229件中 61 - 70件表示
  • モルデハイ・シュピーグラー

    モルデハイ・シュピーグラーから見たペレペレ

    その後は国外移籍してフランスのパリFCとパリ・サンジェルマンFC、NASLのニューヨーク・コスモスに所属した。コスモスではペレとチームメイトだった。モルデハイ・シュピーグラー フレッシュアイペディアより)

  • ロアール・ストラン

    ロアール・ストランから見たペレペレ

    2008年9月21日の日曜日にハムカム戦で国内リーグ出場数400試合を達成し、2009年4月19日の日曜日には国内リーグ戦、国内カップ戦、欧州カップ戦、ロイヤルリーグの全公式戦含めてローゼンボリで600試合を達成した。また、トップリーグの舞台で21季連続得点を挙げたことでマンチェスター・ユナイテッドFCのライアン・ギグスと共に欧州のシーズン連続得点記録を保持しており(後にギグスは23まで更新)、世界的に見るとペレに並ぶ記録であり、ロマーリオの23シーズンに次ぐものであった。ロアール・ストラン フレッシュアイペディアより)

  • 野津謙

    野津謙から見たペレペレ

    1969年(昭和44年)、FIFA理事就任。同年、クラマーを主任指導員としアジア13カ国から43名のコーチを集め、FIFAとAFCの主催・JFAを主管とする第1回FIFAコーチングスクール開催。日本の組織的なコーチ育成のスタートを切る。これは暑熱の3ヶ月間にわたって行われ、クラマーが途中過労のため倒れる程であったが、指導者養成とその組織の確立の重要性を世界のサッカー界に認識させた。1970年(昭和45年)それまで決勝戦だけ、それも一部地域のみNHKでテレビ中継だった全国高等学校サッカー選手権大会を憂い「若い世代でサッカーを普及させるためテレビ放映をやって欲しい」と日本テレビに要請。当時同局スポーツディレクターだった坂田信久(のち東京ヴェルディ1969社長)らの奔走で同大会は、1976年(昭和51年)からの首都圏開催などの改革を経て、現在の“冬の風物詩”として定着したものである。また1970年(昭和45年)のワールドカップを視察し、ペレを生で見た野津は、当時のFIFA会長サー・スタンリー・ラウスから「これまでヨーロッパと南米で交互に開かれていた大会を、アジアでも開催できるようにしたい」との示唆を受け、帰国後8月1日、岸記念体育会館で記者会見を開き「1986年(昭和61年)のワールドカップ開催地として日本が立候補したい」と発表した。野津謙 フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼II スーパーストライカー

    キャプテン翼II スーパーストライカーから見たペレペレ

    ペレが活躍するより前の世代のストライカー。苦手なヘディングを練習する代わりに無敵の必殺シュート・サイクロンを編み出し、未公認も含め1000ゴール近い得点をあげている。キャプテン翼II スーパーストライカー フレッシュアイペディアより)

  • エスタディオ・アステカ

    エスタディオ・アステカから見たペレペレ

    サッカーファンの間では前者はペレらの活躍でブラジル代表が3度目の優勝を果たしジュール・リメ杯を永久保持した場所として、後者はディエゴ・マラドーナの『神の手』ゴールや『5人抜きドリブル』の活躍等によりアルゼンチン代表が2度目の世界王者に輝いた場所として知られる。エスタディオ・アステカ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・アウベルト

    カルロス・アウベルトから見たペレペレ

    攻撃的サイドバックの創始者とも言える選手で、クラブチーム・代表チームの両方で「王様」ペレのチームメイトとして活躍した。サントス時代には5度のリーグ優勝に貢献。カルロス・アウベルト フレッシュアイペディアより)

  • 奈良原武士

    奈良原武士から見たペレペレ

    エドソン・ペレ『サッカーわが人生--ペレ自伝』講談社、1977年、奈良原武士 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーダイジェスト

    サッカーダイジェストから見たペレペレ

    500号 ペレ、マラドーナ、ヨハン・クライフ、ジーコ、ベッケンバウアー、ミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、釜本邦茂、カズ、中田英寿 2000年1月5/12日号サッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • 安藤由紀子

    安藤由紀子から見たペレペレ

    ワールドカップ殺人事件 ペレ 1990.9 (創元推理文庫)安藤由紀子 フレッシュアイペディアより)

  • シェフィールドFC

    シェフィールドFCから見たペレペレ

    1997年に就任したリチャード・ティムズ会長はスポンサー獲得に尽力し、あらゆる方法でクラブの知名度を高めた。その結果、2004年には開かれた国際サッカー連盟 (FIFA) 創立100周年記念行事にシェフィールドFCが招待され、UEFAチャンピオンズリーグで20世紀中に9度優勝したレアル・マドリードとともにFIFA功労賞を受賞した。2007年11月、150周年記念親善試合としてイタリアのインテルナツィオナーレ・ミラノ(インテル)と対戦し、「サッカーの王様」と称されるペレも招待されたシェフィールドFC フレッシュアイペディアより)

229件中 61 - 70件表示

「ペレ」のニューストピックワード