229件中 51 - 60件表示
  • マルコス・アウレリオ・ジ・オリヴェイラ・リマ

    マルコス・アウレリオ・ジ・オリヴェイラ・リマから見たペレペレ

    ペレに「ロマーリオ二世」と称されたことがある。 マルコス・アウレリオ・ジ・オリヴェイラ・リマ フレッシュアイペディアより)

  • ソクラテス (サッカー選手)

    ソクラテス (サッカー選手)から見たペレペレ

    ソクラテス・ブラジレイロ・サンパイオ・ジ・ソウザ・ヴィエイラ・ジ・オリヴェイラ(、 1954年2月19日 - 2011年12月4日)は、ブラジル出身の元サッカー選手。元ブラジル代表。1983年には南米年間最優秀選手賞に選出され、2004年にはペレによってFIFA 100に選出された。実弟のライーもサッカー選手であり、ブラジル代表として1994 FIFAワールドカップで優勝した。ソクラテス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ムリシ・ラマーリョ

    ムリシ・ラマーリョから見たペレペレ

    1970年代にサンパウロFCに在籍し、177試合出場して26得点した。当時サンパウロ州ではペレの後継者の一人として名が挙がっていた。1975年にはサンパウロ州選手権、1977年にはブラジル全国選手権で優勝した。1985年、膝の怪我により30歳の若さで引退した。ムリシ・ラマーリョ フレッシュアイペディアより)

  • WHA

    WHAから見たペレペレ

    リーグの運営に問題がなかったわけではない。有力選手はいてもその実力をサポートするに足る選手がいないこと、懐具合の悪いチームが多いことなどが問題であった。また、例えば、ニューヨークはその適例であるが、NHLのアイランダーズがナッソーコロセアムを占拠していたため、WHAはビジターチームの選手控室すらないほどの小さなアリーナでの興行を余儀なくされた。このようなことから、毎年のようにチームのオーナー交替があり、時にはシーズン途中で閉鎖し本拠地を別の都市に移すチームがあった。チームの財政悪化の原因はつまるところ選手の高額年俸に帰着する。例えば、デレク・サンダーソンはWHA加入時にも多額の金銭を受け取ったが、シーズン序盤で怪我をし長期欠場したにもかかわらず260万ドル(サッカーのペレをも上回る当時のスポーツ界最高年俸といわれる)を受け取っている。WHA フレッシュアイペディアより)

  • エンツォ・フランチェスコリ

    エンツォ・フランチェスコリから見たペレペレ

    2002年には妻子とともにアメリカのマイアミに移り住み、2003年にはネルソン・グティエレスらとともに英語のサッカーチャンネルであるGOL TV社を設立した。現在は同社とテンフィールド社の副社長を務めている。GOL TVの仕事が軌道に乗ったため、家族とともにブエノスアイレスに戻り、週に1度マイアミを訪れる生活をしている。FIFA.comのインタビューでは「監督業には魅力を感じていない」と答えている。2004年2月に行われたカルロス・バルデラマの引退試合にはイバン・サモラーノやホセ・ルイス・チラベルトらとともに参加した。2004年3月、ペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人に選ばれた。2010年3月、ワールドサッカー誌が選ぶ歴代優秀攻撃的ミッドフィールダー50人に選ばれた。2010 FIFAワールドカップ時にはアルゼンチンのテレビ局で解説者を務めた。エンツォ・フランチェスコリ フレッシュアイペディアより)

  • 水島武蔵

    水島武蔵から見たペレペレ

    1974年11月、「サッカーの王様」ことペレが訪日し東京の国立霞ヶ丘陸上競技場で全国のサッカー少年を集めてサッカー教室を催した際、水島は優れた技術を見せて注目を集めるとペレから直に評価を受けた。同年末に東京都世田谷区内の小学校に転校すると1975年2月にはブラジル留学の準備のために日本サッカーリーグ1部の永大産業サッカー部の練習に参加し、同年4月に姉と共にブラジルへと渡った。水島武蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤沢男

    加藤沢男から見たペレペレ

    1999年5月、国際スポーツ記者協会が選んだ「20世紀を代表する25選手」に日本人ではただ1人選出された。他にはペレ(サッカー)やカール・ルイス(陸上)、ナディア・コマネチ(体操女子)などが選出されている。2001年に国際体操殿堂入り。加藤沢男 フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たペレペレ

    ブラジルのペレ、ロナウド、ロナウジーニョ、アルゼンチンのマラドーナ、アルフレッド・ディ・ステファノ、メッシ、ペルーのテオフィロ・クビジャス、ウルグアイのエンツォ・フランチェスコリ、パラグアイのアルセニオ・エリコ、コロンビアのカルロス・バルデラマ、チリのエリアス・フィゲロア、エクアドルのアレックス・アギナガなど、南米は数多くの国際的トップ・プレーヤーを生み出してきた。また、多くの選手が報酬と知名度を求めてヨーロッパのプロリーグでプレーしている。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジ・ピント・メンドンサ

    ジョルジ・ピント・メンドンサから見たペレペレ

    グアラニFCでは、カンピオナート・パウリスタでペレの記録に並ぶ38ゴールを挙げ、セリエB制覇とセリエA昇格に貢献した。ジョルジ・ピント・メンドンサ フレッシュアイペディアより)

  • ジジーニョ

    ジジーニョから見たペレペレ

    ジジーニョ (Zizinho) こと、トマス・ソアレス・ダ・シウヴァ(Tomás Soares da Silva, 1921年9月14日 - 2002年2月8日)は、ブラジル・リオデジャネイロ州ニテロイ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(インサイドライト)。幼いころのペレにとって最大のアイドルで、彼はジジーニョを「完璧な選手」と評した。ジジーニョ フレッシュアイペディアより)

229件中 51 - 60件表示

「ペレ」のニューストピックワード