229件中 131 - 140件表示
  • オズワルド・アルディレス

    オズワルド・アルディレスから見たペレペレ

    1981年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演映画、勝利への脱出にペレ、ボビー・ムーア、マイク・サマビー、ジョン・ウォークら当時のサッカー界のスター選手達と共に連合軍捕虜チームのプレーヤー役で出演、1ゴールを決めた。オズワルド・アルディレス フレッシュアイペディアより)

  • ホルヘ・カンポス

    ホルヘ・カンポスから見たペレペレ

    2004年に現役を引退して、ウーゴ・サンチェスの下でメキシコ代表のコーチを務めたこともあった。また、メキシコ国内ではサンドイッチチェーン「SPORTORTAS」を経営している。メニュー名はペレ、マラドーナ、ジョーダンなどスポーツ選手の名前がつけられている。ホルヘ・カンポス フレッシュアイペディアより)

  • 織作峰子

    織作峰子から見たペレペレ

    この世界大会では、司会はボブ・バーカーとエルケ・ソマー、審査員はペレ、フリオ・イグレシアス、リー・メジャース、アンナ・モッフォらが務め、ゲストにピーター・アレンが出演していた。織作はセミファイナルへの進出(入賞)はならず、無冠であった。織作峰子 フレッシュアイペディアより)

  • ロジェ・ミラ

    ロジェ・ミラから見たペレペレ

    現在は、カメルーンの特別親善大使を務めている。1999年、ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で58位に選出された。2004年には、FIFA 100(国際サッカー連盟の100周年記念として、ペレによって選ばれた125人の「最も偉大なサッカー選手」)の一人として選ばれた。ロジェ・ミラ フレッシュアイペディアより)

  • CAペニャロール

    CAペニャロールから見たペレペレ

    1959年シーズンのリーグ優勝の結果、1960年には南米クラブ王者を決める第1回コパ・リベルタドーレスの出場権を得た。南米サッカー連盟 (CONMEBOL) に加盟する7ヶ国の王者が出場し、ペルー、エクアドル、ベネズエラは大会に参加していない。4月19日のクラブ・ホルヘ・ウィルステルマン(ボリビア)戦で大会初出場を果たし、ルイス・ボルヘスのクラブ第1号ゴール(大会自体の第1号ゴールでもある)などで7-1と快勝した。準決勝ではCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロ(アルゼンチン)を下し、決勝ではオリンピア・アスンシオン(パラグアイ)を下して優勝を決めた。同年末にはやはり新設されたインターコンチネンタルカップに出場し、レアル・マドリード(スペイン)と対戦した。当時の同大会はホーム&アウェー制で行なわれており、ウルグアイで行なわれたファーストレグはスコアレスドローで終えたが、71,872人の大観衆の下スペインで行なわれたセカンドレグには1-5で敗れ、世界王者の称号を逃した。1961年のコパ・リベルタドーレスでも決勝に進出し、SEパルメイラス(ブラジル)を2試合合計2-1で下して2連覇を飾った。同年末のインターコンチネンタルカップではSLベンフィカ(ポルトガル)と対戦し、2試合合計5-1で勝利して同大会初優勝を飾った。1962年のコパ・リベルタドーレスでは3年連続で決勝に勝ち進み、決勝ではペレを擁したサントスFC(ブラジル)と対戦。ファーストレグを0-1で落としたが、セカンドレグには3-2で勝利して試合をプレーオフに持ち込んだ。しかし、中立地のブエノスアイレス(エスタディオ・モヌメンタル)で行なわれたプレーオフには0-3で敗れ、第3回大会で初めて優勝を逃した。1963年シーズンは無冠に終わり、リーグ戦での連覇記録が5連覇で途切れた。しかし、コパ・リベルタドーレスのファーストラウンドでは(エクアドル)に2試合合計14-1(アウェーで5-0、ホームで9-1)と大勝。ホームゲームではアルベルト・スペンセルが4得点を挙げているが、スペンセルはエクアドル出身であり、デビューした1953年から1959年までエベレストに所属していた。CAペニャロール フレッシュアイペディアより)

  • サラリーキャップ

    サラリーキャップから見たペレペレ

    北米のプロサッカーリーグのメジャーリーグサッカー(MLS)では他の米国プロリーグ同様サラリーキャップ制度が敷かれている。これは1970年代の北米サッカーリーグにて、ペレやフランツ・ベッケンバウアーら高年俸選手を抱えすぎたゆえにリーグが破綻した反省を踏まえてMLS発足の際に制定された。以降、各クラブの年俸総額2,000,000ドル、一選手400,000ドルを上限としてきた。サラリーキャップ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ルイ・コスタ

    マヌエル・ルイ・コスタから見たペレペレ

    2004年には、ペレが選んだ125人の偉大なサッカー選手のリスト、『FIFA 100』に選出された。また2004年には、エンリケ航海王子勲章も受賞している。マヌエル・ルイ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • アントニーン・パネンカ

    アントニーン・パネンカから見たペレペレ

    ペレをして「天才か狂人のみがなせる技」と言わしめるこのキックは、高いリスクをともなう一方でパネンカ以降も大舞台において試みられている。UEFA EURO 2000の準決勝においてイタリアのフランチェスコ・トッティがオランダのファン・デル・サール相手にパネンカを彷彿とさせる「クッキアイオ (cucchiaio) 」(イタリア語でスプーンの意)を決めている。また、2006年ワールドカップ決勝では、ジネディーヌ・ジダンがパネンカで彼の現役最後の得点を挙げた。さらに、UEFA EURO 2012の準々決勝ではイタリアのアンドレア・ピルロが成功させ、準決勝ではスペインのセルヒオ・ラモスも同様のシュートを決めている。アントニーン・パネンカ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のFIFAバロンドール

    2011年のFIFAバロンドールから見たペレペレ

    セレモニーはルート・フリット(1987年受賞者)が司会を務め、ゼップ・ブラッターFIFA会長、ペレ、ローター・マテウス(1990年受賞者)、ロナウド(1997年・2002年受賞者)、歌手のシャキーラなどが出席した。2011年のFIFAバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • バイエルンの天使

    バイエルンの天使から見たペレペレ

    女装が得意な、やんちゃな、カーリー・ショートヘアーの少年。サッカーが好きで、ペレのファン。少年合唱団と学校生活との両立に悩み、学校の友人との付き合いを優先させていた時期がある。バイエルンの天使 フレッシュアイペディアより)

229件中 131 - 140件表示

「ペレ」のニューストピックワード