453件中 51 - 60件表示
  • 動物映画

    動物映画から見たペンギンペンギン

    皇帝ペンギン - ペンギンの生活を描く。動物映画 フレッシュアイペディアより)

  • デセプション島

    デセプション島から見たペンギンペンギン

    火山の影響で地熱が高い。熱のため雪が解け、南極付近では珍しく地表がむき出している。またディセプション島はペンギンの繁殖地としても知られている。デセプション島 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・デイヴィス (探検家)

    ジョン・デイヴィス (探検家)から見たペンギンペンギン

    1591年にはトーマス・キャヴェンディッシュの2度目の航海に加わった。キャヴェンディッシュは私掠船に乗ってスペイン船を襲いながら世界一周航海を成し遂げた人物で、デイヴィスは彼に同行して太平洋へ向かい、逆側から(北アメリカ大陸の西海岸から)北西航路の探検を行おうとした。キャヴェンディッシュはブラジルでのポルトガル人との交戦で部下多数を失い南大西洋で没したが、デイヴィスが残った部下や船を引き継いで自らの航海を果たそうとした。彼はマゼラン海峡に向かったが悪天候に阻まれ、戻る途中の1592年8月にディザイア号の船上からフォークランド諸島を発見した。デイヴィスは部下に命じて食料とするためにペンギン多数を狩り保存食としたが、熱帯の暑さでだめになってしまった。彼らは飢餓に襲われ、イギリスに戻ったときには76人の乗組員のうち14人しか生存していなかった。ジョン・デイヴィス (探検家) フレッシュアイペディアより)

  • 明石市立水族館

    明石市立水族館から見たペンギンペンギン

    1957年(昭和32年)4月に明石市中崎海岸の県立水産試験場付属水族生態研究所を改装し、開館した。当時全国で水族館ブームがあり、1958年に全面改装し、アカウミガメやペンギンで人気となったが、 より規模の大きい神戸市立須磨水族館の存在、1966年にオープンした姫路市立水族館などの存在もあり、入場者数が減少し1972年(昭和47年)4月13日に閉館した。明石市立水族館 フレッシュアイペディアより)

  • シブリー・アールキスト鳥類分類

    シブリー・アールキスト鳥類分類から見たペンギン目ペンギン

    コウノトリ目に、ペンギン目、タカ目、チドリ目、カイツブリ目、ペリカン目、アビ目、ミズナギドリ目を内包させた。この拡大されたコウノトリ目は、現在「water birds」系統と呼ばれる大きな単系統を含んでいた。しかし、他にも多くの雑多な系統を含んでおり、単系統ではなかった。根からの遺伝子距離が短いグループが近縁としてまとめられるという、UPGMAでは回避しにくい間違いが起こっていた。シブリー・アールキスト鳥類分類 フレッシュアイペディアより)

  • カイツブリ科

    カイツブリ科から見たペンギン目ペンギン

    Sibley分類ではコウノトリ目コウノトリ亜目コウノトリ下目カイツブリ小目 の唯一の科だった。コウノトリ下目は現在の分類で言えば水鳥クレード(アビ目・ペンギン目・ミズナギドリ目・コウノトリ目・ペリカン目)・カイツブリ目・フラミンゴ目・ネッタイチョウ目からなっており、カイツブリ目とフラミンゴ目に多少の近縁性を認めた初期の研究と言えるが、Sibleyらはカイツブリ科と残りのコウノトリ下目全体とが姉妹群だと考えていた。また、水鳥クレード・カイツブリ目+フラミンゴ目・ネッタイチョウ目の3者間は実際には特に近縁ではない。カイツブリ科 フレッシュアイペディアより)

  • 愛玩鳥

    愛玩鳥から見たペンギンペンギン

    かつて遠洋漁業が盛んだった頃、遠洋漁業船が海外の港に寄港して、船内に迷い込んできたペンギンを連れ帰り、母国に帰すことも無理なのでそのまま家庭で飼育してしまう例があった。またアメリカではハチドリを飼うこともあるようである。愛玩鳥は一般的に言って、体が小さいものほど気温やエサの管理が面倒で飼育困難となるため、その飼育難易度はおそらく最高レベルであろう。愛玩鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 巣穴

    巣穴から見たペンギンペンギン

    鳥類の巣穴は軟らかい土壌に作られることが多い。ある種のペンギンや他のの海鳥でこういった巣穴がよく見られる。マゼランペンギンはこのような巣穴をつくる鳥の一例であり、チリからアルゼンチンにかけてのパタゴニア地域で海岸沿いに巣穴を作る 。他の掘穴性鳥類としてはツノドリ類、カワセミ類、ハチクイ類がいる。巣穴 フレッシュアイペディアより)

  • アンスロポルニス

    アンスロポルニスから見たペンギンペンギン

    アンスロポルニス()は、4800?3500万年前の始新世に生息していた絶滅ペンギンである。アンスロポルニス フレッシュアイペディアより)

  • ケルゲレン諸島

    ケルゲレン諸島から見たペンギンペンギン

    島のアザラシは毛皮のために 18世紀ごろ、クジラなどの海獣類は 20世紀初頭までに捕獲し尽くされたが、保護の結果、動物の生息数は近年増加傾向にあり、海岸には新たに海鳥類(アホウドリ、ペンギン、ミズナギドリなど)ばかりでなく、アザラシやアシカ類の繁殖地が発生している。ケルゲレン諸島は領海も含めて自然保護区となっている。占有経済水域は、法定漁業海域となっている。ケルゲレン諸島 フレッシュアイペディアより)

453件中 51 - 60件表示

「ペンギン」のニューストピックワード