122件中 81 - 90件表示
  • ペンギン

    ペンギンから見た大航海時代

    ペンギンの西洋世界での認知は、温帯産ペンギンについては大航海時代に始まる。亜南極産は18世紀以降、南極産は19世紀以降のようである。日本では江戸時代後期に蘭書で知られたが、その認知は一部の蘭学者にとどまった。一般への認知は明治後期の日本人の南極探検にはじまる。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たセンチメートル

    現生最大種はコウテイペンギン () で、体長100?130 cmに達する。ただし、絶滅種のジャイアントペンギン () や、ノルデンショルトジャイアントペンギン () はコウテイペンギンよりも更に大型である。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た種 (分類学)

    ペンギンは、現在では6属19だが、化石から、かつてはもっと多くの種類が存在したことがわかっている。属や種を特徴付けるのは頭部周辺で、それぞれ特徴的な形態をしている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たハト

    南半球(特に温帯・寒帯)に住む動物であるペンギンについて、北半球のヨーロッパや東アジアでは近世以前には知られていなかった。日本の場合、幕末期に蘭書で知られたが、蘭学者の一部しか知り得なかった。そのため、ペンギンについて、ニワトリ・ハトのような家禽や、ツバメ・カラス・スズメなど身近な野鳥、あるいはハクチョウのような気高い野鳥のような俗信などはなく、紋章などにも用いられなかった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たコンピュータグラフィックス

    2008年、イギリスの放送局であるBBCはエイプリルフールの話題にペンギンを用いた映像を制作発表。その映像で愛らしいペンギンが空を飛ぶ様子をCGなどIT技術を援用して巧みに創り出した。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た紳士

    ペンギン型キャラクターは、古くは、背が黒色、腹が白色であることから、タキシードまたは燕尾服を着用した紳士になぞらえられることが多かった。特に日本では、時代の経緯とともに愛らしさが強調され、後には様々なキャラクターの発露がみられるようになった。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たフランス語

    陸上で繁殖する。卵は1個〜3個を産み、オスとメスで抱卵をする。またコウテイペンギンのように、ある程度成長したヒナ同士で集まり「クレイシュ」(。フランス語で託児所の意。クレイシとも)を形成するものがある。また、羽毛が抜け替わる換羽期には海に入らず、絶食状態で陸上にとどまる種もいる。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たイワトビペンギン

    従来は1種とされてきたイワトビペンギン の3亜種は、遺伝子の比較により別種と判明した。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見た爬虫類

    それらに対し、 はペンギンを、他の海鳥から分離し とした。 は、独立したペンギン目 とした。 は、独立したペンギン上目 とした。 は、鳥類を4グループに分けたうちの1つ をペンギンに当て、ペンギンは爬虫類の祖先の段階で他の鳥類とは分かれていたと示唆した。ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • ペンギン

    ペンギンから見たガラパゴスペンギン

    最も低緯度にすむのは赤道直下のガラパゴス諸島に分布するガラパゴスペンギンであり、その生息域は赤道を挟みわずかに北半球にはみ出ている。ペンギン フレッシュアイペディアより)

122件中 81 - 90件表示

「ペンギン」のニューストピックワード