362件中 11 - 20件表示
  • ペンギン (バットマン)

    ペンギン (バットマン)から見たペンギンペンギン

    父親が肺炎で死亡し、母親はその原因が雨に当たったせいであるとして、幼いオズワルドにいつも傘を持たせるようになった。また生まれつきの尖った鼻、小さい身体から、同級生に苛められ、友達と呼べるのは母親が経営していた鳥類専門ペットショップの鳥たちだけだった。そのペットショップがいじめっ子達に荒らされ、動物が死んだことが、彼を犯罪の道に走らせた。彼のペンギンという名はこの頃からのあだ名である。ペンギン (バットマン) フレッシュアイペディアより)

  • サンスター

    サンスターから見たペンギンペンギン

    社名の「サンスター」は、合併前の「星光社」が自社の自転車に使用する予定だった商標からきている。また、かつてのシンボルである『ペンギン』は塩野義製薬が薬用歯磨き発売の提携時に発案したもので、カラーの使用ができない当時の媒体でモノクロでも印象を与えられることや、南極の清涼感をイメージさせることから採用され、塩野義製薬の社章である分銅マークも入れて販売していた。しかし1969年に塩野義製薬との提携が解消された際にペンギンの使用は取りやめとなったが、市場においてイメージの浸透度が大きかったことから、1972年に塩野義製薬よりペンギンの商標を取得し再び使用している。サンスター フレッシュアイペディアより)

  • ぼ・ん・ど

    ぼ・ん・どから見たペンギンペンギン

    作品タイトルの『ぼ・ん・ど』とは、英語の「Bond」(日本語で絆)を意味する。主人公であるペンギンのてんちゃんおよび飼い主の桜井一家を中心としたコメディー作品。原則1話読みきり(但し例外として、単行本3巻の30話・31話、4巻の41話・42話および45話・46話、5巻の49話・50話、6巻の71話・72話、9巻の106話・107話・108話はストーリーが繋がっている)。登場するキャラクターに共通する大きな特徴として、名字に樹木や植物あるいはその実などを表した漢字が、名前に魚の名前がそれぞれ使われており(但し人間のみ。人間のキャラクターでも文豪の名前をパロディー化したキャラクターも登場している)、新たなそれらのキャラクターが頻繁に登場するのも一つの特徴と言える。ぼ・ん・ど フレッシュアイペディアより)

  • つば九郎

    つば九郎から見たペンギンペンギン

    つば九郎(つばくろう)は、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクターである。主に南半球に生息するペンギンと間違えられる。初登場は1994年4月9日の阪神タイガース戦。2008年には、プロ野球のマスコットとしては初めて開催試合連続1000試合出場を達成した。現在はマスコット史上初となる2000試合連続出場を目指している。つば九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 南極大陸

    南極大陸から見たペンギンペンギン

    南極大陸の気温は−89 °C (−129 °F) にも達する。この気温では人間が定住することは難しいが、約1000-5000人が大陸中に点在する研究所に年間を通して滞在している。自然状態では、寒冷な環境に適応可能な生物のみが生存し、多くの藻類、ダニ・線虫やペンギン・鰭脚類・節足動物などの動物類、バクテリア、菌類、植物および原生生物が繁殖している。植生はツンドラである。南極大陸 フレッシュアイペディアより)

  • オオウミガラス

    オオウミガラスから見たペンギンペンギン

    海中に潜水してイカナゴなどの魚類やイカを捕食した。外見も動作もペンギンに似て、水中では短い翼と脚を使って高速で泳ぐことができたが、陸上では体を立ててよちよちと歩いた。ホッキョクグマ以外にほとんど天敵がおらず、人間に対する警戒心もなかったといわれる。オオウミガラス フレッシュアイペディアより)

  • フンボルトペンギン

    フンボルトペンギンから見たペンギンペンギン

    フンボルトペンギン(学名:Spheniscus humboldti)は、フンボルトペンギン属に属するペンギン。一般的に亜種はいないとされているが、異議を述べる学者もいる。体長約70cmと中型。フンボルトペンギン フレッシュアイペディアより)

  • アシカ科

    アシカ科から見たペンギンペンギン

    アシカ科のどの種も、繁殖期にはハレムを形成する。ハレムでは、ハレム・マスターあるいはビーチ・マスターとよばれる1頭のオスが、複数のメスを縄張りに囲い込んでいる。ハレム・マスターになれなかった「あぶれオス」はハレム周辺に群れをつくり、ときにはハレムのメスを誘拐することもある。魚を主食としているが、ときに地域的には学習によりペンギンなどを襲って食すこともある。アシカ科 フレッシュアイペディアより)

  • デデデ大王

    デデデ大王から見たペンギンペンギン

    呆れかえるほど平和な国「プププランド」を統治する大王。ゲーム・アニメ共にカービィのライバルとして立ち回り、いざとなれば木槌のようなハンマーを片手に戦う。2頭身のペンギンのような容姿で、黄色いたらこ唇が一際目立つ。赤いガウンと赤い帽子、黄色い手袋、腹巻きらしきものを着用しており、このような外見的特徴は両作品において共通となっている。現在の所は準皆勤賞のキャラクターで、シリーズにおいて一切登場しなかった作品は『鏡の大迷宮』の一作のみ。それ以外では脇役であっても必ず登場している。デデデ大王 フレッシュアイペディアより)

  • 南極海

    南極海から見たペンギンペンギン

    南極海は鉱物資源・動物資源の豊富さが注目されている。石油、天然ガス、漂砂鉱床、マンガン団塊などのほか骨材となる砂利が海底に眠っている。またイカ(ダイオウイカ、ダイオウホウズキイカなど)、魚(ショウワギス、ライギョダマシ、コオリウオなど)、アザラシ、クジラ、オキアミ(ナンキョクオキアミなど7種)、ペンギン(18種中8種)などの生物も多く生息する。南極海 フレッシュアイペディアより)

362件中 11 - 20件表示

「ペンギン」のニューストピックワード