118件中 31 - 40件表示
  • ペンギン

    ペンギンから見たコビトペンギン

    現生ペンギンの最小種はコビトペンギンで体長は約40cmである。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た大西洋

    ラテン語の (肥満)によるという仮説。15世紀後半以降、大西洋を横断したスペインのタラ漁師が、北西大西洋のニューファンドランド島周辺に生息する飛べない潜水性の海鳥であるオオウミガラスをスペイン語で (太っちょ)と呼んだ。16世紀にこの語が英語に入って となったとする。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た絶滅

    現生最大種はコウテイペンギンで、体長100-130 cmに達する。ただし、絶滅種のジャイアントペンギン () や、ノルデンショルトジャイアントペンギン () はコウテイペンギンよりも更に大型である。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たジャイアントペンギン

    現生最大種はコウテイペンギンで、体長100-130 cmに達する。ただし、絶滅種のジャイアントペンギン () や、ノルデンショルトジャイアントペンギン () はコウテイペンギンよりも更に大型である。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たヒゲペンギン

    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。他の種類は南アメリカ・アフリカ南部・オーストラリア・ニュージーランド、あるいは南極周辺の島などに繁殖地がある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たケープペンギン

    Spheniscus demersus ケープペンギン African penguinペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たマカロニペンギン

    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。他の種類は南アメリカ・アフリカ南部・オーストラリア・ニュージーランド、あるいは南極周辺の島などに繁殖地がある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た南半球

    主に南半球に生息する海鳥であり、飛ぶことができない。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たフンボルトペンギン

    Spheniscus humboldti フンボルトペンギン Humboldt penguinペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たガラパゴスペンギン

    最も低緯度にすむのは赤道直下のガラパゴス諸島に分布するガラパゴスペンギンであり、その生息域は赤道を挟みわずかに北半球にはみ出ている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

118件中 31 - 40件表示

「ペンギン」のニューストピックワード