192件中 51 - 60件表示
  • 1940年のスポーツ

    1940年のスポーツから見たペレペレ

    10月23日 - ペレ(ブラジル、サッカー)1940年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • マラカナンの悲劇

    マラカナンの悲劇から見たペレペレ

    当時9歳だったペレがこの試合後落ち込んでいた父親を「悲しまないで。いつか僕がブラジルをワールドカップで優勝させてあげるから」と励ましたというエピソードが知られている。その言葉通り、8年後のFIFAワールドカップ・スウェーデン大会にて17歳ながら代表となり、6得点を挙げてブラジルのワールドカップ初優勝に大きく貢献した。マラカナンの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・マシア

    ジョゼ・マシアから見たペレペレ

    1951年にサントスFCのユースチームに加入、1954年にプロ選手としてデビューして、1969年に引退するまでをサントスFC一筋ですごした。サントスでは705試合に出場して405ゴールを挙げている。これはペレが記録した1091ゴールに次ぐ、クラブ史上2位のゴール数である。彼の左足は強力なキック力を持つ事から、ヴィラの大砲(Canhão da Vila)の異名を取った。ジョゼ・マシア フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼II スーパーストライカー

    キャプテン翼II スーパーストライカーから見たペレペレ

    ペレが活躍するより前の世代のストライカー。苦手なヘディングを練習する代わりに無敵の必殺シュート・サイクロンを編み出し、未公認も含め1000ゴール近い得点をあげている。キャプテン翼II スーパーストライカー フレッシュアイペディアより)

  • 黄禹錫

    黄禹錫から見たペレペレ

    6月 - 黄禹錫、韓国と諸外国の技術水準の違いを「外国の研究チームはわれわれの核移植技術を前にすると、とてもここまで精巧に行うことはできないと意欲をなくす。ペレのサッカーと町内サッカーの差」と発言。自分たちの精巧な技術は普段からの箸の使用のおかげと説明。黄禹錫 フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たペレペレ

    ブラジルのペレ、ロナウド、ロナウジーニョ、アルゼンチンのマラドーナ、アルフレッド・ディ・ステファノ、メッシ、ペルーのテオフィロ・クビジャス、ウルグアイのエンツォ・フランチェスコリ、パラグアイのアルセニオ・エリコ、コロンビアのカルロス・バルデラマ、チリのエリアス・フィゲロア、エクアドルのアレックス・アギナガなど、南米は数多くの国際的トップ・プレーヤーを生み出してきた。また、多くの選手が報酬と知名度を求めてヨーロッパのプロリーグでプレーしている。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ペレを買った男

    ペレを買った男から見たペレペレ

    ペレやフランツ・ベッケンバウアーらが在籍し、1970年代後半のアメリカにサッカーブームを巻き起こしたニューヨーク・コスモスの盛衰を通じて、スポーツビジネスの光と影を描いた作品である。邦題の「ペレを買った男」とは、当時のワーナー・ブラザーズ会長で「元祖メディア王」とも呼ばれたスティーブ・ロスの事を指す。次々とビジネスを成功させた彼の次なる野望はサッカー不毛の地と呼ばれたアメリカで、サッカーをメジャーリーグ級の人気スポーツに発展させる事であった。ペレを買った男 フレッシュアイペディアより)

  • 野津謙

    野津謙から見たペレペレ

    1969年(昭和44年)、FIFA理事就任。同年、クラマーを主任指導員としアジア13カ国から43名のコーチを集め、FIFAとAFCの主催・JFAを主管とする第1回FIFAコーチングスクール開催。日本の組織的なコーチ育成のスタートを切る。これは暑熱の3ヶ月間にわたって行われ、クラマーが途中過労のため倒れる程であったが、指導者養成とその組織の確立の重要性を世界のサッカー界に認識させた。1970年(昭和45年)それまで決勝戦だけ、それも一部地域のみNHKでテレビ中継だった全国高等学校サッカー選手権大会を憂い「若い世代でサッカーを普及させるためテレビ放映をやって欲しい」と日本テレビに要請。当時同局スポーツディレクターだった坂田信久(のち東京ヴェルディ1969社長)らの奔走で同大会は、1976年(昭和51年)からの首都圏開催などの改革を経て、現在の“冬の風物詩”として定着したものである。また1970年(昭和45年)のワールドカップを視察し、ペレを生で見た野津は、当時のFIFA会長サー・スタンリー・ラウスから「これまでヨーロッパと南米で交互に開かれていた大会を、アジアでも開催できるようにしたい」との示唆を受け、帰国後8月1日、岸記念体育会館で記者会見を開き「1986年(昭和61年)のワールドカップ開催地として日本が立候補したい」と発表した。野津謙 フレッシュアイペディアより)

  • タッサ・ブラジル

    タッサ・ブラジルから見たペレペレ

    1961 - 9ゴール - ペレ(サントス)タッサ・ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • サッカーコロンビア代表

    サッカーコロンビア代表から見たペレペレ

    1994年米国W杯の南米予選でコロンビア代表は更なる快進撃を続けた。バルデラマ、フレディ・リンコン、ファウスティーノ・アスプリージャといったタレントを擁し、敵地ブエノスアイレスでアルゼンチンに5-0で圧勝するなど、圧倒的な強さで予選通過。本大会でもペレが優勝候補に挙げるなどダークホースとして注目のチームとなった。サッカーコロンビア代表 フレッシュアイペディアより)

192件中 51 - 60件表示

「ペレ」のニューストピックワード