118件中 61 - 70件表示
  • ペンギン

    ペンギンから見た

    過去、脂肪から摂れる油や、を採取するためにペンギンを捕獲していた時代があった。20世紀には捕獲も限られたものとなり、現在では資源目的の捕獲対象とはなっていない。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た掛川花鳥園

    南極・亜南極のペンギンの飼育には低温にする設備が必要だが、フンボルトペンギン・マゼランペンギン・ケープペンギンなどの温帯ペンギンは、氷雪を好まず屋外飼育が可能であり、イギリスのエジンバラ動物園、日本でも掛川花鳥園などで冬季はストーブにあたる風景が見られる。日本では1989年に設立された葛西臨海水族園のペンギンの飼育施設がフンボルトペンギンの生息地の岩山を再現したものであり、以後の温帯ペンギンの飼育施設はそれを踏襲しているが、それまでは戦前の阪神パークで確立された南極の氷山をモチーフにした白塗りのコンクリートの小山をバックとすることが多かった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た水族館

    ペンギンは各地の動物園・水族館で見ることができる。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たガラパゴス諸島

    最も低緯度にすむのは赤道直下のガラパゴス諸島に分布するガラパゴスペンギンであり、その生息域は赤道を挟みわずかに北半球にはみ出ている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たパタゴニア

    ゴミの投棄や船の事故による石油流出など、様々な海洋汚染がペンギンの脅威となっている。特に喜望峰周辺海域やパタゴニアなど、重要な航路に面した海域や油田地帯に接した海域にこの傾向が強い。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た南極半島

    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。他の種類は南アメリカ・アフリカ南部・オーストラリア・ニュージーランド、あるいは南極周辺の島などに繁殖地がある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た頭部

    ペンギンは、現在では6属19種だが、化石から、かつてはもっと多くの種類が存在したことがわかっている。属や種を特徴付けるのは頭部周辺で、それぞれ特徴的な形態をしている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たキマユペンギン

    Eudyptes pachyrhynchus キマユペンギン Fiordland penguinペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た亜種

    従来は1種とされてきたイワトビペンギン の3亜種は、遺伝子の比較により別種とする主張がある。キタイワトビペンギン Eudyptes moseleyiのみを分化し、ヒガシイワトビペンギンをミナミイワトビペンギン Eudyptes chrysocomeの亜種とする主張もある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た大航海時代

    ペンギンの西洋世界での認知は、温帯産ペンギンについては大航海時代に始まる。亜南極産は18世紀以降、南極産は19世紀以降のようである。日本では江戸時代後期に蘭書で知られたが、その認知は一部の蘭学者にとどまった。一般への認知は明治後期の日本人の南極探検にはじまる。ペンギン フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「ペンギン」のニューストピックワード