118件中 101 - 110件表示
  • ペンギン

    ペンギンから見た

    多くの鳥類は陸上では、胴体を前後に倒し首を起こす姿勢をとるが、ペンギン類は胴体を垂直に立てる。鳥類の多くが飛翔に使うは特殊化し、ひれ状の「フリッパー」と化していて飛翔能力を失い水中の遊泳にのみ使われる。首が短く、他の鳥類とは一線を画す独特の体型をしている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たマユダチペンギン

    Eudyptes sclateri マユダチペンギン Erect-crested penguinペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たオキアミ

    さらに近年の生息域の温暖化により、餌のオキアミの繁殖域となる海上の氷の激減、洪水による巣の浸水などで、生息数が減っている種もある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た蘭学者

    南半球(特に温帯・寒帯)に住む動物であるペンギンについて、北半球のヨーロッパや東アジアでは近世以前には知られていなかった。日本の場合、幕末期に蘭書で知られたが、蘭学者の一部しか知り得なかった。そのため、ペンギンについて、ニワトリ・ハトのような家禽や、ツバメ・カラス・スズメなど身近な野鳥、あるいはハクチョウのような気高い野鳥のような俗信などはなく、紋章などにも用いられなかった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たタキシード

    ペンギン型キャラクターは、古くは、背が黒色、腹が白色であることから、タキシードまたは燕尾服を着用した紳士になぞらえられることが多かった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たセンチメートル

    現生最大種はコウテイペンギンで、体長100-130 cmに達する。ただし、絶滅種のジャイアントペンギン () や、ノルデンショルトジャイアントペンギン () はコウテイペンギンよりも更に大型である。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たコンピュータグラフィックス

    2008年、イギリスの放送局であるBBCはエイプリルフールの話題にペンギンを用いた映像を制作発表。その映像で愛らしいペンギンが空を飛ぶ様子をCGなどIT技術を援用して巧みに創り出した。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たスペイン

    ラテン語の (肥満)によるという仮説。15世紀後半以降、大西洋を横断したスペインのタラ漁師が、北西大西洋のニューファンドランド島周辺に生息する飛べない潜水性の海鳥であるオオウミガラスをスペイン語で (太っちょ)と呼んだ。16世紀にこの語が英語に入って となったとする。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たガチョウ

    今では使われることは稀だが、「人鳥(じんちょう)」「企鵝(きが、企は爪先立つの意、鵝はガチョウ)」という和名もある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たニュージーランド

    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。他の種類は南アメリカ・アフリカ南部・オーストラリア・ニュージーランド、あるいは南極周辺の島などに繁殖地がある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

118件中 101 - 110件表示

「ペンギン」のニューストピックワード