229件中 71 - 80件表示
  • タッサ・ブラジル

    タッサ・ブラジルから見たペレペレ

    1961 - 9ゴール - ペレ (サントス)タッサ・ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • バウル

    バウルから見たペレペレ

    ブラジル初の宇宙飛行士であるマルコス・ポンテスの出身地であり、サッカー選手のペレが幼少期を過ごした場所でもある。バウル フレッシュアイペディアより)

  • 1962 FIFAワールドカップ

    1962 FIFAワールドカップから見たペレペレ

    ブラジルはグループリーグの2試合目でペレが怪我を負い、以後の欠場を余儀なくされた。しかし代役のガリンシャが活躍し、チームを優勝まで牽引する原動力の1つとなった。ガリンシャは先天的に足に障害を抱えていたが、手術を受けて歩くことができるようになったという経歴の持ち主である。この大会以後も活躍を続け、偉大な選手の1人に数えられるようになる。1962 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • 今井恭司

    今井恭司から見たペレペレ

    広告カメラマンとして活動していたが、サッカー専門誌の制作に関わったことをきっかけにサッカーカメラマンとしてのキャリアをスタートさせた。1972年、当時ペレが在籍していたサントスFCと全日本選抜の試合にて、初めてサッカーカメラマンとして活動を始めた。今井恭司 フレッシュアイペディアより)

  • ローレウス世界スポーツ賞

    ローレウス世界スポーツ賞から見たペレペレ

    2000年  ペレ(サッカー)ローレウス世界スポーツ賞 フレッシュアイペディアより)

  • ドリブル

    ドリブルから見たペレペレ

    ボールを浮かせてディフェンダーの上を通して自分はボールを持たずにディフェンダーの横を通り過ぎる技。シャポーとは帽子のこと。発音上、「シャペウ」といわれることもある。1958 FIFAワールドカップの決勝戦にて、当時17歳だったペレがこの技で相手ディフェンスをかわしてゴールを奪ったことでペレは世界的に有名になっていった。また、若き日のロナウジーニョが、引退間際のドゥンガをこの技で抜いた事が、ロナウジーニョの出世のきっかけとなった。またロマーリオはシャポーを2回連続して行う離れ業を見せた。ドリブル フレッシュアイペディアより)

  • エンリケ・メサ

    エンリケ・メサから見たペレペレ

    File:Enrique Meza and Pele.jpg|ペレと抱擁するメサ(右)エンリケ・メサ フレッシュアイペディアより)

  • アベディ・ペレ

    アベディ・ペレから見たペレペレ

    2004年にFIFA100(ペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人)に選出。アベディ・ペレ フレッシュアイペディアより)

  • 北米サッカーリーグ

    北米サッカーリーグから見たペレペレ

    これによりペレ、ヨハン・クライフ、フランツ・ベッケンバウアー、ジョージ・ベストといった主力選手がサッカー発展途上にあったアメリカ合衆国のサッカー熱を高めた。北米サッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの歴史

    ブラジルの歴史から見たペレペレ

    文化面では、クーデター後軍事政権によって文化への弾圧が進んだため、多くの分野で文化活動は低調になった。音楽ではクーデター後、ボサノヴァはシコ・ブアルケのような例外を除いて概して低調となり、アメリカ合衆国やイギリスから流入したロックが支持を集めた。1960年代にはロックに影響を受けたトロピカリア運動が盛んになり、カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジル、ガル・コスタ、ムタンチスらが活躍した。トロピカズモとは距離を置いたところでもブラジルのポピュラー音楽は発展し、サンバ・ロックのジョルジ・ベンが活躍した。1970年代にはムジカ・ポプラール・ブラジレイラ(MPB)が人気を集め、ミルトン・ナシメントやイヴァン・リンスが活躍する一方で、アフリカ系アメリカ人の音楽も流入し、ファンクに影響を受けたバンダ・ブラック・リオやベベートなどが活躍した。1980年代にはロックがさらに若者の心を掴んだ。軍事政権時代にはテレビが発達し、大衆の最大の娯楽となった。スポーツにおいては、1970年にメキシコで開催されたFIFAワールドカップでは軍事政権はメキシコからの衛星中継に予算を惜しまず、ペレの大活躍もあって代表チームは3度めの優勝を遂げ、ジュール・リメ杯を永久保持できたことは、不安定な国情の中、明るいニュースとなった。ブラジルの歴史 フレッシュアイペディアより)

229件中 71 - 80件表示

「ペレ」のニューストピックワード