192件中 11 - 20件表示
  • プーマ

    プーマから見たペレペレ

    1970 FIFAワールドカップから数ヶ月前、アルミン・ダスラー(ルドルフの息子)と彼のいとこにあたるホルスト・ダスラー(アディの息子)は「ペレ協定」と呼ばれる協定に調印した。これはペレについてはアディダスとプーマ双方が関与しないという合意だった。しかし、プーマの代理人ハンス・ヘニングセンが12万ドルでペレと契約を結んだことにより協定は破られた。ワールドカップ決勝戦の試合開始直前、ペレは審判に靴紐を結び直すための猶予を求め、それによって何百万人ものテレビ視聴者が画面に大写しになった彼の足元のプーマを見つめた。プーマ フレッシュアイペディアより)

  • 日本サッカー協会

    日本サッカー協会から見たペレペレ

    財政の確立が至上命題だった協会は1976年、新日本製鐵社長の平井富三郎を第5代会長に迎えた。平井会長は本業の社長業で多忙だった為、長沼健専務理事が実質的リーダーとして、様々な改革を断行した。協会の運営を円滑に進めるため、古河の経理部門にいた小倉純二を抜擢し、オフィシャルサプライヤー制度を開始、デサント、アシックス、プーマと契約した。1977年に結成した「日本サッカー後援会」の会費と1978年に開始した個人登録制度(登録料徴収)、国際試合の興行収入、日本体育協会からの補助金と合わせ財政基盤確立をもたらした。1977年(昭和52年)9月ペレの引退試合のために、当時ペレ、ベッケンバウアー、キナーリヤなど世界のスーパースターを擁していたニューヨーク・コスモスが来日し、古河電工(Jリーグのジェフ市原・千葉の前身)、日本代表(日本代表との試合は釜本邦茂日本代表引退試合でもあった。当時は日本代表の試合でも、ほとんどTV中継がなかったなか、全国にTV中継された)と連戦し、人気を博した。この際に、広告代理店の電通が清涼飲料水のCMに試合の宣伝を乗せ、宣伝費を使わない新手法を編み出し、さらに、一連のゲームを「ペレ・サヨナラゲーム・イン・ジャパン」と名付けるなどした結果、観衆6万5000人と国立競技場が初めて満員になり、7000万円の純益を出した。以降、日本サッカー協会は赤字体質から脱却した。この1977年を境に協会はJリーグ発足直前まで一度も赤字にならず、Jリーグ発足直前の収入は約40億円となった。日本サッカー協会 フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たペレペレ

    大会後の引退を公言して臨んだ本大会では、グループリーグ序盤では低調だったものの、試合を重ねるごとに復調し、フランスも決勝戦まで進出した。準々決勝ブラジル戦ではアンリの決勝ゴールをアシストし、この試合のMVPに選ばれた。これまでジダンのアシストからアンリがゴールを決める場面は、共に出場したフランス代表55試合で1つもなく、メディアからの批判を受けていたが、これが初めてにして唯一のアシストとなった。試合後、ペレはジダンについて「魔法使いだった」と賞賛した。準決勝はリカルド・カルヴァーリョがアンリを倒したことによって得たPKを決め、その得点が決勝点となってポルトガル代表を下した。これによりポルトガル代表の19連勝及び前回大会でブラジル代表を率いていたルイス・フェリペ・スコラーリのワールドカップ12試合負けなしの記録をストップさせた。試合後は、レアル・マドリード時代のチームメイトであり共にキャプテンを務めていたルイス・フィーゴとユニフォーム交換を行った。決勝イタリア戦では延長戦後半、マルコ・マテラッツィの言葉に激昂。頭突き行為でレッドカードを受け退場し、現役最後の試合を終えた。(詳細はジダンの頭突き問題を参照)フランス代表も準優勝に終わったが、大会中の活躍が評価されMVPを受賞した。この2006年ワールドカップ後の一連の騒動では、しばしジダンの人種問題が取り上げられた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・ベッケンバウアー

    フランツ・ベッケンバウアーから見たペレペレ

    1977年5月、北米サッカーリーグのニューヨーク・コスモスへ移籍。同年限りでの引退を表明していたペレの後継者を探していたコスモス側からのオファーを受けたもので、契約期間は4年、移籍金は250万ドル(当時の金額)とも言われた。コスモスではリベロではなく中盤でプレーをし、同年のサッカーボウル(北米リーグチャンピオン決定戦)で優勝。選手投票によるリーグMVPにはペレを抑えベッケンバウアーが選出された。ペレの引退もあって翌年は優勝を逃したものの、1979年と1980年にはサッカーボウル連覇を果たし米国での人気を不動のものとした。一方でアメリカの競技場の人工芝の堅いピッチは柔らかい天然芝のピッチに馴染んでいたベッケンバウアーの肉体を徐々に蝕んでいった。フランツ・ベッケンバウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たペレペレ

    しばしば「白いペレ」と呼ばれ、最も技術のあるフィニッシャー、最も優れたパサーの一人、また1980年代初頭の世界一の選手とも一般的に考えられている。また、歴史上最も優れたフリーキックのスペシャリストの一人としても知られており、速いスピードで曲がるボールを蹴ることができた。2004年3月には、ペレによる偉大な存命サッカー選手125人にも名を連ねた。史上最も偉大なサッカー選手と一般的に考えられているペレは、「今までの間、私に最も近づいたのはジーコだった」と述べた。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • エウゼビオ

    エウゼビオから見たペレペレ

    黒豹(The Black Panther)または黒い真珠(The Black Pearl)の愛称で呼ばれた1960年代から1970年代を代表するフォワード。同時代にプレーしたペレとも並び賞された選手で、現役通算727試合に出場し715得点を記録した。また、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)には20世紀で最も偉大な選手の9位に選ばれた。エウゼビオ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ベスト

    ジョージ・ベストから見たペレペレ

    ベストがいなくなったマンチェスター・Uは1973-74シーズンを21位で終え、2部リーグに降格した。南アフリカやアイルランド、スコットランド、オーストラリアなどのクラブを渡り歩き、アメリカでプレーした際にはペレと対戦したこともある。北アイルランド代表では37試合出場し9得点を上げているが、同国自体は決して強いチームではなかった為、FIFAワールドカップに出場することはできなかった。ジョージ・ベスト フレッシュアイペディアより)

  • 釜本邦茂

    釜本邦茂から見たペレペレ

    同年8月25日の「釜本邦茂引退試合」、ヤンマーディーゼル対日本サッカーリーグ選抜戦は、東京・国立霞ヶ丘陸上競技場に6万人の観衆を集め行なわれた。ゲスト・プレーヤーに往年のスター選手ペレとヴォルフガング・オフェラートを迎えた試合は、釜本自身が前半15分に得点を決め引退の花道を飾った。試合後の競技場にはサポーターから「釜本コール」が鳴り響いた。釜本邦茂 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずのみなさんのおかげでした

    とんねるずのみなさんのおかげでしたから見たペレペレ

    家の壁や大切にしている物に落書きをする(特に木梨がサッカー選手・ペレのサインを好んでする)とんねるずのみなさんのおかげでした フレッシュアイペディアより)

  • ジンクス

    ジンクスから見たペレペレ

    ペレのW杯優勝予想は外れる。またペレが躍進をすると予想した若手は伸び悩む。→ペレを参照。ジンクス フレッシュアイペディアより)

192件中 11 - 20件表示

「ペレ」のニューストピックワード