122件中 71 - 80件表示
  • ペンギン

    ペンギンから見た頭部

    ペンギンは、現在では6属19種だが、化石から、かつてはもっと多くの種類が存在したことがわかっている。属や種を特徴付けるのは頭部周辺で、それぞれ特徴的な形態をしている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た

    過去、脂肪から摂れるや、肉を採取するためにペンギンを捕獲していた時代があった。20世紀には捕獲も限られたものとなり、現在では資源目的の捕獲対象とはなっていない。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た蘭学者

    南半球(特に温帯・寒帯)に住む動物であるペンギンについて、北半球のヨーロッパや東アジアでは近世以前には知られていなかった。日本の場合、幕末期に蘭書で知られたが、蘭学者の一部しか知り得なかった。そのため、ペンギンについて、ニワトリ・ハトのような家禽や、ツバメ・カラス・スズメなど身近な野鳥、あるいはハクチョウのような気高い野鳥のような俗信などはなく、紋章などにも用いられなかった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た日中国交正常化

    日中国交正常化に際しジャイアントパンダが中国より送られてきた返礼として、ニホンカモシカとともにケープペンギンが日本から中国に送られた。これは前述のように、日本では当時既にペンギンの飼育体系が確立していたが、当時の中国は飼育事例がなかったためである。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たキマユペンギン

    , , キマユペンギン(フィヨルドランドペンギン)ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たキロメートル毎時

    海中では翼を羽ばたかせて泳ぐ。ペンギン類で最も速いジェンツーペンギンの水中速度は最大36 km/hに達する。イルカのように海面でジャンプすることもあり、水中から陸上に戻るときにはいったん深く潜り、勢いを付けて飛びあがる。独特の体型は泳ぐことに特化しており、海中を自在に泳ぎ回る様はしばしば「水中を飛ぶ」と形容される。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たタキシード

    ペンギン型キャラクターは、古くは、背が黒色、腹が白色であることから、タキシードまたは燕尾服を着用した紳士になぞらえられることが多かった。特に日本では、時代の経緯とともに愛らしさが強調され、後には様々なキャラクターの発露がみられるようになった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た亜種

    従来は1種とされてきたイワトビペンギン の3亜種は、遺伝子の比較により別種と判明した。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た姉妹群

    ペンギン目は海鳥・渉禽類(の一部)からなるクレード の一員である。姉妹群は外洋性の海鳥のミズナギドリ目である。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た肥満

    ラテン語の (肥満)によるという仮説。15世紀後半以降、大西洋を横断したスペインのタラ漁師が、北西大西洋のニューファンドランド島周辺に生息する飛べない潜水性の海鳥であるオオウミガラスをスペイン語で (太っちょ)と呼んだ。16世紀にこの語が英語に入って となったとする。ペンギン フレッシュアイペディアより)

122件中 71 - 80件表示

「ペンギン」のニューストピックワード