453件中 61 - 70件表示
  • ミズナギドリ目

    ミズナギドリ目から見たペンギン科ペンギン

    シブリー・アールキスト鳥類分類 はミズナギドリ目を廃し、現在の 全体を拡大したコウノトリ目に含めた。現在のミズナギドリ目はミズナギドリ科1科とされ、グンカンドリ科(現在はカツオドリ目)・ペンギン科・アビ科と共にミズナギドリ上科に分類された。彼らのミズナギドリ科(現在のミズナギドリ目)はアホウドリ亜科 (アホウドリ科)・ミズナギドリ亜科 (ミズナギドリ科+モグリウミツバメ科)・ウミツバメ亜科 (ウミツバメ科)の3亜科に分けられた。ミズナギドリ目 フレッシュアイペディアより)

  • ミズナギドリ目

    ミズナギドリ目から見たペンギン目ペンギン

    ミズナギドリ目は、別の形で高度に適応した海鳥であるペンギン目と姉妹群である。これらは、海鳥や一部の渉禽類からなる系統である に含まれる。ミズナギドリ目 フレッシュアイペディアより)

  • カルステン・ボルクグレヴィンク

    カルステン・ボルクグレヴィンクから見たペンギンペンギン

    ボルクグレヴィンクは資金を確保できたので、捕鯨船ポーラックスを購入し、SSサザンクロスと改名し、南極のための艤装を行わせた。サザンクロスは1898年8月22日にロンドンを出港し、タスマニアのホバートで3週間停泊した後、1899年2月17日にケープ・アデアに到着した。ボルクグレヴィンクが地理学会議で説明したこの場所、ペンギンの生息地の真ん中で、遠征隊は南極大陸で初の陸の基地を設立した。基地はボルクグレヴィンクの母の旧姓から「キャンプ・リドリー」と命名された。3月2日、船はニュージーランドで冬をすごすためにそこに向けて出港し、岸には10人の隊とその食料と装置、および70匹の犬が残った。この犬は南極大陸に初めて連れて来られたものであり、またスウェーデンで6年前に発明されたプリムス・ストーブの利用でも初めてのことだった。犬とプリムス・ストーブは南極探検の英雄時代に続いた遠征全てで必需品となった。カルステン・ボルクグレヴィンク フレッシュアイペディアより)

  • 桐野霞

    桐野霞から見たペンギンペンギン

    ペンギンが好きらしく、作品の中にも度々登場する。桐野霞 フレッシュアイペディアより)

  • Iris 〜イリス〜

    Iris 〜イリス〜から見たペンギンペンギン

    主人公のクラスメート。主人公の幼馴染であったが、中学入学時の主人公の引越しにより疎遠になる。おっとり大人しいタイプだが意外にも意地っ張り。ペンギングッズを集めている。Iris 〜イリス〜 フレッシュアイペディアより)

  • たちゅまる劇場

    たちゅまる劇場から見たペンギンペンギン

    ガッチャペン(科学忍者隊ガッチャマン+ペンギンたちゅまる劇場 フレッシュアイペディアより)

  • サザンクロス遠征

    サザンクロス遠征から見たペンギンペンギン

    カルステン・ボルクグレヴィンクはノルウェー人の父とイギリス人の母の間に1864年にオスロで生まれ、1888年にオーストラリアに移民し、内陸の測量チームで仕事をしていたが、その後ニューサウスウェールズ州で地方の学校教師の指名を受けていた。1894年、捕鯨船アンタークティックでヘンリク・ブルが率いる商業遠征に加わり、南極海を通って、ロス海の西入り口であるケープアデアに到達した。ブルとボルクグレヴィンクを含む探検隊が短期間上陸し、南極大陸に足を踏み入れた最初の者となった。ただし、アザラシ狩猟者のジョン・デイビスが1821年に南極半島に上陸したと考えられている。ブル達はロス海のポゼッション島も訪れ、ブリキ缶にその旅の証拠となるメッセージを残した。ボルクグレヴィンクはケープアデアの場所について、その大きなペンギンの繁殖地が新鮮な食料と脂肪の供給源であり、将来の遠征で越冬し、さらに南極の内陸を探検する基地として機能することを確信した。サザンクロス遠征 フレッシュアイペディアより)

  • エルストン・トレヴァー

    エルストン・トレヴァーから見たペンギンペンギン

    他には『迎撃―メッサーシュミットを叩け! 』1955年、『大暴風』1956年、『The Billboard Madonna』(1961年)、コアラのウンパス(Wumpus)、ペンギンのフリップ・フラップ(Flip Flap)が登場する児童書(『Wumpus』1945年、『More about Wumpus』1947年)などがある。エルストン・トレヴァー フレッシュアイペディアより)

  • みつみ美里

    みつみ美里から見たペンギンペンギン

    鳥類、特に大のペンギン好きで、サークルのトレードマークはペンギン。自宅に、ぽー、ここっち、るー、という名のインコを飼っており、飼育の様子を描いたほのぼの4コマ漫画同人誌を発行するほど可愛がっている。みつみ美里 フレッシュアイペディアより)

  • 金田邦夫

    金田邦夫から見たペンギンペンギン

    1948年、物価統制令により錫製チューブの充填原料は薬用品以外には使用が禁じられたため、歯磨きに殺菌剤を配合して『薬用歯磨』とし、星光社を介して塩野義製薬と販売提携を行い、製造元を金田金属工業、販売元を塩野義製薬とした。粉末歯磨剤が主流の時代、戦後初めての練歯磨きだったこと、また品質の良さも手伝い、キャラクターにペンギンを登場させた製品は人気を集めた。金田邦夫 フレッシュアイペディアより)

453件中 61 - 70件表示