前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
180件中 1 - 10件表示
  • 韓流

    韓流から見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    日本における韓流は、2003年4月 - 9月にNHKBS2の海外ドラマ枠で『冬のソナタ』(通称「冬ソナ」)が放送され人気を博したことにより始まったとされる(『冬のソナタ』は2004年にかけて何度か再放送された)。同ドラマの主演俳優ペ・ヨンジュンの愛称から「ヨン様ブーム」としても知られる。特に初期においては純愛ドラマが多かったこともあり、中高年の女性がブームの牽引役となった。それ以前の韓国ブームとの違いは、ヨン様ブームに特徴付けられるように、韓国で放送されたドラマが日本でもそのまま放送され、韓国人俳優に注目が集まるようになったことである。既に台湾や香港で広まっていた「韓流」という言葉が日本でも用いられるようになった。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • パパ (テレビドラマ)

    パパ (テレビドラマ)から見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    ペ・ヨンジュンとイ・ヨンエが共演している。パパ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • @サプリッ!

    @サプリッ!から見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    通称パペマペ祭。2004年12月20日から25日にかけて、日テレ公式サイト内のページにおいて行なわれた「いい男投票」で、韓国の俳優ペ・ヨンジュンがトップになっているのを「ニュース速報」、「ニュース速報(VIP)」板の2ちゃんねらーが見つけ、パペットマペットを一位にしようと大規模な投票の呼びかけや連続投票を始める。この人選は「覆面を被っている男がいい男ランキング一位になる」というテレビ業界への意趣返しであると見られる。そのうちにペ・ヨンジュン公式サイトのファン掲示板で組織票の呼びかけが行われていた事が明らかになり、同掲示板が荒らされた。それだけでなく、同掲示板登録ユーザーの個人情報が誰にでも見られる場所に置かれているという個人情報管理の杜撰さが2ちゃんねらーに露見し、登録ユーザーの個人情報が流出する騒ぎになった。さらに、ペ・ヨンジュン公式サイトの利用者が避難所として利用していた掲示板の存在が明らかになり、掲示板CGIのセキュリティホールを突いた悪戯によって荒らされた(BGMに麻原ソングなどが流れるなど)。「ブロコリ(Broadband Korea)」を管理する株式会社インタラクティブメディアミックス(日本側のマネジメントオフィス)は、サイトを一時閉鎖、26日に電算機損壊等業務妨害と不正アクセスの被害届をアクセスログと共に提出したが、犯人は特定できなかった。)なお、投票結果は1位ペ・ヨンジュン、2位滝沢秀明、3位パペットマペット、4位堂本光一であった。@サプリッ側から、投票はあくまでHP上の企画であって投票結果の放映は行わないという説明があった。@サプリッ! フレッシュアイペディアより)

  • イ・ジア

    イ・ジアから見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    デビューは、視聴率平均30%以上を獲得したMBCのドラマ『太王四神記』で、ペ・ヨンジュン演ずる大王タムドクの恋人スジニ役。韓国で生まれ、小学生のときに米国へ移住した。美術大学在学時に太王四神記のオーディションを受け、ハ・ジウォンやキム・テヒなどの有名女優を押しのけ、高倍率のオーディションを勝ち抜きスジニ役を得た。イ・ジア フレッシュアイペディアより)

  • 初恋 (1996年のテレビドラマ)

    初恋 (1996年のテレビドラマ)から見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    ペ・ヨンジュンとチェ・ジウが初めて主演として共演し、1997年4月20日放送の最終回は韓国のドラマ史上最高の視聴率65.8% を記録する。初恋 (1996年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 太王四神記

    太王四神記から見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    宿命の星の下に生まれたタムドク(ペ・ヨンジュン)が幾多の苦難を乗り越えて、後に高句麗中興の祖といわれる第19代国王の広開土王となっていく姿を描くファンタジー時代劇である。映画並みの巨額の予算をかけ、コンピュータグラフィックスを多用するなど韓国ドラマとしては異例の作品で、同じMBCの時代劇で高句麗建国の祖を描いた『朱蒙 - チュモン -』に比べはるかにファンタジー色が強く、「歴史ファンタジードラマ」等と称されている。太王四神記 フレッシュアイペディアより)

  • 愛の群像

    愛の群像から見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    全44回。日本ではスカイパーフェクTV!やBS-i などで放送。ペ・ヨンジュン主演。愛の群像 フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・ソナタ

    ヒュンダイ・ソナタから見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    2005年9月に日本でも発売された。日本国内で放映されたテレビCMにはペ・ヨンジュン(かつてダイハツ・ミラアヴィのCMに出演していたことがある)が起用され、彼の代表作「冬のソナタ」のシーンを連想させるような映像やBGMとなっていた。ヒュンダイ・ソナタ フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智浩

    坪井智浩から見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    パパ(チェ・ヒョンジュン(ペ・ヨンジュン))坪井智浩 フレッシュアイペディアより)

  • 四字熟語

    四字熟語から見たペ・ヨンジュンペ・ヨンジュン

    さらに創作四字熟語まで広げれば、「離妻苦留(リサイクル)」のような英語に対する当て字や「撤湾跡夢(てつわんあとむ)」のような駄洒落、「紙面ソ禍(しめんそか)」「長3慕思(ちょうさんぼし)」のように漢字以外を含むもの、「打打打打(いてまえだせん)」「様様様様(よんさま)」のようなジョークなど、珍奇なものも多い。四字熟語 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
180件中 1 - 10件表示

「ペ・ヨンジュン」のニューストピックワード