229件中 111 - 120件表示
  • ロベルト・リベリーノ

    ロベルト・リベリーノから見たペレペレ

    1970年のメキシコワールドカップでは、左ウイングのレギュラーとして3得点をあげるなど活躍し、優勝に貢献した。ペレ、トスタン、ジャイルジーニョ、ジェルソン、クロドアウドらを擁したブラジルは、7戦全勝と強さを見せつけ、史上最強のブラジル代表といわれた。ロベルト・リベリーノ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・エリ・デ・ミランダ

    ジョゼ・エリ・デ・ミランダから見たペレペレ

    クラブ、代表の双方でペレと同時代にプレーし、多くのタイトルを獲得した。ジョゼ・エリ・デ・ミランダ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・マシア

    ジョゼ・マシアから見たペレペレ

    1951年にサントスFCのユースチームに加入、1954年にプロ選手としてデビューして、1969年に引退するまでをサントスFC一筋ですごした。サントスでは705試合に出場して405ゴールを挙げている。これはペレが記録した1091ゴールに次ぐ、クラブ史上2位のゴール数である。彼の左足は強力なキック力を持つ事から、ヴィラの大砲(Canhão da Vila)の異名を取った。ジョゼ・マシア フレッシュアイペディアより)

  • ジャウマ・サントス

    ジャウマ・サントスから見たペレペレ

    過去4度のワールドカップに出場し、うち1958年スウェーデン大会、1962年チリ大会で2度の優勝を勝ち取った、ブラジル代表史上最高のディフェンダーの1人。その傑出した守備能力はもとより、好機時には右サイドを果敢に攻め上がり、ペレやガリンシャらを擁する強力なブラジル攻撃陣の一翼を担った。37歳で引退するまでの代表キャップ数は非公式記録を含めると111を数え、ブラジル史上初めて代表100キャップを達成した選手として知られる。ジャウマ・サントス フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見たペレペレ

    中でも10番は攻撃にアクセントをつける選手のポジションとされ、特別の意味をもつ背番号であると考えられている。海外の代表チームにおいてもペレ、ジーコ、マラドーナ、ロベルト・バッジョなど攻撃的で創造的な名手が背負った。9番は相手ゴールに一番近いポジションとされゴールゲッターの番号とされてきた。また1番は通常ゴールキーパーに与えられる。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • ジウマール・ドス・サントス・ネヴェス

    ジウマール・ドス・サントス・ネヴェスから見たペレペレ

    1961年に移籍したサントスFCでは、ブラジル代表の優勝メンバーであるペレ、ジト、マウロ・ラモスらと共にプレーし、サンパウロ州選手権を7度制したほか、コパ・リベルタドーレス、インターコンチネンタルカップを連覇した。ジウマール・ドス・サントス・ネヴェス フレッシュアイペディアより)

  • イウデラウド・ルイス・ベリーニ

    イウデラウド・ルイス・ベリーニから見たペレペレ

    代表では、51試合に出場し、3大会連続でFIFAワールドカップに出場した。1958年大会と1962年大会では、キャプテンとしてペレ、ガリンシャ、ニウトン・サントス、ジャウマ・サントスらと共にプレーし、史上初の大会優勝と大会連覇に貢献した。イウデラウド・ルイス・ベリーニ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ジョゼ・カスチーリョ

    カルロス・ジョゼ・カスチーリョから見たペレペレ

    代表では、4大会連続でFIFAワールドカップに出場した。1958年大会と1962年大会では、ペレ、ガリンシャ、ニウトン・サントス、ジャウマ・サントスらと共にプレーし、史上初の大会優勝と大会連覇に貢献した。カルロス・ジョゼ・カスチーリョ フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・マルディーニ

    パオロ・マルディーニから見たペレペレ

    尚、イタリア人から選ばれたのは唯一マルディーニのみである。そして全体の得票数では、フランツ・ベッケンバウアー、ディエゴ・マラドーナ、ヨハン・クライフ、ペレに次いで5番目の得票数であった。パオロ・マルディーニ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・パサレラ

    ダニエル・パサレラから見たペレペレ

    2004年3月、ペレによってFIFA 100に選出された。2005年には大型補強による改革を進めるブラジルのコリンチャンス監督となったが、わずか数ヶ月指揮を執っただけで、成績不振を理由に解任された。2006年1月9日、レイナルド・メルロ監督の突然の辞任によって空白となっていた古巣・リーベル・プレートの監督に12年ぶりに就任した。しかし、チームは思うような成績をあげられず、2007年11月15日、コパ・スダメリカーナ準決勝でアルセナルにPK戦の末に敗れると、その翌日に監督を辞任した。約2年の監督在任中、リーベルはひとつもタイトルを獲得することが出来なかった。ダニエル・パサレラ フレッシュアイペディアより)

229件中 111 - 120件表示

「ペレ」のニューストピックワード