229件中 101 - 110件表示
  • ヤン・クーレマンス

    ヤン・クーレマンスから見たペレペレ

    クラブでは選手生活の大半をクラブ・ブルッヘで過ごし、13年間在籍した。国際舞台での活躍により、イタリアのACミランから高額のオファーを掲示されたが、これを固辞しベルギー国民から支持をされる事になった。また2004年3月にペレが選ぶ偉大な選手125人(FIFA100)の一人に選出された。ヤン・クーレマンス フレッシュアイペディアより)

  • フランキー・ヴァン・デル・エルスト

    フランキー・ヴァン・デル・エルストから見たペレペレ

    また2004年3月にペレが選ぶ偉大な選手125人 (FIFA100) の1人に選出された。フランキー・ヴァン・デル・エルスト フレッシュアイペディアより)

  • エドソン・バドル

    エドソン・バドルから見たペレペレ

    ジャマイカ出身のプロサッカー選手ウィンストン(Winston)を父に持ち、ペレの本名であるエドソン・アランチス・ドゥ・ナシメントにちなんでエドソンと名付けられてニューヨーク州ニューロシェルに生まれたバドルは、1999年からステートフェアコミュニティ大学のステートフェア・ロードランナーズ(State Fair Roadrunners)に1年在籍してNJCAAディヴィジョンIサッカーチャンピオンシップに出場。2000年にはAリーグのロングアイランド・ラフライダーズ(en)と契約してプロキャリアを始め、11得点4アシストでチームの北東部地区優勝に貢献し、新人賞の最終候補に選出された。エドソン・バドル フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ヴィエリ

    クリスティアン・ヴィエリから見たペレペレ

    国際サッカー連盟 (FIFA) の創設100周年を記念してペレが選んだFIFA 100の存命125選手の一人。1999年のチーム移籍時に、インテルがラツィオに支払った3,200万ポンドの移籍金は当時史上最高額であり、その後、この記録は数回しか破られていない。クリスティアン・ヴィエリ フレッシュアイペディアより)

  • ヴワディスワフ・ジュムダ

    ヴワディスワフ・ジュムダから見たペレペレ

    ポーランド代表として国際Aマッチ91試合に出場した。また4度のワールドカップ(1974 FIFAワールドカップ、1978 FIFAワールドカップ、1982 FIFAワールドカップ、1986 FIFAワールドカップ)に参加し、21試合に出場した。この記録はポーランド史上最多記録であり、ワールドカップ史上においても、ドイツのローター・マテウス、ミロスラフ・クローゼ、イタリアのパオロ・マルディーニ、に次ぐ第4位の記録(ペレ、ディエゴ・マラドーナ、ジャンニ・リベラらの名手と並ぶ)である。ヴワディスワフ・ジュムダ フレッシュアイペディアより)

  • スターン・ジョン

    スターン・ジョンから見たペレペレ

    トリニダード・トバゴ代表の最多得点記録(70得点)を保持している。これは、ペレ(ブラジル)、フェレンツ・プスカシュ(ハンガリー)、アリ・ダエイ(イラン)などに次いで世界第7位の記録である。1998年から1999年には12試合連続得点の世界記録を樹立した。2002年にはトリニダード・トバゴサッカー連盟の年間最優秀選手賞を受賞した。2006 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選では本大会出場に貢献し、ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップではグループリーグ全3試合に出場した。グループリーグ第2戦のイングランド戦では試合終了間際にゴールネットを揺らしたが、オフサイドと判定されてゴールは認められなかった。スターン・ジョン フレッシュアイペディアより)

  • 10月1日

    10月1日から見たペレペレ

    1977年 - サッカーの神様・ペレが現役を引退。10月1日 フレッシュアイペディアより)

  • サントスFC

    サントスFCから見たペレペレ

    サッカーの王様と呼ばれるペレを始め、ロビーニョ、ネイマールらが所属していた。元日本代表・三浦知良、前園真聖も所属した。また、鹿島アントラーズをJリーグ3連覇に導いたオズワルド・オリヴェイラがかつて監督に就任していた。サントスFC フレッシュアイペディアより)

  • フアン・セバスティアン・ベロン

    フアン・セバスティアン・ベロンから見たペレペレ

    2003年夏にチェルシーFCへ移籍した。チェルシーはこの年、ロシア人の大資産家ロマン・アブラモヴィッチがオーナーに就任し、金に物を言わせた補強政策をとっていた。クレスポもチェルシーに引き抜かれ、3度目のチームメイトとなった。このシーズンも怪我に悩まされた。2004年3月、ペレが選ぶFIFA 100(偉大なサッカー選手100人)に選出された。2004年夏にイタリア・セリエAのインテルへレンタル移籍した。クレスポはACミランへ移籍し、ベロンのライバルとなった。フアン・セバスティアン・ベロン フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・サネッティ

    ハビエル・サネッティから見たペレペレ

    1997-98シーズンにはUEFAカップで優勝。決勝のSSラツィオ戦ではペナルティエリア外からのシュートでチームの2点目を記録した。この際にラツィオに所属していたロベルト・マンチーニは後にインテルの指揮を執っている。1999年にはジュゼッペ・ベルゴミが現役引退し、サネッティがキャプテンを引き継いだ。2000年にはリーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードへの移籍を考えたが、モラッティ会長と話し合ってインテル残留を決めた。2004年、国際サッカー連盟 (FIFA) 100周年を記念してペレが選出したFIFA 100(偉大なサッカー選手125人)に選出された。2004-05シーズンにはコッパ・イタリアで優勝。リーグ王者のユヴェントスFCを破ってスーペルコッパ・イタリアーナのタイトルを獲得した。ハビエル・サネッティ フレッシュアイペディアより)

229件中 101 - 110件表示

「ペレ」のニューストピックワード