229件中 31 - 40件表示
  • シレン・モンスターズ ネットサル

    シレン・モンスターズ ネットサルから見たペレペレ

    ペレ=パレ(パ王族)シレン・モンスターズ ネットサル フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ系ブラジル人

    アフリカ系ブラジル人から見たペレペレ

    ペレ - 元サッカー選手アフリカ系ブラジル人 フレッシュアイペディアより)

  • ファンタジスタ

    ファンタジスタから見たペレペレ

    古くはW杯スイス大会で活躍したフェレンツ・プスカシュは大会で10番を付け、4年後のW杯スウェーデン大会でペレも大会で10番を背負っていた。その他にもジーコ、マラドーナ、バッジョ、ジダン、リバウドがかつて背負っていた(ただし、9番を背負ったアルフレッド・ディ・ステファノや5番を背負ったフランツ・ベッケンバウアーの様な一部の例外も存在する)。歴代のファンタジスタによって10番のイメージが確立され、今日の様な「10番=ファンタジスタ」という代名詞となった。ファンタジスタ フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン・ホワイトサイド

    ノーマン・ホワイトサイドから見たペレペレ

    この活躍により北アイルランド代表に抜擢され、同年6月17日のFIFAワールドカップ・スペイン大会1次リーグ、ユーゴスラビア戦において17歳と41日の若さで代表デビューを飾った。この記録は、かつてFIFAワールドカップ・スウェーデン大会でのブラジルのペレの記録を塗り替える大会史上最年少出場記録となった。ホワイトサイドは、この後もスタメンに名を連ね、北アイルランドの2次リーグ進出に貢献した。ノーマン・ホワイトサイド フレッシュアイペディアより)

  • パラディーニャ (サッカー)

    パラディーニャ (サッカー)から見たペレペレ

    パラディーニャは1960年代にブラジルでペレによって開発された。ペレはサントスでの練習中にチームメイト達が冗談でこれを行っているのを見て、公式戦で実際に使うことを決めた。1962年のアルゼンチンのリーベル・プレートとの親善試合において、ペレはペナルティーキックの際にパラディーニャを行ったが、審判のAurelius BossolinoはPKおよびサントスの得点を無効とした。当時、FIFAはこの審判の姿勢を非難し、この戦略は有効となった。パラディーニャ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • レイ・パーラー

    レイ・パーラーから見たペレペレ

    1992年から2007年までの間をプロ選手としてアーセナルFC、ミドルズブラFC、ハル・シティAFCで過ごしたパーラーは、アーセナル時代に古臭い印象から皮肉っぽいユーモアを込めて"The Romford Pelé"(ロムフォードのペレ)の愛称で親しまれ、また、その風貌に合う「縁の下の力持ち」としてチームを支える安定したパフォーマスはファンから人気を集めた。ちなみに、愛称の名付け親は同僚のマルク・オーフェルマルスである。レイ・パーラー フレッシュアイペディアより)

  • 4-2-4

    4-2-4から見たペレペレ

    1958年ワールドカップブラジル代表でこのフォーメーションを説明すると、まず4人のディフェンダーは従来のフルバックが4人並んでいるのではなく、左サイドバックのニウトン・サントス、右サイドバックのジャウマ・サントスは攻撃的であった。2人ともスター選手である。ミッドフィールダーの2人は攻守を兼業するキーマンで、運動量を求められた。そのうちジジは当時世界屈指のテクニシャンで司令塔の役割を担っていた。4人のフォワードは両サイドがウイングで真ん中の2人がセンターフォワードだった。ただ左ウイングのマリオ・ザガロは普段は下がり気味で、左サイドにわざとスペースを空けるのがブラジルの戦術であった。右ウイングには若手のガリンシャがいて、彼のドリブルを止められる者はいなかった。センターフォワードの1人ババはブラジルにしては珍しく大型フォワードであった。そして、もう1人のセンターフォワードが、この大会途中にレギュラーを獲得した17歳のペレである。ブラジルのスーパースター達の能力を十二分に発揮させた4-2-4は、ブラジルを悲願のワールドカップ初優勝へと導いた。4-2-4 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木博和

    佐々木博和から見たペレペレ

    枚方FCでサッカーを始め、近江達の指導を受ける。小学生時代から天才サッカー少年として名を馳せ、中学時代の1977年にはペレから直接指導を受け絶賛された。1978年には日本ユース代表。1980年には日本代表に選出されワールドカップ・スペイン大会アジア予選に参加したが出場機会はなかった。佐々木博和 フレッシュアイペディアより)

  • タッサ・インデペンデンシア

    タッサ・インデペンデンシアから見たペレペレ

    決勝は、共にポルトガル語諸国共同体であるブラジルとポルトガルの対戦となり、終了間際の後半44分にジャイルジーニョが決勝ゴールを決めて、地元ブラジルが優勝を果たした。ペレ引退後にもジャイルジーニョ,トスタン,ロベルト・リベリーノらが台頭していることを示した大会でもあり、彼らは後の1974年のワールドカップで活躍した。タッサ・インデペンデンシア フレッシュアイペディアより)

229件中 31 - 40件表示

「ペレ」のニューストピックワード