のペレ。15歳の頃に、ムランのクラブであるUSムランに加入し、リリアン・テュラムらとともにプレーした。クロード・マケレレ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・アネルカ

    ニコラ・アネルカから見たペレペレ

    1996年にフランスリーグ・アンのパリ・サンジェルマンで選手生活をスタート。育成段階から指導者の評価は高く、同じFWで2歳年上のティエリ・アンリやダヴィド・トレゼゲよりも将来を期待されていた。その後、18歳ながら50万ポンドという異例の高額で1997年にFAプレミアリーグ・アーセナルへ移籍し、得点を着実に重ねて評価を上げた。ペレはこの頃の彼を評し、「ストライカーに必要なものを全て兼ね備えている」とベタ褒めした。1999年にスペインのレアル・マドリードに移籍するも、怪我もあり不振が続いたことがあり高い評価を得られなかった。UEFAチャンピオンズリーグでは予選で2度大敗した天敵バイエルンに準決勝で2得点を奪い、勝利に貢献するという活躍もあったが結局退団。それからパリ・サンジェルマン、リヴァプール、マンチェスター・シティと移籍を繰り返し、フランス代表からは遠ざかっていた。常々フランス代表のメンバーに名を列ねているが、過去3度のW杯の代表選考では最後の方で毎回落選している。唯一EURO2000の時だけメンバーに選ばれ、優勝を経験。ニコラ・アネルカ フレッシュアイペディアより)

  • エミリオ・ブトラゲーニョ

    エミリオ・ブトラゲーニョから見たペレペレ

    「エル・ブイトレ」(ハゲワシ)のあだ名を持ち、当時のスペイン代表、レアル・マドリードを代表する選手の一人。1980年代後半のキンタ・デル・ブイトレと呼ばれたレアル・マドリードの中心人物であり、2004年にはFIFAとペレが選ぶ「偉大なサッカー選手100人」であるFIFA100にも選ばれた。エミリオ・ブトラゲーニョ フレッシュアイペディアより)

  • サンドロ・マッツォーラ

    サンドロ・マッツォーラから見たペレペレ

    1966年W杯では北朝鮮代表に敗れるという不覚を取るが、プレイメーカーとして起用された1968年欧州選手権では優勝に貢献。これ以降、イタリア代表でのサンドロはプレイメーカーとして定着。1970年W杯では決勝に進出するも、ペレ擁するブラジルに敗れ、準優勝に終わった。サンドロ・マッツォーラ フレッシュアイペディアより)

  • マリユス・トレゾール

    マリユス・トレゾールから見たペレペレ

    マリユス・トレゾール(Marius Trésor、1950年1月15日 - )は、フランスの海外県グアドループ・サンタンヌ出身のサッカー選手である。ポジションはディフェンダー(センターバック、リベロ)。2004年3月にペレによるFIFA 100に選出された。マリユス・トレゾール フレッシュアイペディアより)

  • タルチシオ・ブルニチ

    タルチシオ・ブルニチから見たペレペレ

    イタリア代表としても10年以上に亘って活躍、1968年にはイタリア代表で唯一となるUEFA欧州選手権優勝に貢献した。FIFAワールドカップにも3度出場し、1970年大会ではブラジル代表に敗れるも準優勝となった。決勝で対戦したペレは、「試合前、"彼も他の人と同じく皮と骨でできている"と自分に言い聞かせたが、それは間違いだった(I told myself before the game, he's made of skin and bones just like everyone else. But I was wrong.)」と語った。タルチシオ・ブルニチ フレッシュアイペディアより)

229件中 91 - 100件表示

「ペレ」のニューストピックワード