122件中 61 - 70件表示
  • ペンギン

    ペンギンから見たオキアミ

    さらに近年地球温暖化により、餌のオキアミの繁殖域となる海上の氷の激減、洪水による巣の浸水などで、生息数が減っている種もある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たヒゲペンギン

    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。他の種類は南アメリカ・アフリカ南部・オーストラリア・ニュージーランド、あるいは南極周辺の島などに繁殖地がある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たガラパゴス諸島

    最も低緯度にすむのは赤道直下のガラパゴス諸島に分布するガラパゴスペンギンであり、その生息域は赤道を挟みわずかに北半球にはみ出ている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た同性愛

    2006年にアメリカで同性愛ペンギンの絵本 '''' が出版され、波紋を呼んだ。アメリカのニューヨーク市セントラルパーク動物園に実在した、オス同士のペンギンのカップルを題材にしている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たパタゴニア

    ゴミの投棄や船の事故による石油流出など、様々な海洋汚染がペンギンの脅威となっている。特に喜望峰周辺海域やパタゴニアなど、重要な航路に面した海域や油田地帯に接した海域にこの傾向が強い。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たニワトリ

    南半球(特に温帯・寒帯)に住む動物であるペンギンについて、北半球のヨーロッパや東アジアでは近世以前には知られていなかった。日本の場合、幕末期に蘭書で知られたが、蘭学者の一部しか知り得なかった。そのため、ペンギンについて、ニワトリ・ハトのような家禽や、ツバメ・カラス・スズメなど身近な野鳥、あるいはハクチョウのような気高い野鳥のような俗信などはなく、紋章などにも用いられなかった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たアンスロポルニス

    アンスロポルニス亜科 - アンスロポルニス , デルフィノルニス , ジャイアントペンギンペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た南極海

    これらの中低緯度の繁殖地はいずれも、南極海周辺から寒流の流れて来る海域に面している。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たタラ

    ラテン語の (肥満)によるという仮説。15世紀後半以降、大西洋を横断したスペインのタラ漁師が、北西大西洋のニューファンドランド島周辺に生息する飛べない潜水性の海鳥であるオオウミガラスをスペイン語で (太っちょ)と呼んだ。16世紀にこの語が英語に入って となったとする。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た南極半島

    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。他の種類は南アメリカ・アフリカ南部・オーストラリア・ニュージーランド、あるいは南極周辺の島などに繁殖地がある。ペンギン フレッシュアイペディアより)

122件中 61 - 70件表示

「ペンギン」のニューストピックワード