192件中 81 - 90件表示
  • コロン・デ・サンタフェ

    コロン・デ・サンタフェから見たペレペレ

    また、Cementerio de Elefantes(象の墓場)という愛称も持っている。この名前はスタジアムの愛称としても使用されている。1964年に(親善試合で)ペレを擁するサントスFCを撃破するなど、ビッグクラブから金星を挙げることが多いのが愛称の由来である。コロン・デ・サンタフェ フレッシュアイペディアより)

  • エミリオ・ブトラゲーニョ

    エミリオ・ブトラゲーニョから見たペレペレ

    「エル・ブイトレ」(ハゲワシ)のあだ名を持ち、当時のスペイン代表、レアル・マドリードを代表する選手の一人。1980年代後半のキンタ・デル・ブイトレと呼ばれたレアル・マドリードの中心人物であり、2004年にはFIFAとペレが選ぶ「偉大なサッカー選手100人」であるFIFA100にも選ばれた。エミリオ・ブトラゲーニョ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ルイ・コスタ

    マヌエル・ルイ・コスタから見たペレペレ

    2004年にはペレが選んだ偉大なサッカー選手100人、『FIFA 100』に選出された。マヌエル・ルイ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • 平本一樹

    平本一樹から見たペレペレ

    かつて東京Vを指揮していた時にオズワルド・アルディレスは、「平本はある時はペレで、ある時は(通訳の)羽生だ」というコメントで、そのパフォーマンスの波が大きいことを表現したことがある。また上記の町田への移籍のため7年ぶりにアルディレスの元でプレー。平本一樹 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーイタリア代表

    サッカーイタリア代表から見たペレペレ

    欧州王者として、2年前とほぼ変わらぬメンバーで臨んだ1970年W杯メキシコ大会では、グループリーグを突破。準々決勝では開催国メキシコを下し、準決勝は西ドイツと対戦。アステカ・スタジアムで行なわれた試合は前半8分イタリアが先制点を挙げ、イタリアのリードで迎えた後半ロスタイムに西ドイツに同点ゴールを許し延長戦に突入。延長戦では打って変わって、両者合わせて5ゴールも生まれる激しい点の取り合いとなり、最終的にジャンニ・リベラの決勝ゴールでイタリアが4-3の死闘を制した。この試合は、「アステカの死闘」とも呼ばれ、W杯史上数ある名勝負のひとつとして語り継がれている。決勝の相手はイタリアと同じく2度の優勝を誇るブラジル。この試合は、勝てば3度目の優勝と、規則によりW杯を3回制したチームに与えられるジュール・リメ杯の永劫所有権を懸けた一戦となった。しかしイタリアは準決勝の激闘による疲労と、ペレ擁するブラジルの圧倒的な攻撃力の前になす術も無く1-4の完敗。準優勝となった。サッカーイタリア代表 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカー (雑誌)

    ワールドサッカー (雑誌)から見たペレペレ

    1999年の12月号において20世紀の偉大なサッカー選手100人を発表した。読者による投票によって順位付けがされており、1位は10ポイント、2位は9ポイント、最後の10位は1ポイントと順位が一つ下がるごとにポイントも一つ下がるカウント方式で、そのポイントの総数をランキング化したものである。最も多くのポイントを得て第1位に選出されたのはペレであった。ワールドサッカー (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・リベリーノ

    ロベルト・リベリーノから見たペレペレ

    1970年のメキシコワールドカップでは左ウイングのレギュラーとして3得点をあげるなど活躍し優勝に貢献した。ペレを擁したブラジルは圧倒的な強さを見せつけ史上最強のブラジル代表といわれた。ロベルト・リベリーノ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪スタヂアム

    大阪スタヂアムから見たペレペレ

    1972年には隣接する南海難波駅改修に伴う工事で、両翼を91.4メートルに拡大した。これは近い将来、サッカーがプロ化され人気が高まるとにらんだ球場側が野球とサッカーの兼用を狙って行ったものであった。また当時の大阪で国際規格を持つサッカー競技施設は長居公園陸上競技場しかなく、そこもナイター照明設備がなかったため(1996年の全面改修で設置)主として週末や祝日のデーゲームでしか試合を開催できなかったこともあり、大阪の中心部にあって観客動員の見込める大阪球場に目を付けられた面もある。実際、1977年に当球場で往年のスーパースター・ペレの引退興行「サッカーフェスティバル さよならペレ」が開催されたが、ピッチの端が外野フェンスぎりぎりまで迫るほど狭く、サッカー用グラウンドとしてはいかにもサイズが不適格であった。また、この南海難波駅の拡張工事により、南海電鉄の線路が大阪球場側にせり出して拡幅されることになり、三塁側内野スタンドの東側を削り、別々だった内野・左翼席をつなぐ形でスタンドを拡大して削った分を増席し、結果左右非対称のスタンドを持つ球場となった。大阪スタヂアム フレッシュアイペディアより)

  • サッカー漫画

    サッカー漫画から見たペレペレ

    は1970年代に世界最高のサッカー選手と呼ばれていたペレを少年風にアレンジした『』というキャラクターを作り、1976年から新聞や雑誌上で作品を発表した。ソウザは1980年代にはアルゼンチンのディエゴ・マラドーナを少年風にアレンジした『ディエギート』というキャラクターを創作したが、作品として公式に発表されることはなかった。ソウザは、2005年8月15日にマラドーナが司会を務めるアルゼンチンのテレビ番組『10番の夜』にペレが出演した際に、これを記念してペレジーニョとディエギートの二人を共演させた。また、2006年にはロナウジーニョを少年風にアレンジした『』を発表した。サッカー漫画 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルグランプリ

    ブラジルグランプリから見たペレペレ

    2002年は元サッカー選手のペレがゲストに招かれ、チェッカーフラッグを振る役を任されたが、最終ラップでスタッフと打ち合わせしている間に1位のミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、2位のラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)が通過してしまい、3位のデビッド・クルサード(マクラーレン・メルセデス)でようやくチェッカーを振るという珍事になった。ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

192件中 81 - 90件表示

「ペレ」のニューストピックワード