229件中 41 - 50件表示
  • ペレ

    ペレから見たラディスラオ・マズルキヴィッチ

    身体能力や得点能力が際立つが背番号9タイプの古典的センターフォワードのように前線で孤立してチャンスを待つのではなく、下がり目の位置から前線に飛び出すプレーを好んだ。ペレは自著の中でとプレースタイルについて語っている。一方でと語るように独創的なプレーの持ち主でもあった。1958年ワールドカップのスウェーデン戦でみせた、突進するDFの頭上にボールを浮かせてから相手の背後に回りこむ「シャペウ」(ポルトガル語で帽子の意)あるいは「レンソウ」(ポルトガル語でハンカチの意)とも言われるプレー、1970年ワールドカップ準決勝のウルグアイ戦で相手GKのラディスラオ・マズルケビッチと1対1になった場面で、ボールを意図的にスルーしてGKの予測の裏を突き、反対側をすり抜けてシュートを放った「ドリブレ・ダ・バッカ」(ポルトガル語で牛のドリブルの意)の変形ともいえるプレーなど、予測のつかないプレーを一瞬で判断して実行した。またトップスピードで走る複数の選手が壁パスを繋ぎながらゴール前に迫る「タベリーニャ」と呼ばれるコンビネーションプレーを考案したと言われる。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たフェルナンド・エンリケ・カルドーゾ

    1995年、フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ大統領の下でスポーツ大臣に就任。ペレはブラジル史上初の黒人閣僚として1998年までの3年間この職務を務めた。在任期間中は、「オリンピック・ヴィレッジ」と呼ばれる各地方政府と協力してスポーツ施設を建設する公共事業や、ペレ法 (Lei Pelé) の制定に取り組んだ。ヨーロッパにおけるボスマン判決のブラジル版ともいえるペレ法は選手がクラブに契約で拘束されず自由に移籍を行えるようにした法律で、1998年4月29日に可決され、3年後の2001年3月26日から施行された。これにより従来のパス(選手保有権)が廃止され、契約終了後の移籍金が発生することはなくなった。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たブランドン・ラウス

    また選手の中ではロナウジーニョ、ロベルト・カルロス、ウィントン・ルーファー、、セルジオ越後、吉村大志郎、与那城ジョージ、それ以外の分野ではゴレオ6世(ドイツ、マスコット)、ブランドン・ラウス(アメリカ合衆国、俳優)、、チュニジア、歌手)、、チュニジア、ウード奏者)、デフ・レパード(イギリス、ロックバンド)、ジャイモン・フンスー(アメリカ合衆国、俳優)、ミハイル・ゴルバチョフ(ロシア、政治家)、、コートジボワール、歌手)らがペレのファン、あるいはペレに影響を受けた事を公言している。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見た与那城ジョージ

    また選手の中ではロナウジーニョ、ロベルト・カルロス、ウィントン・ルーファー、、セルジオ越後、吉村大志郎、与那城ジョージ、それ以外の分野ではゴレオ6世(ドイツ、マスコット)、ブランドン・ラウス(アメリカ合衆国、俳優)、、チュニジア、歌手)、、チュニジア、ウード奏者)、デフ・レパード(イギリス、ロックバンド)、ジャイモン・フンスー(アメリカ合衆国、俳優)、ミハイル・ゴルバチョフ(ロシア、政治家)、、コートジボワール、歌手)らがペレのファン、あるいはペレに影響を受けた事を公言している。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たムリシ・ラマーリョ

    2011年、古巣のサントスFCがコパ・リベルタドーレスを48年ぶりに制し同年12月に日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ2011への出場権を獲得したが、同大会へのペレの出場が取り沙汰された。同年8月に同クラブの会長は「70歳という年齢から、長い時間プレーすることは難しいが、皆を感動させるには彼のたった一つのプレーだけで十分である」とペレの現役復帰の可能性を示唆し、最終的な判断は監督のムリシ・ラマーリョに一任すると述べた。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たアルフレッド・ディ・ステファノ

    1980年代から1990年代のスター選手であるアルゼンチンのディエゴ・マラドーナとはしばしば比較対象とされている。2000年12月にFIFA20世紀最優秀選手が発表されることになったが、ペレはFIFAの役員を始めとしたサッカー関係者による投票では72.25%の投票率を得て2位のアルフレッド・ディ・ステファノと3位のマラドーナを上回ったものの、FIFA公式サイトによるインターネット投票ではマラドーナが53.6%の投票率を得たのに対しペレは18.53%と下回った。FIFAは当初、最優秀選手を一人だけ選ぶ事にしていたが、双方の結果に対しブラジルとアルゼンチンの両国間で激しい論争となった。事態の沈静化に乗り出したFIFAは最終的にペレをFIFA選考委員会による最優秀選手とし、マラドーナはインターネット投票による最優秀選手として賞を分け合うことに決め、両者はイタリアのローマで行われた授賞式に出席した。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たエドゥアルド・ストレリツォフ

    ペレの後継者と目される選手や、その国を代表とする攻撃的なポジションの選手は「○○のペレ」との異名が付けられることがある。ペレの現役時代には7歳年下のトスタンがゲームメイク能力と得点能力を併せ持った事から「白いペレ」、ソビエト連邦のストライカーだったエドゥアルド・ストレリツォフが「ロシアのペレ」の異名で呼ばれた。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見た奈良原武士

    『サッカーわが人生--ペレ自伝』(My life and the beautiful game、鈴木武士訳、講談社、1977年)ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たマルタ・ビエイラ・ダ・シルバ

    2000年代に入った後もブラジル国内ではロビーニョやネイマールといった若手選手が「新しいペレ」「ペレ二世」として紹介されることがあり、両者は比較の対象となっている。イングランドのウェイン・ルーニーは「白いペレ」と呼ばれており、彼が所属するマンチェスター・ユナイテッドFCのサポーターが唄うルーニーのチャント(応援歌)の中にも「白いペレ」の名が取り入れられている。また、ブラジル女子代表のエースストライカー・マルタは、2007年のパンアメリカン競技大会優勝時に、ペレ自身から「スカートを穿いたペレ」 (Pelé de saia) という異名を与えられた。これは従前からファンの間で両者を比較する声があり、大会終了後、ペレがこの比較に同意しながら「世界最高のサッカー選手は間違いなくスカートを穿いたペレだ」というコメントを出したものである。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たモブツ・セセ・セコ

    1969年1月、最初の遠征地であるコンゴはコンゴ民主共和国とコンゴ共和国の間で紛争状態にあったが、双方の指導者は試合観戦のために休戦に合意した。サントスFCはコンゴで数試合を行い、同月23日のコンゴ民主共和国代表戦では2-3で敗れたが、この試合を記念して同国大統領のモブツ・セセ・セコは「国民のスポーツの日」と定めた。次の遠征先はビアフラ戦争により内戦状態にあったナイジェリアだったが、同国とビアフラ共和国との間で試合前後の48時間は停戦し、ペレらが滞在する首都のラゴスへは侵攻しないとの合意がなされ、親善試合は予定通り行われた。ペレ フレッシュアイペディアより)

229件中 41 - 50件表示

「ペレ」のニューストピックワード