192件中 31 - 40件表示
  • 週刊サッカーダイジェスト

    週刊サッカーダイジェストから見たペレペレ

    500号 ペレ、マラドーナ、ヨハン・クライフ、ジーコ、ベッケンバウアー、ミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、釜本邦茂、カズ、中田英寿 2000年1月5/12日号週刊サッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • FCトルペド・モスクワ

    FCトルペド・モスクワから見たペレペレ

    実績ではスパルタク、ディナモ、CSKAなどには劣るものの、モスクワの名門クラブのひとつであり、ソ連リーグ時代は3回優勝している。過去には1958年W杯得点王のワレンチン・イワノフや「ロシアのペレ」エドゥアルド・ストレルツォフらが在籍した。FCトルペド・モスクワ フレッシュアイペディアより)

  • マリユス・トレゾール

    マリユス・トレゾールから見たペレペレ

    マリユス・トレゾール(Marius Trésor、1950年1月15日 - )は、フランスの海外県グアドループ・サンタンヌ出身のサッカー選手である。ポジションはディフェンダー(センターバック、リベロ)。2004年3月にペレによるFIFA 100に選出された。マリユス・トレゾール フレッシュアイペディアより)

  • ラボーナ

    ラボーナから見たペレペレ

    はアルゼンチンのクラブであるエストゥディアンテスとロサリオ・セントラルの試合において1948年にラボーナを初めて披露した。その後、サッカー雑誌『』が、生徒の格好をしたインファンテを表紙にし「インファンテは学校をずる休みをした」という見出しを付けた(スペイン語でrabonaはずる休みをすることを意味する)。この時から、この技術はラボーナと呼ばれるようになった。フィルムに残っている初めてのラボーナは1957年のサンパウロ州選手権大会でのペレによるものである。1970年代、この技術は単純に「クロスキック」と呼ばれていた。ラボーナ フレッシュアイペディアより)

  • エドゥ・ドラセナ

    エドゥ・ドラセナから見たペレペレ

    その後、ブラジルへ戻りサントスFCと契約。直ぐにキャプテンに任命されレギュラーとして活躍。2011年には、ペレが在籍し二連覇して以来のコパ・リベルタドーレス優勝に貢献した。エドゥ・ドラセナ フレッシュアイペディアより)

  • ガルヴァオン・ブエノ

    ガルヴァオン・ブエノから見たペレペレ

    死去したアイルトン・セナ以外にも、ロマーリオ、ロナウド、ペレほか、多くのスポーツ選手と親交がある。ガルヴァオン・ブエノ フレッシュアイペディアより)

  • グラシーニャ・レポラーセ

    グラシーニャ・レポラーセから見たペレペレ

    1977年製作のドキュメンタリー映画『ペレ』のサウンドトラックではペレ本人とデュエットしているほか、ジャズ界のリー・リトナー、サラ・ヴォーンとも共演している。グラシーニャ・レポラーセ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ウィルソン・オノリオ

    アントニオ・ウィルソン・オノリオから見たペレペレ

    1958年にサントスFCでデビュー。ペレとFWコンビを組んで異次元の連携を披露し、得点を量産した。当時のサントスはペレの他にジト、ジウマール、マウロら1962 FIFAワールドカップの優勝メンバーを揃えてインターコンチネンタルカップを連覇し、南米だけでなく世界中にその名を轟かせた。その後、南米のクラブを渡り歩く。アントニオ・ウィルソン・オノリオ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年ブラジルグランプリ

    2002年ブラジルグランプリから見たペレペレ

    チェッカーフラッグはペレが振ることになっていたが、シューマッハ兄弟がフィニッシュラインに到達したとき、ペレは誰かと話していてフラッグを振るのを忘れてしまった。ペレは結局2ラップ遅れで走行していた佐藤琢磨がラインに到達したときフラッグを振った。これは技術的には、チェッカーを最初に見た佐藤がこのレースに優勝したということを意味した。2002年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ系ブラジル人

    アフリカ系ブラジル人から見たペレペレ

    ペレ - 元サッカー選手アフリカ系ブラジル人 フレッシュアイペディアより)

192件中 31 - 40件表示

「ペレ」のニューストピックワード