前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示
  • ペレ

    ペレから見たディエゴ・マラドーナ

    1980年代から1990年代のスター選手であるアルゼンチンのディエゴ・マラドーナとはしばしば比較対象とされている。2000年12月にFIFA20世紀最優秀選手が発表されることになったが、ペレはFIFAの役員を始めとしたサッカー関係者による投票では72.25%の投票率を得て2位のアルフレッド・ディ・ステファノと3位のマラドーナを上回ったものの、FIFA公式サイトによるインターネット投票ではマラドーナが53.6%の投票率を得たのに対しペレは18.53%と下回った。FIFAは当初、最優秀選手を一人だけ選ぶ事にしていたが、双方の結果に対しブラジルとアルゼンチンの両国間で激しい論争となった。事態の沈静化に乗り出したFIFAは最終的にペレをFIFA選考委員会による最優秀選手とし、マラドーナはインターネット投票による最優秀選手として賞を分け合うことに決め、両者はイタリアのローマで行われた授賞式に出席した。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たジーコ

    引退後は全く異なる人生を送っていたがガリンシャの死の2か月前、1982年末にブラジルの誌により二人の特集が企画され再会を果たした。一方で翌1983年1月の葬儀にリオデジャネイロ選手組合会長のジーコらと同じく姿を見せなかったことが地元メディアの話題となった。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たフランツ・ベッケンバウアー

    同年6月15日に行われたトロント・メトロス戦には2万5千人の観客が集まり、この後も北米リーグの平均観客数は2万人台を維持した。2年後には西ドイツからフランツ・ベッケンバウアー、ブラジルからカルロス・アウベルトが加わりオールスターチームの陣容を呈し、1977年には同チームの北米選手権のタイトルを獲得。サッカー不毛の地と言われたアメリカでサッカーの伝道師としての役割を果たし人気選手となり活躍したことで、ニューヨーク市の名誉市民に選ばれた。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たFIFAワールドカップ

    サッカーブラジル代表のエースとして3度のFIFAワールドカップ優勝。15歳でデビューしてから1977年に引退するまで、実働22年間で通算1363試合に出場し1281得点を記録したその実績から、「サッカーの王様」(、)あるいは「20世紀最高のサッカー選手」と評され、多くのサッカー選手、サッカーファンから「サッカー史上最高の選手の一人」と見做されている選手である。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たアイルトン・セナ

    最初の妻との離婚後、ドイツ系ブラジル人のマリア・ダ・ガラサ・メネゲルと交際した。彼女はという芸名でモデルとして活動しており、1980年代初頭には『PLAYBOY』誌の表紙を飾った事もあった。後にブラジルの子供番組の司会者に抜擢されると、ペレは彼女の経歴を懸念しPLAYBOY誌と独占インタビューに応じる代わりに彼女の写真のネガを引き渡す取引を行った。シュシャはこの番組出演を皮切りに映画出演や歌手としても成功を収め、ペレ自身も彼女の番組に特別出演した事もあった。シュシャはペレと別れた後はF1ドライバーのアイルトン・セナと交際したが、このことからシュシャを巡ってペレとセナの間でトラブルがあったとの噂が広まった事もあった。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たロビーニョ

    2000年代に入った後もブラジル国内ではロビーニョやネイマールといった若手選手が「新しいペレ」「ペレ二世」として紹介されることがあり、両者は比較の対象となっている。イングランドのウェイン・ルーニーは「白いペレ」と呼ばれており、彼が所属するマンチェスター・ユナイテッドFCのサポーターが唄うルーニーのチャント(応援歌)の中にも「白いペレ」の名が取り入れられている。また、ブラジル女子代表のエースストライカー・マルタは、2007年のパンアメリカン競技大会優勝時に、ペレ自身から「スカートを穿いたペレ」 (Pelé de saia) という異名を与えられた。これは従前からファンの間で両者を比較する声があり、大会終了後、ペレがこの比較に同意しながら「世界最高のサッカー選手は間違いなくスカートを穿いたペレだ」というコメントを出したものである。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール

    2000年代に入った後もブラジル国内ではロビーニョやネイマールといった若手選手が「新しいペレ」「ペレ二世」として紹介されることがあり、両者は比較の対象となっている。イングランドのウェイン・ルーニーは「白いペレ」と呼ばれており、彼が所属するマンチェスター・ユナイテッドFCのサポーターが唄うルーニーのチャント(応援歌)の中にも「白いペレ」の名が取り入れられている。また、ブラジル女子代表のエースストライカー・マルタは、2007年のパンアメリカン競技大会優勝時に、ペレ自身から「スカートを穿いたペレ」 (Pelé de saia) という異名を与えられた。これは従前からファンの間で両者を比較する声があり、大会終了後、ペレがこの比較に同意しながら「世界最高のサッカー選手は間違いなくスカートを穿いたペレだ」というコメントを出したものである。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たロベルト・カルロス・ダ・シウバ

    また選手の中ではロナウジーニョ、ロベルト・カルロス、ウィントン・ルーファー、、セルジオ越後、吉村大志郎、与那城ジョージ、それ以外の分野ではゴレオ6世(ドイツ、マスコット)、ブランドン・ラウス(アメリカ合衆国、俳優)、、チュニジア、歌手)、、チュニジア、ウード奏者)、デフ・レパード(イギリス、ロックバンド)、ジャイモン・フンスー(アメリカ合衆国、俳優)、ミハイル・ゴルバチョフ(ロシア、政治家)、、コートジボワール、歌手)らがペレのファン、あるいはペレに影響を受けた事を公言している。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たシルベスター・スタローン

    芸術面での才能を生かし、映画出演を度々行っている。1978年に公開された『Os Trombadinhas』では脚本を担当、1981年に公開された『勝利への脱出』ではマイケル・ケインやシルベスター・スタローンと競演し、サッカーシーンのテクニカルアドバイザーを担当した。また特技のギター演奏を生かして作曲した楽曲がエリス・レジーナやセルジオ・メンデス、といった著名なミュージシャンに演奏されたこともある。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たヘンリー・キッシンジャー

    1975年、北米サッカーリーグ (NASL) に所属するニューヨーク・コスモスに移籍。これはアトランティック・レコードの創設者であるアーティガン兄弟やワーナー・ブラザーズ社長でニューヨーク・コスモスのチェアマンを務めていたスティーヴ・ロスからの勧誘を受けてのもので、2年契約で移籍金は900万ドル。この契約の背後にはアメリカ合衆国国務長官で熱狂的なサッカーファンのヘンリー・キッシンジャーの存在があった。1970年代当時、サッカー不毛の地と呼ばれたアメリカにサッカーを普及させ、いずれワールドカップを招致したいという思惑があり、ペレのニューヨーク・コスモスへの移籍についても「わが国でプレーする事で発展に協力して欲しい」との旨を記した公文書を発行し移籍を支援した。ペレ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示

「ペレ」のニューストピックワード