229件中 81 - 90件表示
  • ニューヨーク・コスモス

    ニューヨーク・コスモスから見たペレペレ

    1970年にクラブは設立。大手映画配給会社ワーナー・ブラザースの経済力を背景に、ブラジルのペレ、ドイツのフランツ・ベッケンバウアーら世界のスーパースター達を擁し実力、人気を共に獲得した。特に1977,1978年のリーグ連覇や、1977年10月1日に行われたペレの引退試合(古巣のサントスFCと対戦)などはクラブや北米リーグの世界的アピールに大きな役割を果たした。なおペレ引退を記念した親善試合の為日本遠征も行い、日本代表とも試合を行なった。ニューヨーク・コスモス フレッシュアイペディアより)

  • ウブロ

    ウブロから見たペレペレ

    現在ではアイルトン・セナ、蜷川実花、荒井俊介、香川真司、ウサイン・ボルト、ディエゴ・マラドーナらとのコラボレーション・モデルを発表している。2014年にはブランドアンバサダーとしてペレを起用している。ウブロ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルグランプリ

    ブラジルグランプリから見たペレペレ

    元サッカー選手のペレがゲストに招かれ、チェッカーフラッグを振る役を任されたが、最終ラップでスタッフと打ち合わせしている間に1位のミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、2位のラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)が通過してしまい、3位のデビッド・クルサード(マクラーレン・メルセデス)でようやくチェッカーを振るという珍事になった。ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フォワード (サッカー)

    フォワード (サッカー)から見たペレペレ

    ブラジル代表のペレやロナウド、あるいは日本代表の釜本邦茂が典型的であるが、点取り屋に特化した選手は少なくなり、現代はより柔軟に様々なプレーも要求される近代サッカーに適応したストライカーが増えている。フォワード (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • サッカーアルゼンチン代表の歴史

    サッカーアルゼンチン代表の歴史から見たペレペレ

    1964年、ブラジルサッカー連盟創設50周年を記念した親善大会であるで優勝した。この大会は監督が初めて指揮した大会である。この大会にはアルゼンチン、ブラジル、イングランド、ポルトガルが出場し、アルゼンチン代表が獲得した「初の偉大なタイトル」とされている。ペレを擁するブラジルには3-0で快勝し、結果と内容を両立させたことで記憶されている。ブラジルは地元開催の1950 FIFAワールドカップ決勝から無敗を続けていたことから、ネイションズ・カップのブラジル戦での勝利はメディアに称賛された。アメアデオ・カリーソ、ホセ・ラモス・デルガド、C・シメオネ、アントニオ・ラティン、エルミンド・オネガ、アルフレド・ロハス、ロベルト・テルチなどが出場し、アルゼンチンは1点も許すことなく大会を終えた。サッカーアルゼンチン代表の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • FCトルペド・モスクワ

    FCトルペド・モスクワから見たペレペレ

    同じモスクワを本拠地とするスパルタク、ディナモ、CSKAなどと比べて実績では劣るものの、ソ連リーグ時代は3回優勝している。過去には1958年W杯得点王のワレンチン・イワノフや「ロシアのペレ」エドゥアルド・ストレルツォフらが在籍した。FCトルペド・モスクワ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ラモン・ベロン

    フアン・ラモン・ベロンから見たペレペレ

    ラモン・ベロンのデビュー戦は、1962年12月12日のエストゥディアンテス対ボカ・ジュニアーズ戦で、0-4で敗北と残念な結果であった。そしてそれ以降は?1965年までスターティングメンバーとしてプレーすることは無かった。しかし翌年には、1966年にレンタル先であったエルサルバドルのアリアンサFCで、ペレ率いるサントスFCに対し、ラモン・ベロンが1点を決め2-1で勝利を収めた。これは当時中南米において歴史に残る試合と評されることとなった。フアン・ラモン・ベロン フレッシュアイペディアより)

  • ヨーゼフ・ビカン

    ヨーゼフ・ビカンから見たペレペレ

    RSSSFによると、ビカンは親善試合を除いたすべての大会の合計で800ゴール以上を記録した。これは記録が確認できる選手としては、ロマーリオの772点、ペレの767点などを上回り史上最多である。ヨーゼフ・ビカン フレッシュアイペディアより)

  • アルシンド・サルトーリ

    アルシンド・サルトーリから見たペレペレ

    ブラジルのサッカー選手はジーコやペレなど、サッカーネームを使う選手も多いが、アルシンドはイタリア移民2世のために姓名が短かったことから本名でプレーした。アルシンド・サルトーリ フレッシュアイペディアより)

  • レイモン・コパ

    レイモン・コパから見たペレペレ

    1958年、ジュスト・フォンテーヌらと共に出場したワールドカップ・スウェーデン大会で、フランス代表はペレ、ガリンシャなどを擁するブラジル代表に敗れ3位に終わったものの、コパは3得点、最多アシストを記録。同年その活躍が認められバロンドールを受賞した。レイモン・コパ フレッシュアイペディアより)

229件中 81 - 90件表示

「ペレ」のニューストピックワード