122件中 11 - 20件表示
  • ペンギン

    ペンギンから見た動物園

    ペンギンは各地の動物園・水族館で見ることができる。特に日本は、かつて捕鯨船団が各種ペンギンを捕獲して連れ帰り、元来より漁業が盛んであるため餌となる魚類が容易に手に入るので飼育し易く、その後繁殖技術が進んだこともあり、現在世界で飼われているペンギンの1/4が日本にいると言われる程になっている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たシャチ

    一方、天敵はシャチ・ヒョウアザラシ・サメなどである。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た漁業

    ペンギンは各地の動物園・水族館で見ることができる。特に日本は、かつて捕鯨船団が各種ペンギンを捕獲して連れ帰り、元来より漁業が盛んであるため餌となる魚類が容易に手に入るので飼育し易く、その後繁殖技術が進んだこともあり、現在世界で飼われているペンギンの1/4が日本にいると言われる程になっている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たストーブ

    南極・亜南極のペンギンの飼育には低温にする設備が必要だが、フンボルトペンギン・マゼランペンギン・ケープペンギンなどの温帯ペンギンは、氷雪を好まず屋外飼育が可能であり、イギリスのエジンバラ動物園、日本でも掛川花鳥園などで冬季はストーブにあたる風景が見られる。日本では1989年に設立された葛西臨海水族園のペンギンの飼育施設がフンボルトペンギンの生息地の岩山を再現したものであり、以後の温帯ペンギンの飼育施設はそれを踏襲しているが、それまでは戦前の阪神パークで確立された南極の氷山をモチーフにした白塗りのコンクリートの小山をバックとすることが多かった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たサメ

    一方、天敵はシャチ・ヒョウアザラシ・サメなどである。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たハクチョウ

    南半球(特に温帯・寒帯)に住む動物であるペンギンについて、北半球のヨーロッパや東アジアでは近世以前には知られていなかった。日本の場合、幕末期に蘭書で知られたが、蘭学者の一部しか知り得なかった。そのため、ペンギンについて、ニワトリ・ハトのような家禽や、ツバメ・カラス・スズメなど身近な野鳥、あるいはハクチョウのような気高い野鳥のような俗信などはなく、紋章などにも用いられなかった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たイルカ

    海中では翼を羽ばたかせて泳ぐ。ペンギン類で最も速いジェンツーペンギンの水中速度は最大36 km/hに達する。イルカのように海面でジャンプすることもあり、水中から陸上に戻るときにはいったん深く潜り、勢いを付けて飛びあがる。独特の体型は泳ぐことに特化しており、海中を自在に泳ぎ回る様はしばしば「水中を飛ぶ」と形容される。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たニホンカモシカ

    日中国交正常化に際しジャイアントパンダが中国より送られてきた返礼として、ニホンカモシカとともにケープペンギンが日本から中国に送られた。これは前述のように、日本では当時既にペンギンの飼育体系が確立していたが、当時の中国は飼育事例がなかったためである。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た幕末

    南半球(特に温帯・寒帯)に住む動物であるペンギンについて、北半球のヨーロッパや東アジアでは近世以前には知られていなかった。日本の場合、幕末期に蘭書で知られたが、蘭学者の一部しか知り得なかった。そのため、ペンギンについて、ニワトリ・ハトのような家禽や、ツバメ・カラス・スズメなど身近な野鳥、あるいはハクチョウのような気高い野鳥のような俗信などはなく、紋章などにも用いられなかった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た

    ゴミの投棄やの事故による石油流出など、様々な海洋汚染がペンギンの脅威となっている。特に喜望峰周辺海域やパタゴニアなど、重要な航路に面した海域や油田地帯に接した海域にこの傾向が強い。ペンギン フレッシュアイペディアより)

122件中 11 - 20件表示

「ペンギン」のニューストピックワード