122件中 91 - 100件表示
  • ペンギン

    ペンギンから見たコウノトリ目 (Sibley)

    シブリー・アールキスト鳥類分類 はペンギン目を廃し、現在の 全体を拡大したコウノトリ目に含めた。ペンギン科はグンカンドリ科・アビ科・ミズナギドリ科(現在のミズナギドリ目)と共にミズナギドリ上科に含めた。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た日本

    ペンギンは各地の動物園・水族館で見ることができる。特に日本は、かつて捕鯨船団が各種ペンギンを捕獲して連れ帰り、元来より漁業が盛んであるため餌となる魚類が容易に手に入るので飼育し易く、その後繁殖技術が進んだこともあり、現在世界で飼われているペンギンの1/4が日本にいると言われる程になっている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たスペイン

    ラテン語の (肥満)によるという仮説。15世紀後半以降、大西洋を横断したスペインのタラ漁師が、北西大西洋のニューファンドランド島周辺に生息する飛べない潜水性の海鳥であるオオウミガラスをスペイン語で (太っちょ)と呼んだ。16世紀にこの語が英語に入って となったとする。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たケープペンギン

    南極・亜南極のペンギンの飼育には低温にする設備が必要だが、フンボルトペンギン・マゼランペンギン・ケープペンギンなどの温帯ペンギンは、氷雪を好まず屋外飼育が可能であり、イギリスのエジンバラ動物園、日本でも掛川花鳥園などで冬季はストーブにあたる風景が見られる。日本では1989年に設立された葛西臨海水族園のペンギンの飼育施設がフンボルトペンギンの生息地の岩山を再現したものであり、以後の温帯ペンギンの飼育施設はそれを踏襲しているが、それまでは戦前の阪神パークで確立された南極の氷山をモチーフにした白塗りのコンクリートの小山をバックとすることが多かった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たガチョウ

    今では使われることは稀だが、「人鳥(じんちょう)」「企鵝(きが、企は爪先立つの意、鵝はガチョウ)」という和名もある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たマゼランペンギン

    南極・亜南極のペンギンの飼育には低温にする設備が必要だが、フンボルトペンギン・マゼランペンギン・ケープペンギンなどの温帯ペンギンは、氷雪を好まず屋外飼育が可能であり、イギリスのエジンバラ動物園、日本でも掛川花鳥園などで冬季はストーブにあたる風景が見られる。日本では1989年に設立された葛西臨海水族園のペンギンの飼育施設がフンボルトペンギンの生息地の岩山を再現したものであり、以後の温帯ペンギンの飼育施設はそれを踏襲しているが、それまでは戦前の阪神パークで確立された南極の氷山をモチーフにした白塗りのコンクリートの小山をバックとすることが多かった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た砂浜

    陸上ではフリッパーをばたつかせながら歩く姿がよく知られているが、氷上や砂浜などでは腹ばいになって滑る。これをトボガンという。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たペリカン科

    はペンギン目を、ミズナギドリ目・ウミスズメ目(ペリカン科・ウミスズメ科・アビ科)と共に 上目に分類した。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たニュージーランド

    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。他の種類は南アメリカ・アフリカ南部・オーストラリア・ニュージーランド、あるいは南極周辺の島などに繁殖地がある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たヒョウアザラシ

    一方、天敵はシャチ・ヒョウアザラシ・サメなどである。ペンギン フレッシュアイペディアより)

122件中 91 - 100件表示

「ペンギン」のニューストピックワード