242件中 71 - 80件表示
  • ペレ

    ペレから見たエリス・レジーナ

    芸術面での才能を生かし、映画出演を度々行っている。1978年に公開された『Os Trombadinhas』では脚本を担当、1981年に公開された『勝利への脱出』ではマイケル・ケインやシルベスター・スタローンと競演し、サッカーシーンのテクニカルアドバイザーを担当した。また特技のギター演奏を生かして作曲した楽曲がエリス・レジーナやセルジオ・メンデス、といった著名なミュージシャンに演奏されたこともある。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たジュスト・フォンテーヌ

    ファイル:Just Fontaine.jpg|「ペレのプレーを見たときから引退を考えるようになった」 - ジュスト・フォンテーヌ(フランス)ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たマジェド・アブドゥラー

    1980年代から1990年代にはジーコが「白いペレ」、サウジアラビアのマジェド・アブドゥラーが「砂漠のペレ(アラブのペレ)」の異名で呼ばれた。ガーナのアベディ・ペレは10代の時に国外遠征に赴くためにパスポートを発給する際に本名の「アイェウ」を隠して偽名で「ペレ」を名乗ったが、そのプレーぶりが「ペレ」を名乗るのに相応しかったこともあって、「アベディ・ペレ」という選手名として定着していった。その後、1991年から3年連続でアフリカ年間最優秀選手賞に選ばれるなど、20世紀のアフリカを代表する選手の一人と評されるようになった。また1990年に同国のニイ・ランプティが16歳で欧州のクラブと契約してプロデビューを果たし、翌1991年に17歳以下のガーナ代表としてFIFA U-17世界選手権で優勝し大会最優秀選手に選ばれた際にはペレ自ら後継者に指名した。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見た山口芳忠

    ファイル:Football pictogram.svg|「マンマークで付くとゴム鞠のように弾き返された。今、思い出しただけでも身震いがする」 - 山口芳忠(日本、1972年)ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たラディスラオ・マズルケビッチ

    身体能力や得点能力が際立つが背番号9タイプの古典的センターフォワードのように前線で孤立してチャンスを待つのではなく、下がり目の位置から前線に飛び出すプレーを好んだ。ペレは自著の中でとプレースタイルについて語っている。一方でと語るように独創的なプレーの持ち主でもあった。1958年ワールドカップのスウェーデン戦でみせた、突進するDFの頭上にボールを浮かせてから相手の背後に回りこむ「シャペウ」(ポルトガル語で帽子の意)あるいは「レンソウ」(ポルトガル語でハンカチの意)とも言われるプレー、1970年ワールドカップ準決勝のウルグアイ戦で相手GKのラディスラオ・マズルケビッチと1対1になった場面で、ボールを意図的にスルーしてGKの予測の裏を突き、反対側をすり抜けてシュートを放った「ドリブレ・ダ・バッカ」(ポルトガル語で牛のドリブルの意)の変形ともいえるプレーなど、予測のつかないプレーを一瞬で判断して実行した。またトップスピードで走る複数の選手が壁パスを繋ぎながらゴール前に迫る「タベリーニャ」と呼ばれるコンビネーションプレーを考案したと言われる。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たマイケル・ケイン

    芸術面での才能を生かし、映画出演を度々行っている。1978年に公開された『Os Trombadinhas』では脚本を担当、1981年に公開された『勝利への脱出』ではマイケル・ケインやシルベスター・スタローンと競演し、サッカーシーンのテクニカルアドバイザーを担当した。また特技のギター演奏を生かして作曲した楽曲がエリス・レジーナやセルジオ・メンデス、といった著名なミュージシャンに演奏されたこともある。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たゲルト・ミュラー

    国際サッカー連盟 (FIFA) 公式サイトによると、1954年に14歳でデビューしてから1977年に引退するまで、実働23年で通算1363試合出場、1281ゴール。公式記録として残っているものの中では、世界最高の記録である(非公式ではゲルト・ミュラー1461点、アルツール・フリーデンライヒの1329ゴールなど上回る記録はある)。1試合5得点が6回、4得点が30回、ハットトリックは92回、1試合最多得点は8点としている。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たカルロス・アウベルト

    同年6月15日に行われたトロント・メトロス戦には2万5千人の観客が集まり、この後も北米リーグの平均観客数は2万人台を維持した。2年後には西ドイツからフランツ・ベッケンバウアー、ブラジルからカルロス・アウベルトが加わりオールスターチームの陣容を呈し、1977年には同チームの北米選手権のタイトルを獲得。サッカー不毛の地と言われたアメリカでサッカーの伝道師としての役割を果たし人気選手となり活躍したことで、ニューヨーク市の名誉市民に選ばれた。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たセルジオ・メンデス

    芸術面での才能を生かし、映画出演を度々行っている。1978年に公開された『Os Trombadinhas』では脚本を担当、1981年に公開された『勝利への脱出』ではマイケル・ケインやシルベスター・スタローンと競演し、サッカーシーンのテクニカルアドバイザーを担当した。また特技のギター演奏を生かして作曲した楽曲がエリス・レジーナやセルジオ・メンデス、といった著名なミュージシャンに演奏されたこともある。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たリチャード・ニクソン

    当時の選手では殆ど前例がない中、引退後の生活を考えて企業の広告塔として活動したこともあって、1970年代に欧州で行われたブランドとしての知名度の調査では、ペレの名前はコカコーラに次いで第2位にランクされた。1973年にブラジル国内で行われた知名度の調査ではやリチャード・ニクソンを上回りペレが1位を獲得。引退後の1993年に、世界109か国991人のスポーツ記者を対象に行われたワールドカップ史上最も偉大な選手の投票において、第1位に選ばれた。知名度の高さについて、自ら「イエス・キリストより有名かもしれない」と発言したこともある。ペレ フレッシュアイペディアより)

242件中 71 - 80件表示

「ペレ」のニューストピックワード