453件中 81 - 90件表示
  • ハクジラ亜目

    ハクジラ亜目から見たペンギンペンギン

    食性は主に魚類を捕食するが、アカボウクジラ科やマイルカ科のクジラやイルカのように、深海凄のイカ類に依存するものも多く、トックリクジラやマッコウクジラ、ハナゴンドウのようにほぼイカ類を捕食する種類もいる。また、シャチはイルカや自分より大型のクジラ、アザラシ、ペンギン、サメなどを襲う事もある。ハクジラ亜目 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンチョッパー

    アメリカンチョッパーから見たペンギンペンギン

    ペンギンバイク(建築物の外断熱システムや断熱材などを手がけるドライビット社のためのチョッパー。同社のマスコットキャラクターであるコウテイペンギンを主モチーフにしている)アメリカンチョッパー フレッシュアイペディアより)

  • 動物の同性愛

    動物の同性愛から見たペンギンペンギン

    同性間の性行動が刑務所内の性行動で見られる優劣関係に類似したオスの社会機構および社会的優位に起源があると考えている研究者もいるが、Joan Roughgarden、Bruce Bagemihl、Paul Vaseyのように、性の社会的機能は個体の優位とは必ずしも関係がなく、群れの中での連携および社会的結びつきを強化するのに役立っていると考える研究者もいる。さらに、機会があるにもかかわらずメスとつがいになるのを拒否し、電気的ショックで分かれさせようとしてもオスと生涯をともにするゲイのペンギンがいることを指摘して、社会機構理論に疑問を投げかける研究者もいる。このような同性のつがいに関する報告はまだ裏付けに乏しいものにすぎないが、ヒツジのように単婚ではない種において恒常的なつがいの関係をもった恒常的な同性愛を確認する科学的研究が増加しているのも事実である。動物の同性愛 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアントペンギン

    ジャイアントペンギンから見たペンギンペンギン

    ジャイアントペンギンは、化石ペンギンの一種の通称。学名Pachydyptes ponderosus。属名は「ずんぐりした潜水者」、種小名は「重たい」を意味する。ジャイアントペンギン フレッシュアイペディアより)

  • マカロニペンギン

    マカロニペンギンから見たペンギンペンギン

    マカロニペンギン(学名:Eudyptes chrysolophus)は、ペンギンの一種。マカロニペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン☆ブラザーズ

    ペンギン☆ブラザーズから見たペンギンペンギン

    タイトルにペンギンを銘打たれているが、実際本編でペンギンが登場したのは第1回目冒頭の回想シーンのイラストのみである。但し当作品連載中にりぼんの付録等で使用された各種イラストで時折ペンギンが登場している。これらのイラストは単行本欄外に再掲されているものがある。ペンギン☆ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • セントラル・パーク動物園

    セントラル・パーク動物園から見たペンギンペンギン

    格子垣やガラス屋根のパーゴラが三つの主要展示区域(熱帯、温帯、極地)を結び、獣舎は蔓に覆われ、落ち着いた御影石のレンガ造りである。獣舎は多雨林館、ハキリアリ舎、こどもペンギン館、ホッキョクグマプールがあり、タマリン、、、レッサーパンダといった絶滅危惧種の繁殖計画にも参加している。他にも多雨林館ではオオコウモリ、鳥類は大型の鳥網で飼育されている。2009年6月にはユキヒョウの展示を開始した。によるこども動物園の門は改装前から残る数少ない建築物である。セントラル・パーク動物園 フレッシュアイペディアより)

  • スタラグ・ルフト III

    スタラグ・ルフト IIIから見たペンギンペンギン

    捕虜は3本のトンネル分の土砂を捨てる必要があった。土砂を捨てるためにとられた通常の方法は、そっと地面に撒き散らすだけであった。古い靴下で作られた小さな袋が捕虜のズボンの内側に取り付けられていた。捕虜は歩きながら土砂を地面に撒き散らし、時には収容所内で栽培を許可された小さな菜園に捨てた。2人の捕虜が普通に会話をしながら一人が地表を掘り返し、もう一人が土砂を捨てた。捕虜は土砂入りの靴下でできる膨らみを隠すために外套を着ており、その様子が動物を思い起こさせるためペンギンと呼ばれた。25,000回に上ると思われる土砂捨て散歩のために200名以上の捕虜が募集された。スタラグ・ルフト III フレッシュアイペディアより)

  • 風船飛ばし

    風船飛ばしから見たペンギンペンギン

    また生物・環境保護団体やその関連団体も、ウミガメ、クジラ、イルカなどの海棲生物や野鳥や海鳥、ペンギンなどの野生生物への誤飲やヒナに親鳥が与える影響、景観美化などの影響から、特にゴム風船による大量の風船飛ばしの行為に反対を唱えており、2009年にはカナダ・トロント大などの研究グループの調査で、死体で見つかった多くのオサガメの4割で人工のゴミが見つかり、またゴム風船なども多く出てきている調査報告がある。風船飛ばし フレッシュアイペディアより)

  • サンスター技研

    サンスター技研から見たペンギンペンギン

    サンスターと同じく商標としてペンギンを使用しており、かつては金属部品の刻印にも使用していたが、現在はシーリング剤のブランドとグループ内組織の名称に使用している。サンスター技研 フレッシュアイペディアより)

453件中 81 - 90件表示