229件中 81 - 90件表示
  • ペレ

    ペレから見たアベディ・ペレ

    1980年代から1990年代にはジーコが「白いペレ」、サウジアラビアのマジェド・アブドゥラーが「砂漠のペレ(アラブのペレ)」の異名で呼ばれた。ガーナのアベディ・ペレは10代の時に国外遠征に赴くためにパスポートを発給する際に本名の「アイェウ」を隠して偽名で「ペレ」を名乗ったが、そのプレーぶりが「ペレ」を名乗るのに相応しかったこともあって、「アベディ・ペレ」という選手名として定着していった。その後、1991年から3年連続でアフリカ年間最優秀選手賞に選ばれるなど、20世紀のアフリカを代表する選手の一人と評されるようになった。また1990年に同国のニイ・ランプティが16歳で欧州のクラブと契約してプロデビューを果たし、翌1991年に17歳以下のガーナ代表としてFIFA U-17世界選手権で優勝し大会最優秀選手に選ばれた際にはペレ自ら後継者に指名した。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見た吉村大志郎

    また選手の中ではロナウジーニョ、ロベルト・カルロス、ウィントン・ルーファー、、セルジオ越後、吉村大志郎、与那城ジョージ、それ以外の分野ではゴレオ6世(ドイツ、マスコット)、ブランドン・ラウス(アメリカ合衆国、俳優)、、チュニジア、歌手)、、チュニジア、ウード奏者)、デフ・レパード(イギリス、ロックバンド)、ジャイモン・フンスー(アメリカ合衆国、俳優)、ミハイル・ゴルバチョフ(ロシア、政治家)、、コートジボワール、歌手)らがペレのファン、あるいはペレに影響を受けた事を公言している。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たエウゼビオ

    1962年、南米のクラブ王者を決めるコパ・リベルタドーレスに出場し決勝に進出。ウルグアイのペニャロールとの対戦となったが、1勝1分で迎えた最終戦でペレの2得点などで勝利し、ブラジル勢として初のタイトルを獲得した。この勝利によりインターコンチネンタルカップへの出場権を得てエウゼビオを擁するポルトガルのSLベンフィカと対戦。ホームでの第1戦は自身の2得点などで3-2と勝利。敵地リスボンでの第2戦も好調なプレーを維持。ベンフィカの守備陣を翻弄し3得点1アシストという活躍で5-2と勝利を収め、クラブ世界一となった。なおリスボンで行われた試合を「私のキャリアにおいて最高の試合」「素晴らしい内容で、生涯忘れることの出来ない芸術的な試合」と語っている。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たジャイルジーニョ

    1970年のワールドカップ・メキシコ大会ではペレを筆頭にリベリーノ、ジェルソン、トスタン、ジャイルジーニョという攻撃陣を擁して雪辱を賭ける。1次リーグ初戦でチェコスロバキアに4-1と大勝すると、第2戦では前回優勝国のイングランドを1-0で退けて決勝トーナメント進出を決める。準々決勝ではペルー、準決勝ではウルグアイを下し2大会ぶりの決勝進出を果たした。ペレ自身は決勝まで3得点に終わったが、周囲のタレントを生かすゲームメーカー役を務めていた。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見た国際オリンピック委員会

    国際オリンピック委員会 (IOC) 選定20世紀最優秀アスリート(1999年)ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たマルグレーテ2世 (デンマーク女王)

    ファイル:HM The Queen of Denmark.jpg|「民衆により即位したただ一人の「王」に会えることを光栄に思う」 - マルグレーテ2世(デンマーク)ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たリスボン

    1962年、南米のクラブ王者を決めるコパ・リベルタドーレスに出場し決勝に進出。ウルグアイのペニャロールとの対戦となったが、1勝1分で迎えた最終戦でペレの2得点などで勝利し、ブラジル勢として初のタイトルを獲得した。この勝利によりインターコンチネンタルカップへの出場権を得てエウゼビオを擁するポルトガルのSLベンフィカと対戦。ホームでの第1戦は自身の2得点などで3-2と勝利。敵地リスボンでの第2戦も好調なプレーを維持。ベンフィカの守備陣を翻弄し3得点1アシストという活躍で5-2と勝利を収め、クラブ世界一となった。なおリスボンで行われた試合を「私のキャリアにおいて最高の試合」「素晴らしい内容で、生涯忘れることの出来ない芸術的な試合」と語っている。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たフォーミュラ1

    最初の妻との離婚後、ドイツ系ブラジル人のマリア・ダ・ガラサ・メネゲルと交際した。彼女はという芸名でモデルとして活動しており、1980年代初頭には『PLAYBOY』誌の表紙を飾った事もあった。後にブラジルの子供番組の司会者に抜擢されると、ペレは彼女の経歴を懸念しPLAYBOY誌と独占インタビューに応じる代わりに彼女の写真のネガを引き渡す取引を行った。シュシャはこの番組出演を皮切りに映画出演や歌手としても成功を収め、ペレ自身も彼女の番組に特別出演した事もあった。シュシャはペレと別れた後はF1ドライバーのアイルトン・セナと交際したが、このことからシュシャを巡ってペレとセナの間でトラブルがあったとの噂が広まった事もあった。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たミラノ

    ペレは、ニューヨーク・コスモスでの現役引退後に慈善試合や、1980年9月24日に行われたベッケンバウアー引退記念試合や、1987年1月に地元ブラジルで開催されたシニア・ワールドカップなど8試合に出場している。また引退から9年後の1986 FIFAワールドカップの際には、ブラジル代表のメンバーとして出場する可能性があり、当時のテレ・サンターナ監督も「控え選手として上手く起用出来ればありえない話ではない」と発言していた。この時、既に45歳を迎えていたペレの大会出場が実現すればワールドカップ最年少出場記録と最高齢出場記録を保持することになったが、最終的に参加は見送られた。1990年10月31日には生誕50周年を祝してイタリア・ミラノにあるスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで記念試合が行われ、ブラジル代表の10番として世界選抜と対戦し前半42分までプレーしたがペレ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見た弁護士

    父ドンジーニョは前述のように元サッカー選手。伯父のフランシスコも元サッカー選手であり才能豊かな選手だったが早逝した。弟のジャイール(通称ゾカ)も一時はサッカー選手を志しポジションはミッドフィールダーを務めていた。兄と同様にサントスFCに入団し将来を嘱望されていたが、マスコミから兄と比較される続ける事に嫌気が差し若くして引退。その後は弁護士に転身した。ペレ フレッシュアイペディアより)

229件中 81 - 90件表示

「ペレ」のニューストピックワード